詩/短歌 短編 連載中

魂を喰う女

作者からの一言コメント

『ふっ』この世のすべてはその一言につきる

読了目安時間:5分

総エピソード数:4話

ただの散文の寄せ集め

前へ

1-4

次へ

前へ

1-4

次へ

作品情報

作品名 魂を喰う女
作者名 川本 薫
ジャンル 詩/短歌
タグ
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年10月12日 11時08分
最終投稿日 2021年10月17日 16時28分
完結日 2021年10月12日 10時47分
文字数 2,479文字
読了目安時間 5分
総エピソード数 4話
ブックマーク登録 3件
コメント 8件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 6,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 拝啓スノードロップ

    それは、二千年前に届いていた手紙だった。

    355,900

    11,200


    2021年10月19日更新

    ――これは、『邪悪なドラゴン』を救う物語。 古の堕ちたドラゴン、アルマス・ヴァルコイネン。 彼と出会い、彼を知り、そして様々な形で彼を愛した人々。紡がれた記録は、アルマスにまつわる謎を暴く。 彼は恐ろしい化け物なのか、愛すべき英雄なのか。 魔法×ドラゴン×現代の幻想群像劇、ここに開幕。 ----- 魔法やドラゴンが存在する、似て非なる地球。 この世界では強い意志を持つ人間はドラゴンに成る。 「愛する人を守るため」。 類まれな愛を神は認め、強大な力を与えるのだ。 気弱な青年・アルマスも、その愛を神に認められた一人だった。彼は命がけでドラゴンに成り、襲撃者であるドラゴンから町を救った。 しかしアルマスの姉、キエロは自身の日記にこう記す。 『アルマスは人を脅かす悪のドラゴンだ』と。 結果、アルマスはいつの世も悪者として扱われた。実姉の書いた日記『スズランの手記』は何千年も御伽噺として語り継がれ、民衆はアルマスを恐れ続ける。 そんな中、彼に助けられた一人の少女が現れた。 邪悪な黒いドラゴンの追放から二千年。長い時を超えて、物語は大きく動き始める。 ※この作品は「カクヨム」「小説家になろう」にも掲載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間57分

    この作品を読む

  • hospitalにて

    ハロウィンイベントにエントリーします。

    0

    0


    2021年10月22日更新

    飴[キャンディ]売りのおいちゃんが、久しぶりに年の離れた入院している妹の見舞いに行くと。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む