異世界ファンタジー 長編 連載中

転生したら目の前で妹が泣いていた。

作者からの一言コメント

この物語を通して伝えたい

ある日、仲が良い2人の兄弟がトラックに轢かれ命を落とした。2人は異世界転生をし、勇者として世界を救う運命を託される。 だがしかし、転生の代償として、きっかけがないと、お互いのことを思いだせないという。2人は2つの大国それぞれに降り立ち冒険を始めるのだが......... ボロくそ言ってくれて構わないのでよければ感想お願いします! 総合日間3位 ジャンル別日間2位、週間5位

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 転生したら目の前で妹が泣いていた。
作者名 鑑。
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス アクション/バトル 最強主人公 女主人公 勇者 西洋風 転生/転移 百合 人外
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年7月10日 21時42分
最終投稿日 2020年8月7日 19時41分
文字数 52,295文字
ブックマーク登録 13件
コメント/スタンプ 36件
応援ポイント 31,000pt
ノベラポイント 2,000pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 太陽なんかいらない。

    ♡300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・6話・21,570字 しろん

    2020年9月30日更新

    太陽がない雪の世界。大地は降り積もる雪で覆われて、海は凍り、季節は無くなった。とてもとても人々が生きていける世界ではないが、代わりの太陽を作り上げた東の神子により熱は失われていない。西には雪風を抑え込む巫女がおり、人々は辛うじて生きていられる。 故に世界の半分は雪がなく、世界の半分は雪原となっている。 最果ての西に居る雪風の巫女様リイヴは、お腹を空かせながらも従者のイースレイと楽しく暮らしている。日に十時間の界律があろうとも、優しいナイトの彼と幸せそうだ。 最果ての東には、太陽の神子様焔が従者の水面と騒々しい毎日を送っている。 ある日世界が、二人の結婚を熱望していく。 穏やかな毎日を過ごしていけたら……。そう思っている四人の元に、不穏の影が忍び寄り……!? これは、世界を背負う子供と、世界を憎む大人の物語。 ※ハーメルンの方にも投稿しています。 https://syosetu.org/novel/229534/

  • 剣と魔法と銃と科学と強いお姉さま

    ♡120,400

    〇20

    異世界ファンタジー・連載中・40話・110,074字 王加王非

    2020年8月15日更新

    長い歴史を魔法と共に歩み、魔導士たちが権力を握るマハ=ヴィクトリア王国。そこでは魔物から抽出される燃料資源【幻油】の発見により、それまで軽視されていた科学の価値が見直され始めていた。蒸気機関が発達し、王国はさらなる発展を遂げる反面、疫病の流行や犯罪の増加、科学者と魔導士の対立など新たな問題も生まれた。 そんな時代で、新しい技術である『電気』の研究を行っていた科学者のリヨンはある時、陰謀によって女王暗殺の容疑をかけられる。リヨンは同じくその場に居合わせた幼き第三王子ヨハルを人質にその場から逃亡。真実を探るため、共に王国内を放浪する旅に出る。 頼れるものは自身の頭脳と、発明品であるガントレット型発電装置【ジェムズワット】。リヨンは濡れ衣を晴らし、真実を掴むため、霧と陰謀に包まれた王国を駆けめぐる。