二次創作 短編 完結済

セントエルモの輝く夜には

作者からの一言コメント

デンドロコンテスト用作品

プライベッターに上げてたものをデンドロコンテスト用に書き下ろしたもの。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 セントエルモの輝く夜には
原作
作者名 リッタータ・オスマン
ジャンル 二次創作
タグ デンドロコンテスト デンドロ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年1月12日 15時03分
最終投稿日 2020年1月12日 15時05分
文字数 10,024文字
ブックマーク登録 8件
コメント/スタンプ 13件
応援ポイント 15,000pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 物語を愛する全ての人達へ

    ♡8,500

    二次創作・連載中・5話・24,293字 織風ざくろ

    2020年9月23日更新

    小説、漫画、アニメ、ゲーム、ドラマ、劇、童話……幾千億の『物語』がひしめく現代。新時代の『物語の神様』を育成するため、神々が集う天界では、物語を召喚して戦わせる『物語召喚―グリモワール―』という技術の開発・発展を進めてきた。 そんな中、神様見習いの少女ステラは天界一の落ちこぼれ。まともな物語を一つも召喚できない上に、ステラ本人は大の努力嫌い。唯一彼女が召喚できるのは、ノベラと名乗る自称『物語の女神』のみ。しかも召喚物であるノベラに養ってもらうほどのダメっぷりも相まって、ステラは最低最弱の冠を欲しいままにしていた。 しかし、神様見習いが真の神様になるための試験は、一年後に迫っている。素行も成績も不良のステラでは、試験に合格するどころか試験資格すら得られない。そんな時に彼女が目を付けたのは、『試験の合格による神様への昇格』ではなく、『スカウトによる神様への昇格』だった。 『物語の神様』を目指して頑張る落ちこぼれと、落ちこぼれに寄り添う物語の女神が織りなす、二次創作召喚魔法ファンタジー。

  • お絵描きしたいと数年ぼやいてましたが!!

    ♡220,545

    二次創作・連載中・86話・68,242字 神村 星

    2020年9月23日更新

    ノベルアップ+のイラストコンクールが開催されていますね。(2020/8/31で終了しました) 当たり前に初心者過ぎて下手っぴ過ぎるので、 応募なんてできないけれど、 絵が描ける人がうらやましい~。 自分が書いた小説にイラスト付けられたいいなーなんて妄想したり、描けないよりそりゃ描けた方がいいよねー!なんて思い続け、 数年間…お絵描きしたいと言ってますが 神村、口だけ。 2020年も後半戦!習うより慣れろ! ってことで、ついにお絵描きを始めたいと思います。 本当に初心者なので道具もありません、 当たり前に上手いわけはないので、閲覧注意! とりあえず、一年間目指して頑張ります~!! ※現在はスマホ+手書きで描いています。 アイビスペイント様使用。 (要するに一円の出費もせず、スタート!) ※表紙は2ヶ月経過。 あと10ヶ月頑張ります!