ミステリー 短編 完結済

転売なんてするわけないでしょ

作者からの一言コメント

「毎月入る注文の謎」に寄稿。

勝手ながら「毎月入る注文の謎」に参加させていただきました。 こんな人なのかなと勝手に想像しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 転売なんてするわけないでしょ
作者名 爪毛
ジャンル ミステリー
タグ 毎月入る注文の謎
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年10月7日 19時04分
最終投稿日 2020年10月7日 19時05分
文字数 1,013文字
ブックマーク登録 1件
コメント 1件
スタンプ 11件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,700pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ある科学者と魔術師の共闘ファンタジー

    ♡6,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・14話・33,575字 奇崎有理

    2020年10月28日更新

    第1章、2020/10/28完結。 バトル系が好きな方は、第2章からでも読めます。たぶん。 ——大震災により半壊した東京の空に現れた浮かぶ城。 天才AI科学者、大学教授にしてまさかの女子高生である百合ヶ丘ラン。 天空城から地上にやってきた、大統領アイル・イクリプス。 そして、真面目だが平凡な大学生、知夜詩シュウ。 「技術」と「魔法」を身につけた3人は、東京に眠る「魔力源」を集める。 「人間が最も憎むべき悪」に立ち向かうために。 そして、「守るべきもの」を守るために。

  • 妖魔師第二部、新たな戦いが始まる。

    ♡8,500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・4話・13,762字 ぷりん頭

    2020年10月27日更新

    梓玉蓮を倒し、春海に、妖魔師たちに平和が訪れていた。 以前より充実した学校生活を送る秋だったが、怪魔界での謎の怪魔が頭から離れることは無く、それが心残りだった。 静まり返る春海の深夜。 白蓮とともに、怪魔の出現がないか春海を歩く秋たちは突然辺りから漏れ出した妖気の原因を探るべく小さな祠の場所に向かった。 他の妖魔師たちも集まったところで、夜空に光り輝く青色、朱色、白色、黒色の珠が現れ、祠から発せられる妖気を吸いあげた。 すると四つの珠の中心に、黄金に輝く珠が出現したかと思えば、四つの珠は四散し、黄金に輝く珠は錆びたように汚れ足元に落ちるのだった。 そして事態は急変していく。 各地に巡るこの世を支える霊脈が、昨晩突如として乱れ、世界は崩壊の危機に陥ったのだ。 霊脈の根源である、【王龍の魂】が何者かによって犯され、光を失ったことで均衡を保てなくなり、霊脈の守り主である四聖獣たちも居場所を失い、その魂が四散してしまったのだ。 一刻を争う事態に妖魔師たちは四聖獣を従えて、何者かによって犯された、王龍の魂の光を取り戻す使命を与えられた。 待ち構えるのは茶髪の少年と緑髪の少女。 そして不気味に笑うもの。 妖魔師たちの新たな戦いの火蓋がきって落とされた。 第二部 四聖獣の魂始まり始まり(10/13)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 捧げられた少女、殺したのは僕。

    ♡125,900

    〇350

    ミステリー・連載中・82話・275,070字 木田沙彩(氷ロ雪)

    2020年10月28日更新

    「さぁ、ゲームを始めようか?」 深い深い森の奥、笛吹男は少女二人を誘拐し、殺し合いを強要した。両者の間に置かれた小さなナイフが鈍く光りを放っている。 後に生贄ゲーム事件と呼ばれた監禁殺害事件、その四件目に被験者の一人として選ばれた少年が居た……。 憎しみは悲劇を呼び、慟哭は連鎖し世界を灼き尽くすのか。 これは一つの事件を根底に描かれる被害者達の足掻きと贖罪の物語である。 血は流れ、想いは運命を斬り拓く。 (本作は幼馴染みと隠しナイフ:原罪の圧縮版という名のリメイク版です。)

  • 山奥の洋館を史学部卒の素人探偵が探索

    ♡500

    〇0

    ミステリー・連載中・5話・15,970字 涼格朱銀

    2020年10月28日更新

    かつて通っていた大学の付近の山奥で発見された古い洋館。その調査を行っていたラザロ教授が忽然と姿を消した。これは事件なのか、それとも洋館の呪いや、棲まう悪魔の仕業なのか!? この恐るべき洋館を調査すべく、かつてラザロゼミに在籍していた3人の教え子達が立ち上がった! 彼らの調査の行方は、そしてそこで見たものとは!? ……という感じの内容だが、わりと地味に淡々と調査している話。