ルキファナス・オンライン-素早さ極振り暗殺者は正義の味方!?

読了目安時間:4分

8話 情報屋

「立ち話もなんだろ、中に入んな。私が情報屋だよ、適当にセン婆とでも呼んでおくれ」  おぉ、確かに老婆の出てきた店がマップに記された店だ。  店の中は色々なアイテムが乱雑に置かれていた。 「でっ、なんのようだい? セバスのお使いだろ」 「お使いというか、個人的なものなんですけど。この二人組を探してるのと、ナイフを一本見繕って欲しいです」  俺は2人の画像を見せる。 「ナイフの方はその辺から適当に持っていきなお代もいらない。さっきのチンピラどもの件では迷惑かけたからねぇ。でも、情報の方は簡単には渡せないねぇ、あんたのことをまだ信用してないからね」 「どうすれば、いいですか?」 「そもそも、あんたがセバスの知り合いか怪しいとこさね。何か証拠がいるね。セバスのお使いならいつもは手紙が持たされてるんだけど、あんたは持ってないだろ」  証拠っていっても俺はセバスさんから何も預かっていない。  名前を出せばなんとかなるといってたんだけどなぁ。 「これで情報は買えないですか?」  手持ちの金貨を見せる。 「悪いがこれは信用の問題なんだよ」  物や金ではダメということか。  信用の証拠ね…… 「これならどうですか?」  俺はシュバルツコインを見せる。 「それはシュバルツコイン!? なぜお主が持っておるのじゃ。それなら信用に十分値するよ。とっととしまいな、あまり見せびらかすもんじゃないよ」  どうやらいけたらしい。 「では情報をお願いします」 「まずはどうして探してるのか聞いてもいいかい?」 「PKされたので仕返しするためです」  俺は本音をぶつける。  セン婆さんは少し、俯き何かを考えているようだ。 「分かったよ、あの2人はPKを控えてレストリア近郊の森、この辺でモンスター狩りをしてるはずだよ」  セン婆さんは壁にかけられたマップを指差す。 「なぜPKを控えてるんですか?」 「別のPK集団が出てきて身を潜めているといったところかね」 「なるほど、ありがとうございます。お代は……」 「それもいらん、その代わりといっちゃあなんだが、2人を殺す時、できるだけ優しく殺してやってくれるかい」  優しく殺すってなんだろ? 殺すに優しいも優しくないもあるのだろうか? 「出来る限り甚振らずにひとおもいに殺してってことさね。あんたにとっちゃ復讐だろうがなんとか頼むよ」  俺が不思議そうにしてるのを察してくれたようだ。 「分かりましたけど、そもそも殺してもいいんですか?」  俺も流石に甚ぶって殺そうとは思わない。  しかし、セン婆さんの反応だと、2人と知り合いのようだし殺してもいいものなのか。 「自業自得さね、調子に乗ってたからお灸を据えようと思ってたとこだよ」  まぁ、死んでもデスペナルティがあるだけだし、そんなものなのか。  殺してもそれほどの罰にならないのはどうかとも思うが…… 「出来るだけひとおもいに殺すことを約束しますよ。まぁ、殺せるかどうか分かんないですけどね。もしかしたら返り討ちに会うかもしれないですし」  いくらセバスさんに鍛えられたとはいっても勝てるかどうか微妙なところだ。 「ありがとう。そういえばナイフを所望してたね」 「これでお願いします」  俺は初心者ナイフを選択した。  あの2人とセン婆さんが知り合いのことからも、このナイフが俺のものだった気がする。 「待ちな、それをお貸し、何かモンスターの素材はないのかい?」  俺は一通りのモンスターの素材を見せる。  一角ウサギの皮や一角ウサギの角、森蛇の尾や紫森蛇の牙などだ。  角は結構な数の一角ウサギを狩っても一本しか手に入らなかったからレアな気がする。 「ゴロウ、どうだい?」 「これと……これを……使っても……いい……か?」  俺とセン婆さんの会話の間も微動だにしなかったクマのような男がゆっくりと動き、ゆっくりと喋った。  武器の素材にするということなんだろう。 「大丈夫ですよ」 「ちょっと……待って……な」  選んだ素材と初心者ナイフを持って奥へ行ってしまった。 「他のアイテムはどうするんだい、あんたには世話になるし相場よりも高く買ってやろうか?」  これらは使い道も無さそうだし、必要になれば狩ればいいだけだからな。  高く買ってくれるなら売ってもいいな。 「お願いします」  うむ、まぁまぁの金額だった気がするな。  といっても数千円エリルだけど。 「あんたはもう少し疑うことをしな、相場より高いっていっても相場を知ってるのかい?」  確かに、相場を知らない。 「ハハハ、そうですね」 「優しくしとくのは今回だけだよ、全く……」  どうやら、今回だけは相場より高く買ってくれたようだ。  あとで確認しておこう。  そんなやりとりをしてるとゴロウさんが奥から戻ってきた。  手には初心者ナイフがあり、大きな手で手渡ししてくる。 「ここぞ……というときに……使うといい」 「ありがとうございました」 「何かあればまたおいで」  情報屋を後にした。  さらに街で金貨を換金して10万エリル。  これを使って今の自分が装備できるギリギリのラインの隠者系シリーズで防具を揃えた。  これで復讐の準備は整った。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • じぃじのめがね

    ほっこりしてもらえたら…

    8,600

    0


    2021年5月15日更新

    絵本の原稿として構想していたものです。 めがねの目線でご主人様との絆を描きました。 1分で読める短編です。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    413,900

    1,280


    2021年4月14日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間4分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 不正破壊者の我侭姫

    それは、もう一つのリアルなのかもしれない

    2,400

    10


    2021年5月15日更新

    西暦2019年、様々なARゲームが稼働している中、『アーケードリバース』と言う名のARゲームを巡り、コンテンツ流通を独占しようと言う勢力とゲーマーが激突する――そんな物語。 そのフィールドで戦う事になる、我侭姫ことデンドロビウムは――チートがはびこるゲーム業界に何を思うのか? そして、SNS炎上、コンテンツ業界……様々な要素が、この世界を変えようとしている。 ※この作品はフィクションです。実在する地名などとは関係ありません。 ※本作で言及されているふるさと納税に関しては、現実に存在する同名の物とは全くの別物になります。 ※小説家になろう、カクヨムでも掲載していますが、細部は若干異なります。 ※本作の二次創作を段階的に許可しております。詳細は、カクヨムかピクシブにて公開中のガイドラインをご覧ください。(リンクはピクシブの物です)https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=12408308

    読了目安時間:8時間52分

    この作品を読む

  • 夕日の空に一粒の光が輝いて。

    思いつきで書いた軽いSFの読み切りです。

    200

    0


    2021年5月15日更新

    いつもと変わらない夕日の空に一粒の光が……。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む