ルキファナス・オンライン-素早さ極振り暗殺者は正義の味方!?

読了目安時間:5分

5話 PK(プレイヤーキラー)

 紫森蛇(ヴィオラ・フォレスネーク)はその大きな口を開いて近づいてくる。  横から地を蹴る音が聞こえた。  目をやると尻尾!?  しまった、紫森蛇が尻尾を使ってこちらの意識を分散するために出した音だった。  前を向けばすぐそこに巨大な口が迫っている。 「ちっ……」  危なかった。レベルが上がって職業補正がなければ回避は間に合わなかった。  さすがは上位種、多少は知恵が回るようだ。  早速試せるのはいいのか、悪いのか…… 「惑わしの歩法」  気持ち距離を離して、紫森蛇を中心に円を描くように歩く。  正直、効果があるのかどうかが分かりづらいが圧力は減った気がする。  俺を捉えきれてないのだろうか。  効果があるなら3分間の内に勝負に出た方がいいな。  速度を上げる。  それとは裏腹に俺は脱力してゆったりと動いてる感覚だ。  しかし、明らかに俺の動きを捉えきれてないのが分かる。  円を狭めていく。  紫森蛇の射程のギリギリをなぞるようにゆっくりと歩く。  脱力した状態で一気に距離を詰めて腹部を軽く斬る。  紫森蛇が反撃してくる頃には俺は元の円に戻っている。  いきなり首元などは狙わない。  弱点は相手も意識して守りが堅くなっている。  反撃されるリスクも高い。  相手の意識が最も向いてないところを狙う。  そして深くは斬らない、斬るというよりも削る。  ダメージは少ないだろう。  効いてる様子も一切見えない。  再び近づいて斬る。  これを何度も何度も繰り返し削っていく。  最初は紫森蛇も気にしていなかったようだが徐々に焦りが見え始めてくる。  攻撃は雑になり、弱点であろう首元の意識は薄くなり、今は削られ続けている腹部あたりに意識が持っていかれている。  もう一度腹部を斬るように大きく動く。  すぐさま反撃がやってきた。  大きな口を開いて噛み付いてくる。  残念ながらこれはフェイント。  焦った心ではこの隙がさぞ好機に見えただろうな。  俺はギリギリで躱し、首元に一撃を入れる。  ダガーナイフに少し強く力を入れる。  紫森蛇はその一撃では沈まなかったが決着をつけるには十分だった。  最早、俺の攻撃を守る術はない。  スキルが切れるとほぼ同時に紫森蛇は地面に伏した。 「ハァァァァァァ、疲れた……」  勝利を収めた嬉しさよりも一撃も貰ってはいけない状態でひたすら削り続けて、やっと終わったと安堵のため息が漏れた。 -レベルアップ- レベル10になりました。 『暗器使い(仮)』のレベル上限に達しました。 -アイテム獲得- 『紫森蛇の牙』牙の先には毒があり触ると危険。  おぉ、一気にレベルが上がってしまった。  それだけ強敵だったってことだな。  攻撃を受けなかったから分からないが、もしかしたら毒の威力が凄かったのかもしれない。  さて、次こそは速やかに街へ帰らねば。  うむうむ、何も問題なく街の前まで戻ってこれた。  冷静に考えると結構離れてたんだな。  気をつけなければ、一瞬の油断が命取りになってしまう。 「お兄さんお兄さん、すいません」 「私ですか?」  女性二人組が話しかけてきた。周りには俺以外いない。 「はじめまして、私はリオンといいます。こっちはルティです」  もう1人が軽くお辞儀をする。 「クロツキといいます」 「なんか凄いカッコいい武器持ってると思って声かけさせてもらいました」 「はぁ……」  グイグイと体を寄せてくる。  押しがすごすぎてどうしていいのかよく分からない。 「ウチの相方が『鑑定士』なんですけど、よかったらその武器鑑定させてもらえませんか?」  ここでの上目遣いは卑怯だな。 「鑑定するくらいなら構いませんよ」  特定の職業はその職業に関連した行動をすることで通常の経験値とは違う職業経験値を得ることができる。  料理人なら料理、商売人なら商売、鑑定士は鑑定ということだ。  俺はダガーナイフを持った手を差し出す。  基本的に譲渡を選択しない限りアイテムを渡すことはできない。  持ったまま鑑定してもらう。 「わぁ、Dランクのナイフだ」 「こんな初心者の街でDランクの武器なんてお兄さんの職業はなんなんですか」 「暗器使いです」  なんか恥ずかしいので(仮)は言わないでおこう。 「凄いですね、レベルはいくつですか?」 「レベル10になったばかりです」 「そうなんですね」  リオンの目の色が変わったような気がする。  嫌な予感がして体を一歩下げると、先ほど首の合った位置をナイフが通過する。  リオンの右手に握られているナイフは俺の使う二本のナイフよりももう少し大振りだった。 「ちぇっ、さすがは二次職、簡単にはいかないか」 「リオン、気をつけて」  俺を殺そうとする動き。  油断をついて首元への一撃、ナイフを使うところなど俺の戦闘スタイルに近い。 「分かってるよ、暗器使いはスピードが速いからね、あんたも注意してな」  こっちの職業はバレている。対してリオンの職業は分からない。  数的にも情報的にも不利だな。  そもそも攻撃される理由が分からない。  VRMMO界隈でもよく話題になってるPKってやつか。  それはゲームの性質上有利になったり、ただのストレス発散だったりと理由は様々だがやられる方はとんだ迷惑だ。 「どうしてこんなことを?」 「そうだねー、お兄さんは優しいから一つだけ教えてあげる。経験値が美味しいんだよね」  リオンがスピードを上げて近づいてくる。  だが、スピードは俺の方が上だ。 「惑わしの歩法」  相手に聞こえないように呟く。  ナイフとナイフを重ねると力負けしてしまう。  出来るだけ受けるのではなく、回避したいがリオンの攻撃は極端に遅いわけではない。  最低限、回避の難しそうな攻撃だけ受け流すようにする。 「ここまで粘られるとは予想外だった」 「できれば見逃してもらいたいんだけど」 「それは無理な相談だね!!」  一時も油断できない。  とはいえ、惑わしの歩法のスキルがあるうちになんとかしたい。  スキルが切れると拮抗状態が崩れる。  やるか、首元への大振りを見せる。  もちろん防ごうとするだろう。  俺の狙いはナイフを握った右腕だ。  ダガーナイフはリオンの手首を斬り、リオンは握っていたナイフを落とした。  チャンスだ。  時間も残り少ない、一気に決める。  駆け出した足がもつれる。  何が起きたか分からないが体が重い。 「ごめんなさい」  やられた……  ルティが魔法を発動させている。  ステータス画面を確認するとステータスが全体的に下げられている。  惑わしの歩法も切れた。  最後の光景は恭しく頭を下げるルティと左手に握り直したナイフで俺の首を落としたリオンだった。 -デスペナルティ- 獲得経験値が減少します。 6時間の獲得経験値量が減少します。 1時間の強制ログアウトをします。 -アイテムロスト- 初心者ナイフが奪われました。  1時間の強制ログアウトか……  まとめサイトをのぞいて情報収集だな。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 不正破壊者の我侭姫

    それは、もう一つのリアルなのかもしれない

    2,400

    10


    2021年5月15日更新

    西暦2019年、様々なARゲームが稼働している中、『アーケードリバース』と言う名のARゲームを巡り、コンテンツ流通を独占しようと言う勢力とゲーマーが激突する――そんな物語。 そのフィールドで戦う事になる、我侭姫ことデンドロビウムは――チートがはびこるゲーム業界に何を思うのか? そして、SNS炎上、コンテンツ業界……様々な要素が、この世界を変えようとしている。 ※この作品はフィクションです。実在する地名などとは関係ありません。 ※本作で言及されているふるさと納税に関しては、現実に存在する同名の物とは全くの別物になります。 ※小説家になろう、カクヨムでも掲載していますが、細部は若干異なります。 ※本作の二次創作を段階的に許可しております。詳細は、カクヨムかピクシブにて公開中のガイドラインをご覧ください。(リンクはピクシブの物です)https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=12408308

    読了目安時間:8時間52分

    この作品を読む

  • 夕日の空に一粒の光が輝いて。

    思いつきで書いた軽いSFの読み切りです。

    200

    0


    2021年5月15日更新

    いつもと変わらない夕日の空に一粒の光が……。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む