歴史/時代 短編 完結済

鎮魂花火

作者からの一言コメント

戦争を知らないあなたへの物語

読了目安時間:6分

過去作品ですが、夏なのでこちらにも。 花火には、鎮魂の意味合いがあるそうですね。 戦後75年。体験した方の話を聞く機会は、年々減っています。 私自身、直接体験したわけでもありませんし、ただ、直接聞いて、調べて、ほんの少し知っただけ。 無知であること、無関心であることは簡単ですが、知ること・考えることを続けていきたい思います。 別サイトにも重複投稿しています

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 鎮魂花火
作者名 真朱マロ
ジャンル 歴史/時代
タグ 花火 鎮魂 戦争 祭り 狐面 婚姻 思い出 夏の日 薫る風 ひとり語り 夏マラソン2週目
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年8月6日 18時01分
最終投稿日 2020年8月6日 18時05分
完結日 2020年8月6日 18時05分
文字数 2,784文字
読了目安時間 6分
ブックマーク登録 8件
コメント 6件
スタンプ 17件
ビビッと 0件
応援ポイント 21,794pt
ノベラポイント 2,200pt
応援レビュー 1件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • こがねの駒 ~ 戦国時代編 ~

    三人が織りなす青春と淡い恋愛のストーリー

    2,600

    0


    2021年7月30日更新

    下総国(千葉県)の小金城は北条氏の傘下。みなしごの「こま」は馬が好き。15才になると女ながら小金城の馬番の仕事を夢見る。馬屋敷では誰も乗せようとしない馬「こがね丸」に手を焼く。弓矢が得意な「弓弦」は小金城に出仕。こまと、こがね丸と、弓弦の3人は小金城で出会う。お互いの持ち味を活かして、誰も成し得なかった偉業に挑む。 そんな頃、豊臣勢力を抑えようとする北条氏からの要請で、弓弦とこがね丸が牛久の地へ出兵することに。心配するこまは、弓弦が無事に戻って来れるよう力の限り支援する。 牛久で名を上げた弓弦は、帰郷後、小金城で一躍有名人に。 人々の注目を集める人気者の弓弦の姿に、こまは、どのように接して良いのか戸惑う。 そして運命の1590年、豊臣秀吉による小田原城(北条氏)への総攻撃が始まり、北条氏は小金城に援軍を要請。 手薄になった小金城には、秀吉の配下である浅野長政が2万の兵を率いて小金城を包囲し、絶体絶命の危機に。 そのとき、こまは、こがね丸は、そして弓弦は・・・ 豊臣秀吉の小田原攻めの後、小金の街は徳川家康の五男、武田信吉が統治する平和な時代へと移行する。 関東一帯を任された徳川家康は、小金の街に、甲斐 武田家の再興を企てる。しかし当の武田信吉は、身体の弱い母(徳川家康の側室)秋山夫人の体調が心配で・・・ お忍びで出かけた際に知り合ったこまへ、その胸中を明かす。そんなこまも、武田信吉の力になりたいと思う。 武田信吉と秋山夫人の事情を巻き込んで、複雑に絡み合ったこまと弓弦の運命の行く末は、最終的にいかに。 戦国時代を舞台として、日々を精一杯に躍動する、少年と少女(と馬)の姿を描いた、青春ストーリー。 ※ このお話は、歴史上の出来事を舞台背景として創作した、歴史フィクション小説です

    読了目安時間:1時間56分

    この作品を読む

  • 生まれ変わったら曹昂だった。 前世の知識を活かして宛城の戦いで戦死しないで天寿を全うします

    曹昂生存していたらという話です

    6,273,878

    5,875


    2021年7月29日更新

    生まれた時から難病で|白河《しらかわ》|脩《しゅう》は成人まで生きられないと医者に診断されていた。 その為、毎日を病院で本を読んで過ごしていた。病状が悪化しあっけなく死んでしまう。 気が付くと自分が赤ん坊になっており、更に自分が曹操の息子の曹昂になった事に知る。 本を読んでいたので、自分が宛城の戦いで死ぬ事を知る。そんな未来を回避する為に前世の知識を活かして生き残る事を決める。 この話は三国志演義に準拠します。 参考文献 秘密三國志 著者陳舜臣 三國志 著者吉川英治 三国志 著者横山光輝

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:34時間17分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Dual World War

    異世界転移×SF (毎週水曜更新中)

    53,800

    267


    2021年7月28日更新

    主人公:水奈 亮(17)はごく普通の高校2年生。そんな彼にも異世界への扉が開かれた。 そこは私たちが住まう世界とはわずかに、でも、確実に異なる世界。。。 わずかな違和感とそれを薄めるような安心感との連続で次第に自分を見失いつつあるなか、 何の脈絡もなくソイツは姿を現した。 突如課せられた使命。 5年前に終息したはずの【外来生物】の再来と、 滅びを水際で食い止めし人類が用意した対抗策:外来生物特務機関NAVISとは一体何か!? 等身大の高校生が世界の命運をかけて戦う異世界転移型SFストーリー ぜひご一読を!

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    剣と銃、幻想と科学が織り恋愛ファンタジー

    450,100

    1,800


    2021年7月27日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間34分

    この作品を読む