エッセイ/評論/コラム 短編集 完結済

【考察】そろそろ私の頭の中にいるイマジナリーフレンドを紹介してみるか。

作者からの一言コメント

自分自身を振り返ってみるという自己満。

読了目安時間:27分

総エピソード数:9話

【考察】そろそろ私の頭の中にいるイマジナリーフレンドを紹介してみるか。の表紙

私には2人のイマジナリーフレンドがいます。 普通、イマジナリーフレンドは大きくなるにつれていなくなると言われています。それなのになぜ高3にもなって居続けているんでしょうか? ……というか、本当に2人はイマジナリーフレンドなのでしょうか? なぜ2人も必要だったのでしょう? もっと増やすことは? ちょうど私の誕生日(書き始めたのが)なので、イマジナリーフレンドについて考察していきます。 ※表紙画像はPicrew「五百式立ち絵メーカー」で作成→https://picrew.me/image_maker/625876

前へ

1-9

次へ

前へ

1-9

次へ

作品情報

作品名 【考察】そろそろ私の頭の中にいるイマジナリーフレンドを紹介してみるか。
作者名 mairin(まいりん)
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ ノンフィクション イマジナリーフレンド
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年10月13日 8時00分
最終投稿日 2021年10月13日 9時00分
完結日 2021年10月16日 9時18分
文字数 13,262文字
読了目安時間 27分
総エピソード数 9話
ブックマーク登録 4件
コメント 6件
スタンプ 3件
ビビッと 1件
応援ポイント 1,400pt
ノベラポイント 20pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 独白ノート

    にっきです。

    3,550

    0


    2021年10月22日更新

    よみづらいえっせい。 よませるつもりでかいていません。 こじんとくていをさけるためにきょげんいりまじります。 げんじつにおこったことと、それにたいするわたしのしょっかんをつづるだけのおもしろくないひとりがたりです。 それでもよければ。 だれかのひまつぶしになるのならさいわいです。 つまるところこのばしょは、わたしのこころをはきだす、わたしのびょうしゃりょくのくんれんじょうなのです。 表紙イラスト:傷の惑星 さん( @KizuNoWakusei )

    読了目安時間:2時間58分

    この作品を読む

  • 里葉亜の熱い想い

    推しや好きについて、自由気ままに語ります

    2,300

    10


    2021年10月22日更新

    椎名 富比路(しいな とみひろ)様の企画に参加させて頂きます! 私も好き勝手に「推し・好き」を語りた〜い! ※好きな人や物について語る際、連絡の取れる方については、ここで紹介する事の許可を取るようにしています。連絡の取れない方については勝手ながら許可なしで書かせて頂いてます。 不都合な点等ありましたら、ご連絡下さい。修正、削除します。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 闇の系譜(サーフェリア編)下

    新時代の流れの陰で、揺れ動くものとは。

    1,400

    0


    2021年10月21日更新

    三街による盤石な統治体制を敷き、サーフェリアを背負うこととなった新王サミルと召喚師ルーフェン。 しかし、彼らが興した王都アーベリトは、わずか七年でその歴史に幕を閉じることとなった。 後に『アーベリトの死神』と称される、召喚師ルーフェンの思いとは……? ◆本作は、銀竹による長編ハイファンタジー小説、闇の系譜シリーズの三作目となります。 一作目がミストリア編、二作目がサーフェリア編・上となります。 ◆他サイトで2018年3月4日~2021年2月1日に連載しておりましたが、この度移転してきました。 小説カキコ様の小説大会にて、サーフェリア編・下が2019年に銀賞、2020年夏に銀賞、2020年冬に金賞、2021年夏に管理人賞を頂きました。いつもありがとうございます。 ◆一部残酷な表現などありますので、苦手な方がいらっしゃいましたらご注意下さい。 イラスト、本文の無断転載禁止です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間34分

    この作品を読む

  • パルクール・ランナーズ

    コンテンツ流通にネット炎上は不要である

    6,000

    2


    2021年10月22日更新

    ・あらすじ 西暦2020年、埼玉県草加市では拡張エリアオケアノスを着点としたARゲームによる観光事業を立ち上げた。その状況下で、ARゲームのまとめ記事を書こうとしたのは西雲春南。彼女はゲーム研究家としても有名である。 記事を書こうと情報収集をしていた中、彼女は有名プレイヤーであるミカサの動画を発見した。ミカサの動画は投稿から数日もしない内に100万再生を記録する程のもので、ミカサの人気を物語る。 動画の内容は動画タイトルでパルクールのプレイ動画と判明するが、パルクールとは似ても似つかない光景に彼女は言葉を失う。しかし、そのプレイを見ていく内に彼女はパルクールをプレイしたいと思った。 更に情報を収集し、2月初旬にはオケアノスへと足を運び、そこでギルドと呼ばれる場所を検索の末に発見する。そこには、どう考えてもARゲームとは似ても似つかないような光景が待っていた。 プレイを始めた西雲だったが、思わぬ展開に苦戦すると思ったら――予想外とも言えるスコアで上位に入ってしまう。これには驚く一方で、周囲で観戦していたライバルプレイヤーも彼女の活躍には衝撃だったのである。 これをきっかけにして、西雲はパルクールを炎上させようとする勢力とゲーム自体を守ろうとする勢力の衝突に巻き込まれた。それは――過去に自分が体験したネット炎上と似たような物であり、他人事と言えないような物……。 ※この作品はフィクションです。ARゲームを問わず、チート行為等は犯罪ですので真似をしないでください。 ※パルクールにおける危険なアクロバット行為等も怪我や事故の原因となります。正しい知識や装備で楽しむようにお願いします。 ※小説家になろう、カクヨムでも掲載中。ノベプラ版は行間調整などを行ったVer2扱いになります。

    読了目安時間:3時間18分

    この作品を読む