連載中 長編

近未来非合法冒険活劇 ミクロンダンジョン -少女救出篇-

作者からの一言コメント

ジャンルはSFであっているのだろうか?

人を十分の一に縮小できる技術が発明された近未来。 それを利用したアスレチックRPG「ミクロンダンジョン」が人気を呼んでいた。 ゲームエクスポに出展されていたミクロンダンジョンで起きた大事故。 その事故の中さらわれた少女を取り戻すため、 非合法となった十分の一スケールのダンジョンに冒険者たちが挑む。 ※基本的にはダンジョンを探検する冒険小説です。 序 章 「雑なダンジョン篇」  プロローグ。ファンタジー世界のダンジョンを冒険している風にシーンを書いています。 第一章 経験値 「始まりの迷宮篇」  主人公たちの出会いと物語の発端となるゲームエクスポ事件について書かれています。 「ハイテクダンジョン篇」  主人公たちのベースギルドとなる下町の迷宮亭ダンジョンへの冒険を書いています。 「狂気の迷宮篇」  主戦力ロムを欠いた冒険者たちが生身の死闘を演じるお話です。 第二章 手がかり 「バイオダンジョン篇」  ゲームとして安全管理されていない環境で怪物と戦うお話です。 「崩壊からの帰還篇」  箱庭世界のダンジョンから現実世界に放り出された主人公たちの冒険を書いています。 「楽園のヒロイン篇」  行方不明になったヒロインたちがどうしているのかを書いています。 第三章 核心への挑戦 「楽園に繋がる迷宮篇」  外部の協力者に事後を託してダンジョンアタックするお話です。 「楽園の攻防戦篇」  主人公たちがヒロインと再会し、攻勢に出る決意をするエピソードです。 重複投稿作品。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 近未来非合法冒険活劇 ミクロンダンジョン -少女救出篇-
作者名 結城 慎二
ジャンル SF
タグ 近未来 冒険小説 オタク 群像劇 バトルアクション RPG 非バーチャル ダンジョン ファンタジー風
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年3月8日 3時22分
最終投稿日 2020年7月15日 21時41分
文字数 305,530文字
ブックマーク登録 3件
コメント/スタンプ 6件
応援ポイント 1,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 幼女とロリコンの魔法使いによる最後の純愛

    ♡112,711

    〇310

    異世界ファンタジー・連載中・14話 囲味屋かこみ

    2020年7月12日更新

    魔法は失われ、前文明の遺産から『機械』を産み出し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』。 彼は亡き姉の遺言により、嫁探しをしている青年だった。 終焉の運命と向き合い、失った愛に触れ、エルルが触れる世界の真実とは——? 幼女化した主人公と、ロリコンの魔法使いが織りなす最後の純愛!開幕‼ —————— ・いただいたイラストは全て、最後にまとめて掲載しております。そちらだけの閲覧も大歓迎です。

  • 二人は目指す、世界の果てを

    ♡34,700

    〇50

    SF・連載中・10話 恋犬

    2020年7月15日更新

    そう遠くない未来。 世界は戦争によって滅びた。 空は常に雲に覆われ、海は干上がり、地上には動植物の姿もない。 動くものといえば、エラーを起こした戦闘用ロボットばかり。 世界は終末を迎えていた。 それはそれとして。 その世界を、バイクで旅する二人組がいた。 ロボット兵士、ゾルタン。 最後の人類、シーカ。 二人は旅をする。 世界の果てへと至る道、ビヨンド・ザ・ホライゾンを探して。 不定期連載。2~4日おきに更新。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2020年7月15日更新

    ◆要確認◆ ※投稿エピソード毎にジャンルを変更しています。ジャンルを特定しないのには理由があります。 ※特定の文字や表現を劇中使用していません。その違和感には理由があります。 ※貴方はその目で"何を"見ていますか?(※以下あらすじ↓) 背中の大きな籠をいつもより陽気に揺らして、少女は今朝もせっせと小山へ拾集に来ていた。 人っ子一人、草花さえない広大な荒野にたたずむ一本の巨大な聖なる樹「母大樹」。その幹は地平をなし、雲を突き抜け、青い空一面に枝を伸ばす。 伸ばした枝下に降り積もる恵みの小山から食糧やら小間物やらを拾い生活に充てる。それは少女が生まれるよりもずっと前から変わらず続いている何のことない日常。村の常識だった。そのはずだった。 籠を一杯にして姉を喜ばせてあげよう。そう意気込んで肉片を拾える山に立ち寄り、今晩のご馳走を求め手を伸ばしたそのときだ。 ――ナニカニ、ツカマレタ。 あらぬ方向にねじれ軋む細い腕。たちまち視界が歪み声が出ない。 肉山の奥底。日の光も当たらない暗く湿った闇の中。銀に揺らめく瞳が少女を喰い殺すように睨んでいた。 ソレとの出会いが不運にも少女を、その世界に息づく者たちを、"この世界"の虚像を暴く修羅の道へと誘ってゆく。 これは、"ヒトのカタチ"を苦しく、切なく、暴力的に描く物語――。 最後にもう一度。【貴方はその目で"何を"見ていますか?】

  • 伝説の傭兵吉田俊平の過去は?

    ♡14,000

    〇0

    SF・連載中・4話 橋本 直

    2020年7月15日更新

    遼州同盟司法局実働部隊隊員吉田俊平が突然姿を消した。特殊な契約と言うことでまるで関心を持たない上官達を後目に神前誠達は吉田の行方を追う。しかし、そこには吉田の過去と因縁が渦巻く事件が待ち受けていた。