本のなる木〜禁断の果実? いいえ、禁断の書です〜

第二章突入です。。。

第二章 「透明」ではない世界

 ♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢  聞いたことのあるチャイムの音が鳴っている。  何度も、何度も。  頭に残るこの音。  この音、どこで聞いたんだっけーー?  思いっきり、自分の目が開かれた感じがした。金縛りが解けた時とほとんど同じような感覚。  ここは……どこだ?  俺は寝ていたわけではないのか? 今俺は、おそらく立っている。  ぼんやりとした視界が、あまりにもカラフルな光景を捉える。  お菓子。アイス。菓子パン。冷凍食品。  そして、「いらっしゃいませー」という声。  ここは、コンビニーー?  臆病な動物みたいに、恐る恐るではあるが少しずつ移動してみる。  飲み物が並ぶ冷蔵庫の前。ん? どことなく違和感がある。しかし、俺はその違和感の正体を知ることはなく、とりあえず歩を進める。  本が並ぶ棚。立ち読みをしている人がいる。脇にはトイレ。ATM。  間違いない。ここは、コンビニの店内だ。  入り口の自動ドアが開き、客が入ってくる。  その時、気づいた。さっきまで聞こえていたあの耳に残る音は、入り口のチャイムだったのだ。  しかし、普通のコンビニのチャイムとは少し違う。最後まで流れる前に、ブツリと音がきれるのだ。この、機械が壊れているのか最後まではっきりと鳴らないチャイムの音を、俺はどこかで聞いたことがある。一体どこだったか。どこにでもある、ありふれたコンビニなのだが。  いや、そんなことよりも何で俺はこんなところにいるんだ?  俺はさっきまでーーこめかみに手を置いて、何とか記憶を絞り出す。  そうだ。あの丘の上にいたはずだ。  俺は、自殺しに行った丘の上で、不思議な本のなる木と化物を見た。確か、本が光って、俺はその光に包まれたんだ。そこまでは覚えている。それで、何で俺はここに? 「あっ、すいません」  ぼうっと突っ立っていると、客がこちらに向かって歩いてきたので、思わず大げさに避ける。  まるで俺など見えていないかのような横暴な歩き方だ。  一度外に出てみるか。そう思った俺は、入り口まで歩いて行った。  そして、入り口の前に立つ。  しかし、自動ドアはピクリとも反応しなかった。 「チッ」  ドアの前や、上のセンサーに手をかざしたりしてみるが、一向に自動ドアは動かない。俺はもう一度舌打ちをした。  この感じーー。  何もかもが嫌になった、新人賞への投稿生活時代。こういうことがたまにあった。  俺に気づかないでぶつかってくる人間。反応しない機械。その度に、俺はこの世で誰からも必要とされていない、自分だけが存在していないのではないかという気持ちに何度もなったものだった。自分の全てを否定され、「お前なんかこの世界にいらないんだよ。出て行け」そう言われていると感じたことが何度あっただろうか。  そうだ。ここは、俺のうんざりした現実世界。生きたくなかった現実世界だ。俺はこんな世界が嫌で、死のうと思ったんだ。  それなのに、何故、また俺はこの世界に戻ってきたのだ?  だがそれは、なにも精神論だけの話ではない。俺はさっきまで人里離れた丘の上にいたんだぞ? どうやってここまで来たんだ?  その時、化物女の不敵な笑みが脳裏に浮かんだ。あの赤い唇が三日月のような形になっているのが、目の前にあるようにイメージ出来る。  あの化物女と、あの本がきっと何か関係してるに違いない。  化物女が関わっているなら、何が起きても不思議じゃない気がするーー  そんなことを考えていると、自動ドアが空いて間抜けなチャイムが流れた。客が入ってきたのだ。  自動ドアの真ん前に立っている俺は、客にとってはさぞ迷惑だったろう。  俺は慌てて避けようとしたが、その男の客は俺のことなど関係なしに、店内に入ってこようとする。  避ける間もなかった。  スゥー  え?  避ける必要もなかった。  俺はすごい勢いで振り返った。  男は、何事もなかったかのように普通にお菓子の棚へ消えていった。  今ーーとんでもないことが起きた。  俺の勘違いなんかじゃない。  今、男は俺を避けなかった。俺も男を避けなかった。  男は、確かに俺を()()()()()ーー?  言葉を失った俺は、目の前の状況にどうすればいいのか呆然としていた。そして、所在無く視線を自分の身体に向ける。 「うわああぁぁ」  店内だというのに、大声を上げてしまった。だが、この状況に直面したら、たとえピアノのコンサート会場でも同じように声を上げるだろう。 「ないっ。()()()()()()()()」  そう――俺の身体は()()()()()()。手も足も胴体も。比喩じゃない。透けているわけでもない。言葉通り、()()()()。  手や足を動かしている()()はもちろんある。今、驚いて身体中が震えている()()も。 「なんだよ、これっ」  大声を出してしまったので、慌てて右手で口を覆う。正確には、()()()()()()()()()()()()()()()。  辺りを伺う。  これだけ騒いでいるのに、店内にいる客も店員も誰も俺のことを見ていない。 「あのっ! あの、誰か! おいっ!」  誰もこちらを見ない。  俺はその時、先ほど感じた違和感の正体に気づいた。  俺は走り出した。いや、これは走っているといえるのだろうか。確かに、景色はすごい勢いで後ろに去っていくのだが……。足が動いているのも見えないし、自分が少し浮いているようにすら感じる。  飲み物が並んでいる冷蔵庫の棚の前に行く。その戸に反射して映っているものを見て、俺は愕然とした。  いや、表現を間違えた。  そこには、()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()。  誰も俺を見ないんじゃない。()()()()()()。  俺、これ本当に死んだんじゃないのか?

章タイトルの意味は物語が進むに連れて、分かるかもしれませんし、分からないかもしれません、、、

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 命の限り、死なずの終焉を。

    ♡369,556

    〇5,880

    異世界ファンタジー・連載中・29話・100,108字 囲味屋かこみ

    2020年9月21日更新

    魔法が失われ、前文明の遺産から『機械』を模倣し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』。 彼は亡き姉の遺言に従い、嫁探しをしている青年だった。 終焉の運命と向き合い、エルルが手にする世界の真実とは——? 幼女化した主人公と、死なずの魔法使いが織りなす最後の純愛!開幕‼ 【第一話、完結しました!】 ・第二話公開開始! ・ただ今、幕間であるショートストーリー公開中!挿絵あります! 【NEW】 ・エルルの過去を描く幕間公開開始! 作品に触れていただき、彼女に少しでも魅力を感じた方が楽しめるようになってます。 —————— ・いただいたイラストは全て、一番最後にまとめて掲載しております。是非そちらもご覧下さい。素晴らしいクオリティのイラストです。

  • 第二部開始 人の数だけ世界は違って見える

    ♡447,500

    〇8,995

    異世界ファンタジー・連載中・38話・258,584字 シキバヤシコ

    2020年9月16日更新

    魔王復活の兆しを受け、再び始まるであろう闘いに、初代勇者は憂いていた。 魔王は何故この世界に生まれたのか、勇者は何故その度に異界から召喚しなければならないのか。 繰り返されるこの戦いは、何故終わらないのか。 救えなかった<あの人>への罪を背負ったまま、年老いて前線を退いた今も、何を持ってすればすべてを救うことが出来るのかを模索していた。 一方、この世界に生きる人々は、それぞれの悩みを抱えながらも日々を懸命に生きていた。 ある者は、世界を護る為に。 ある者は、真実を知る為に。 ある者は、傍らで見守る為に。 ある者は、罪を贖う為に。 複雑に絡み合う彼らの関係は、とある人物を廻り、やがて一つの事実へと繋がって行く。 ****** パズルピースのように、それぞれのキャラ視点で、現在・過去の物語が少しずつ明かされながら進んで行きます。 何の変哲もない日常的な話が点在し、全ての断片を拾い集めつなぎ合わせれば、少しずつ世界が見えて来ます。 基本一話完結の群像劇型、ほぼ繋がってます。 ※十年程前に書いたものを今風にリメイクしているので、拙い上に表現が古臭いかも知れません ※時々こっそり加筆修正していたり、気が向けば挿絵が入っていたりすることもあるかも知れません。 ※異世界に召喚された勇者の活躍はあまりありませんので悪しからず。むしろ元々いる住人の話が主体です。 表紙はあしる様(@Achille_c_d)よりいただきました。ありがとうございます!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る