連載中 長編

紅子の宇宙船航宙日記

作者からの一言コメント

個人ブログの日記を転記したものです

紅子の平凡な日常を..ぐだぐだと綴った日記です 極めて平穏な内容しかなく..笑う要素もありませんが 極々稀に荒ぶります

前へ

次へ

前へ

作品情報

作品名 紅子の宇宙船航宙日記
作者名 紅子 縁璃
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ ほのぼの 日常 日記 平穏な日常 まったり ゆったり ぐったり 誰得? 無駄話 ぐだぐだ
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年9月2日 23時26分
最終投稿日 2020年8月10日 15時45分
文字数 411,069文字
ブックマーク登録 12件
コメント/スタンプ 259件
応援ポイント 25,600pt
ノベラポイント 260pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • この物語を通して伝えたい

    ♡24,500

    〇1,900

    異世界ファンタジー・連載中・13話 鑑。

    2020年8月7日更新

    ある日、仲が良い2人の兄弟がトラックに轢かれ命を落とした。2人は異世界転生をし、勇者として世界を救う運命を託される。 だがしかし、転生の代償として、きっかけがないと、お互いのことを思いだせないという。2人は2つの大国それぞれに降り立ち冒険を始めるのだが......... ボロくそ言ってくれて構わないのでよければ感想お願いします!

  • これはただの悪夢ではない。予知夢だ。

    ♡529,100

    〇6,547

    ミステリー・連載中・64話 Guru

    2020年8月9日更新

    主人公の大学生、“知念 誠人”は、ある日を境に頻繁に悪夢を見ることになる。 しかし、その悪夢はただの悪夢ではない。 夢の中身が正夢となる──“予知夢”だったのだ。 散々悪夢に悩まされ続けた誠人は、その苦悩を友人に打ち明けるが、そこで信じられないことが起きる。 集まった友人の全員が、誠人と同じように悪夢──予知夢を見ていた。 この面子から考えられるのものは、もう“あれ”しかない。 昔みんなで見た、大きな流れ星…… その時に起こった不思議な現象……きっかけは、この“流れ星”に違いないはず。 あの星が墜ちた夜から──物語はすでに始まっていたんだ。 基本シリアス、時々ギャグ。 ヒューマンドラマに、青春あり。 あわゆる要素を兼ね備えた──SFミステリー(サスペンス)作品、ここに開幕。 悪夢を未然に防ぐために、誠人達が立ち上がる。 ※こちらの作品は、小説家になろう、ステキブンゲイにも掲載しております。 タイトルロゴは、紅蓮のたまり醤油様に作って頂きました。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • マイナーめのオカルト秘話!

    ♡65,500

    〇100

    エッセイ/評論/コラム・連載中・68話 junhon

    2020年8月11日更新

    拙作『創作のネタに使える? 歴史小話』を書いていて、何本かこれ歴史と言うよりオカルトだよなぁ。というものが出来てしまいました。 そこで、オカルトっぽい話はこちらにまとめていきます。

  • 「専業主婦」も暇じゃないとは言い切れない

    ♡2,000

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・1話 はなっち

    2020年8月11日更新

    お勤めしていた頃 職業欄に「専業主婦」と記することに憧れておりました。あの頃の「憧れ」今何処? 日々の暮らしの中でフツフツと湧き上がる「胸の内」誰かに打ち明けたいけど....真剣に聞いてくれる人なんていません。 ノンフィクションをノートに書きつづります(赤裸々に?) あ、のんびり更新です...

    タグ: