連載中 長編

人嫌いオタクがお節介ギャルに絡まれた場合

作者からの一言コメント

オタクとギャルの、ちょっとマジメな恋物語

 人と関わることを避けてきた主人公、佐保山天(さぼやま そら)は今日も順調に隠キャの道を歩んでいた。  そんな天はある日ひょんなことがきっかけでクラスのギャル、楠木柚子(くすのき ゆず)に纏わりつかれることになる。 「ご飯ちゃんと食べてんの? 弁当作ってきてあげるから!」「私服ダサすぎ! 今度一緒に買いに行くよ!」  何故か天に対して異常にお節介を焼く楠木に振り回される日々。そしてついにはこんなことも言い始める。 「え? 別れた!? じゃあより戻そうよ! あたしが手伝ってあげるから!」  それは天にとって忘れたい『過ち』だった。  勘弁してくれと、乗り気ではなかった天だが、この楠木との出会いがきっかけで少しずつ変わっていくことになる。  内に篭るようになった自分から脱却するべく前を向いた天。  しかし、楠木の行動の理由と、本当の気持ちを知った時。天は再び壁にぶつかることになる。 「人と関わるのって、どうしてこんなにも面倒臭いんだ」  そんな人嫌いオタクとお節介ギャル、時々元カノの織りなす恋愛ストーリーです。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 人嫌いオタクがお節介ギャルに絡まれた場合
作者名 帚木 萩
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 第1回ノベプラ大賞 シリアス 男主人公 現代日本 学園 オタク ギャル 元カノ
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年8月17日 9時32分
最終投稿日 2019年8月17日 20時30分
文字数 45,252文字
ブックマーク登録 2件
コメント/スタンプ 5件
応援ポイント 1,500pt
ノベラポイント 5pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 思うところあって、8月まで休養します。

    ♡575,055

    〇21,420

    歴史/時代・連載中・68話 kikazu

    2020年6月11日更新

    西暦1907年ドイツ帝国の重鎮たる軍務大臣が、本格的なバレリーナ姿で変死するという——とっても悲しい事件が起きてしまった。( 一応史実 ) 親衛隊の高官マインシュタイン中佐は、後輩で皇宮警察の幹部・ヘップナー少佐のチームへ、事件の真相を調査するよう依頼してきたのだった。 稀代の美貌を誇りながら、女好きでちょっぴりクズのヘップナーを筆頭に、彼の副官で実はポンコツ大公令嬢カルラ中尉、美少女姿でありながら実の正体は——百年を生きる魔女のヘルミーナ中尉。 そして、人外でありながらチームで一番まともな使い魔・クラリッサ少尉らは、安定のヘッポコぶりを発揮して、グダグダ大ピンチの連続に……。 イギリスを代表するエージェントで、後にジェームズ・ボンドのモデルとなったシドニー・ライリー中尉、更に大日本帝国の隠し玉・明石元二郎大佐、はたまたサイコパスメイドやらも登場して、誰が敵か味方なのか、はたまた犯人なのか。騙し合いの奇天烈ストーリーです。

  • 本格異世界歴史ファンタジー

    ♡226,401

    〇16,512

    異世界ファンタジー・連載中・142話 怪じーん

    2020年7月14日更新

    運命に翻弄され【泣き虫の雛姫】と称された、か弱き少女コウカ姫の成長と生涯を描く──。 大陸中央に覇権を握る大国【崇香(すうこう)国】。 その国の姫だったコウカは、若き丞相イ・グルテに全てを奪われ国を追われてしまう。 逃亡中、グルテの策に危機に陥るも、盗賊を自称する集団【臥龍空団(がりゅうくうだん)】に助けられる。 【臥龍空団】で生活するうちに、国王である父親が優しさ故に国民を苦しめていた事を知ってしまいコウカは自分の進む道を一度は見失ってしまう。 しかし、【臥龍空団】首領でもある、ロンの導きにより立ち直り、不完全であるが自分の理想とする国の在り方を【古龍伝承記】から見つけるのだった。 ロンが教えてくれた古の龍の力を求め旅立つコウカ。 宿敵グルテと対峙するが彼の真意を知ったコウカは、お互いの信じる道を進むと決め、次に会う時は戦場でと袂をわかつのだった。 真の理想の国を求め、剣を手に取ったコウカ。 国を裏切り、大恩あるコウカの父を討ってまで、覇道を突き進むグルテ。 二人が戦場で対峙する、その時──天は哭(な)く。 大陸全土に渡るスペクタクルな本格歴史ファンタジー、ここに開演。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る