完結済 長編

禁断のアイテム『攻略本』を拾った村人は、プロデューサーのシナリオを壊せるのだろうか?

作者からの一言コメント

攻略本を片手に冒険します。

この本に出会わなければ。この本を拾わなければ。そして、この本を読まなければ、今まで通り普通に生活出来ただろう。世界の全ての真実を知ってしまった村人は、もう村人には戻れない。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 禁断のアイテム『攻略本』を拾った村人は、プロデューサーのシナリオを壊せるのだろうか?
作者名 アルビジア
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ RPGゲーム 禁断のアイテム
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年1月1日 17時45分
最終投稿日 2020年2月11日 8時25分
文字数 235,810文字
ブックマーク登録 14件
コメント/スタンプ 81件
応援ポイント 81,750pt
ノベラポイント 240pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 現代異能捕縛劇、必見の挿絵扉絵有り

    ♡42,474

    〇8,055

    現代/その他ファンタジー・連載中・35話 兎野熊八

    2020年8月14日更新

    表紙制作 よのね 様 『乙女達よ、この現実を護り、チートを狩れ』 大正初期、突如として異世界へと人間が転移し、 そして異能の力を授かり現実へと戻ってくる、 【 異世界問題 】 が日本の一学園にて発生。 異世界より帰還した少年少女、授けられた異能、その絶大な力に目を付けた時の政府は、 彼ら彼女らを軍事利用し、日本を世界唯一の列強国へと押し上げた。 大正九年の事である。 ――、それから百年後となる現代日本。 異能者を産む学園は世界各国のスパイ、犯罪組織が集い始めていた。 その無敵とも思われる異能の力を欲し、各国が謀略を企てる中、 日本は異能者の【捕獲】【保護】【管理】を目的とした組織をいち早く発足、 事件の発端となった【御影学園】にて異能者達による 【生徒会執行部】を設立。下部組織に、 【風紀】【清掃】【保健】【図書】を置き、 この現実世界の守りの要とした。 時は2020年、夏――、 過去に2度の異世界転移に巻き込まれ、二つの異世界を救い、二つの異能を授かった少女 『綴喜芽繰《つづきめくる》』 そのチート能力と異世界を二度も救った功績を買われ、異世界転移者を救出する部隊、 【図書委員】へと所属し、仲間と共に救助活動を行っていた。 同じく、過去に異世界を救った少女、 『獣神の英雄』と唄われる少女、皇之火色《きみのひいろ》こと『ヒロ』 『マッドピーシー』と恐れられる名を捨てた少女『ピーシー』 三人の乙女達は、今日も世界を護るため、 現実と異世界を行ったり来たりの日々を過ごしていた。 然しそんな彼女たちも女の子、想う所は一夏の想いで 巡る季節に募らせるは――、恋心。 この夏、ついに意中の彼への『告白』を決意したメクルでしたが……。 現実世界へと現れた『死者蘇生』のチート能力者を巡り、事件は思わぬ方向へ――。 チートで可愛い乙女達による、 全ての世界《げんじつ》を護る旅、『チートで護る現実《この》世界』 なにとぞよろしくお願いいたします。感想、ブクマ、レビュー、ツイート、スタンプ、ポイント、大変に励みになっております。ありがとうございます。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

  • 声の出ない魔法使いは探しモノの旅をする

    ♡86,400

    〇4,050

    異世界ファンタジー・連載中・41話 ミクサ

    2020年8月15日更新

    この世界の魔法は声に出す事で発動される。 カナリアと呼ばれる少女は魔法使いだった。ただし、物心ついた時から彼女の声は出ない。 声が出ない魔法使いは一人もいない。カナリア以外は。 彼女は、相棒の小鳥の形をした金属ゴーレムであるシャハボと人探しの旅を続ける。 彼女は強い。けれど、その特徴のせいでしばしば面倒事に巻き込まれることになる。 今もまた、肩を並べて同じ任務をこなした、善良なはずの冒険者チームが彼女の前に立ちはだかる。 彼らは知らない。カナリアに立てついた者の結末がどうなるかは…… # 小説家になろう様、カクヨム様でも同時掲載をしております # 表紙絵の方は 大福餅さん (Twitter @daih033) から頂きました! ありがとうございます!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • プロットコンに出したお話です。

    ♡500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・3話 友坂 悠

    2020年8月15日更新

    女神アルテイアによってとある異世界に召還された僕。夏目雄介。 ごくごく平凡な高校生だったのにこんなおどろおどろしい異世界でどうしろと? チートな能力とアイテムも貰ったけれど、女神からのお願いはとあるターゲットを探し出しその子の好感度をあげること。 そうしないとこの世界が滅んじゃうんだって! うーん。そんなの僕にできるのか!? ※注 プロットコンでは一応18禁だと思って雄介君の年齢も18に設定してましたが、のべぷら連載版は18禁にはしないので雄介君17歳になりました。

  • これはとある追放された少年の『 』譚

    ♡1,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・8話 マグロ

    2020年8月15日更新

    この国では生まれてから十年が経過したその日、神より天啓を授かりその者の色が言い渡される。 色によって魔法の才能は異なり、その者の将来を決定づける要素となる。 伯爵家の跡取り息子であるアーノルドもまた例外ではない。 領地の民すべての期待を背負い、その日言い渡された彼の色は無色。つまりは才能なし。 魔法の才能が将来を決める最大の要素となるこの国で、魔法の才能が全くないというのは、考えただけでも恐ろしい。 考えうる限り最悪の結果となってしまった彼は存在そのものを無き者にされ街からも追放される。 超実力社会であるこの国ではそれも致し方のないことだ。 いわんや貴族をや。たとへ幼い子供だったとしてもそれは変わらない。 追放されてしまった彼はこれまでに得た数々の知識を総動員して先の見えない中、必死に命を繋いでいく。 しかし、いくら英才教育をされてきたといっても所詮は子供。限界知らずとはいかない。 生死を彷徨いながらも、しかし彼は諦めなかった。 放浪のすえたどり着いた先にて彼を待つモノとは…… ※この作品は「小説家になろう」「カクヨム」でも投稿しております