恋愛/ラブコメ 長編 完結済

巡愛〜お試しからはじまる運命の結婚

作者からの一言コメント

ゼロから始まる結婚生活はドキドキの連続

読了目安時間:1時間57分

巡愛〜お試しからはじまる運命の結婚の表紙

 主人公の秋乃井すすきはひょんなことから謎のイケメン葛葉葵と知り合う。親切な彼に感謝するも、なぜかお嫁さんになってほしいと言われ、気付けばお試し結婚生活をすることに。はたして彼は何者なのか。主人公を取り巻く因縁と恋の物語。 ※乙女チック原作コン応募作品

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 巡愛〜お試しからはじまる運命の結婚
作者名 猫の玉三郎
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 乙女チック原作コン 女主人公 現代 恋愛 結婚
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2021年5月30日 19時36分
最終投稿日 2021年8月29日 13時31分
完結日 2021年8月29日 13時32分
文字数 58,490文字
読了目安時間 1時間57分
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 6件
ビビッと 0件
応援ポイント 7,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ×××の記録

    私こと語り部にお付き合いください

    0

    0


    2021年9月25日更新

    これは「語り部」が語るいくつかの物語。大事な妹を失った男、平穏な日常を失った男、愛も平和も知らない男…「語り部」の語る彼らの物語はどれも苦しく、悲しく、けれど愛がある事を感じます。彼らの物語はどのような終わりを迎えるのか、「語り部」が物語を語った先に何を伝えようとしているのか。どうかお付き合いください。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 恋愛マスターになってしまいました。

    恋愛ラブコメの皮を被った“何か”

    111,000

    330


    2021年9月25日更新

    恋愛経験ゼロなのに、いつの間にか校内中で「恋愛マスター」として有名になってしまっていた。 そして恋愛相談に来る生徒が次々に。 俺だってそんな青春を送りたいのにッ! こうなったら崩壊・破滅狙いでひどいアドバイスをしてやる! のはずがどうしてか毎回成功してしまうのであった。なんでだよ。 更には助手志望の美少女まで現れて……。 何故か異常なまでの慕い方にちょっとドキッとしてしまったり? 何故か無条件で慕ってくる無口な美少女助手と、訪れる恋愛相談を破滅へ導こうとする主人公の、凸凹コンビが繰り広げる歪んだラブコメ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間33分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 負けるとご褒美映像のあるタイプの女勇者に転生してしまったorz

    🔞に異世界転生!? 外伝シリーズ執筆中

    522,900

    14,435


    2021年8月22日更新

    現世では男だった主人公は負けるとご褒美映像のあるアダルトゲームの女主人公に異世界転生してしまった。 負けると強くなる世界でこれを拒む主人公、主人公を敗北に導くべくあの手この手で無理難題の罠を張る国王。 果たして無敗攻略を達成できるのか?

    • 性的表現あり

    読了目安時間:16時間23分

    この作品を読む

  • 幻獣戦争

    SFではなく、ファンタジーロボット戦記

    15,600

    600


    2021年9月25日更新

    自衛軍時代、謎の生物幻獣との戦いにおいて仲間達と共に数々の戦場を勝利に導き、輝かしい戦績を残し英雄と呼ばれていた主人公比良坂舞人。しかし、彼はある作戦で戦友、恋人、敬愛する上司を失ってしまう。仲間を失った悲しみを胸に抱え、尚彼は懸命に戦う。戦友が願った平和のため。が、長くは続かなかった。広がり続けた傷は血を流し続け、流れた血は虚しさという涙に変わり、彼の心を死に至らしめる。戦う意味、目的も失った彼は役目を終えたように自衛軍から退官する。 幻獣との戦いで世界が荒廃し着実に滅びゆく中、退官した彼は、孤独に生きる事を選び会社員生活を送っていた。ある日、転機が訪れる。いつも通り仕事を終えた彼の前に幻獣が出現、彼は偶発的な事故に巻き込まれ意識を失い夢を見る。かつて教え子に退官を留められた夢。それは彼を醒ます呼び水となる。再び目を覚ますと人類が幻獣に対抗するための兵器、通称戦略機が目の前に倒れていた。

    読了目安時間:5時間0分

    この作品を読む