SF 長編 連載中

ポスト・ユニバース

作者からの一言コメント

殻と繭と蛹の装甲に守られた戦場へ

読了目安時間:9時間58分

総エピソード数:58話

人は変わらなければならい。技術が変わった、娯楽は変わった、争いは変わった。 なのになぜ人の在り方だけが不変であろうか。人類は変化の時期に到来していた。 平々凡々、何不自由もなく、何かしらの問題があったわけでもなかったのに鬱病に悩まされる男、倉敷賢吾は遂に貯金のlikeが底をついていた。職もなく、再就職のやる気も鬱病からなく、何気なく転職サイトに眼を通しているととある求人を発見した。祝い金そこそこの即金likeと言うので応募し採用される。そこは所謂『グリーンカラー』民間軍事会社に位置する会社だった。 傭兵として採用され、賢吾は装甲駆動被服『ドラゴ』と呼ばれる兵器を纏い戦いへと赴いて行く。

総エピソード数:58話

作品情報

作品名 ポスト・ユニバース
作者名 我楽娯兵
ジャンル SF
タグ パワードスーツ ロボット ミリタリー 近未来 ポスト・ヒューマン SF HJ大賞2021後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2022年1月14日 15時37分
最終投稿日 2022年6月26日 21時16分
完結日 -
文字数 298,783文字
読了目安時間 9時間58分
総エピソード数 58話
ブックマーク登録 9件
コメント 13件
スタンプ 14件
ビビッと 0件
応援ポイント 15,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • オリンピアは飛んだ

    廃遊園地でセクサロイドの少女は恋をした

    0

    0


    2022年8月16日更新

    少女型セクサロイドのアンナマリアは化学工場の爆発により空気汚染された、廃墟の遊園地を歩いていた。 彼女が思い出すのは同じ野良セクサロイドのオリンピアとここで過ごした日々。 オリンピアは観覧車のゴンドラから飛び下りて壊れたが、アンナマリアはその意図を未だ理解しかねていた。 二人の出会いは数か月前に遡る。 アンナマリアは事業の失敗を苦にした主人の無理心中に巻き込まれるも、持ち前の耐久性で辛うじて生還する。 その後廃遊園地に迷い込んだところをオリンピアに捕まるアンナマリア。 通行料として要求されたパーツの譲渡を拒み、観覧車7番のゴンドラでオリンピアと暮らし始める。 共に生活する中でオリンピアはセクサロイド専門の娼館から逃亡した過去を話し、二人はうちとけていく。 しかしアンナマリアの破損は思ったより深刻で日に日に劣化していった。 オリンピアは観覧車が回る本物の遊園地を見に行こうとアンナマリアを誘い、彼女はこれに同意。 友情の証にお互いの髪を編み込んだミサンガを作り、手首に嵌める。 しかしこの約束がきっかけで穏やかな日常は狂いだし……。 (SF/近未来/セクサロイド/百合)

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • G.o.D 完結篇 ~ノロイの星に カミは集う~

    呪いは人と神の間を巡り、そして狂わせる

    1,500

    0


    2022年8月16日更新

    現代を舞台としたSF+ファンタジー 前作"G.o.D 前章"から続く、神を巡る物語の本章 週3回程度、偶数日更新を予定 20XX年12月22日に勃発した地球と宇宙との戦いは伊佐凪竜一とルミナ=AZ1の二人が解析不能の異能に目覚めたことで終息した。それからおよそ半年後。桁違いの戦闘能力を持ち英雄と称賛される伊佐凪竜一は自らの異能を制御すべく奮闘し、同じく英雄となったルミナ=AZ1は神が不在となった旗艦アマテラス復興の為に忙しい日々を送る。 一見すれば平穏に見える日々、しかし二人の元に次の戦いの足音が忍び寄り始める。ソレは二人を分断し、陥れ、騙し、最後には亡き者にしようとする。半年前の戦いはどうして起こったのか、いまだ見えぬ正体不明の敵の狙いは何か、なぜ英雄は狙われるのか。物語は久方ぶりに故郷である地球へと帰還した伊佐凪竜一が謎の少女と出会う事で大きく動き始める。神を巡る物語が進むにつれ、英雄に再び絶望が襲い掛かる。 主要人物 伊佐凪竜一⇒半年前の戦いを経て英雄となった地球人の男。他者とは比較にならない、文字通り桁違いの戦闘能力を持つ反面で戦闘技術は未熟であるためにひたすら訓練の日々を送る。 ルミナ=AZ1⇒同じく半年前の戦いを経て英雄となった旗艦アマテラス出身のアマツ(人類)。その高い能力と美貌故に多くの関心を集める彼女はある日、自らの出生を知る事になる。 謎の少女⇒伊佐凪竜一が地球に帰還した日に出会った謎の少女。一見すればとても品があり、相当高貴な血筋であるように見えるがその正体は不明。二人が出会ったのは偶然か必然か。 ※SEGAのPSO2のEP4をオマージュした前章と地続きの物語ですが、本章は更に面影がありません。引き続き世界観をビジュアル的に把握する参考になるかと思います。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間23分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 第三のローマ ~ テルティウス=ローマ

    アンカラの戦いをめぐる物語

    14,300

    101


    2022年8月15日更新

    時は十五世紀初頭。西ヨーロッパ諸国は東のイスラーム教国であるオスマン帝国の圧迫を受けていた。防波堤であるビザンツ帝国は衰退はなだしく、その対応が求められていた。レコンキスタの途上にあってイベリア半島の雄でもある新興国カスティリヤ王国はさらに東から勃興しつつあったティムール帝国に目をつける。彼の国はかつてユーラシア大陸を席巻したモンゴルの末裔を称し、領土を拡大していた。さらにオスマン帝国の領土も狙い、両国は雌雄を決する対決に向かっていた。この状況を踏まえ、カスティリヤ王国はティムール帝国との同盟によりオスマン帝国の圧迫に対抗することを決意する。派遣された外交団を狙う刺客。その窮地を救う謎の集団。オスマン帝国の『稲妻』とも称されるスルタンバヤジットと、暁のごとき勢いで西に領土を拡大するティムールの対決。アンカラの戦いの中に埋もれた、忘れられた物語を、今綴ろう。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 人生を見据えた創作論

    批判、批評お待ちしております

    18,223

    0


    2022年8月11日更新

    周囲を見渡しても、創作界隈全体を見てもはっきり言ってメンタルが弱すぎる。 メンタルの弱さは創作をする才能がない一つだと身共は断言する。文章力より構成力より、何より大事な才能の一つ。 そんなところを語りながら、どこにゴールを見定めるのかということについて駄弁っていきたいと思う。 先に結論を語っておこう。 今、貴方や貴女は余裕がないんです。 そんな余裕を少しでも持てるようになれば幸いです。

    読了目安時間:37分

    この作品を読む