文芸/純文学 短編 完結済

ひもすがら、満開

作者からの一言コメント

知らない気持ちの答えを探している。

読了目安時間:3分

ひもすがら、満開の表紙

ちいちゃんと見た打ち上げ花火。ちいちゃんは私よりも色々なことを知っている。 夏マラソン二週目「打ち上げ花火」 短編連作になっています。 一週目→https://novelup.plus/story/759613338

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ひもすがら、満開
作者名 椿木るり
ジャンル 文芸/純文学
タグ 夏マラソン2週目
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年7月17日 10時58分
最終投稿日 2021年7月17日 10時58分
完結日 2021年7月17日 10時52分
文字数 1,725文字
読了目安時間 3分
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 14件
ビビッと 3件
応援ポイント 12,300pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • LOST SPELL MAG(ロストスペルマグ)

    群像劇風。ゆったりファンタジー。

    93,600

    1,320


    2021年7月26日更新

    【縦書き表示おすすめです!】 「この世界の俺は、魔王を倒した魔法使い……でも、今は記憶喪失で中身も別人!? そもそもこれは本当に異世界転生なんだろうか……?」 目覚めた主人公の前にいたのは、角と尾と翼を持つ竜の少女・ストランジェット。 彼女は主人公の姿の人物を慕っており、蘇り帰ってきたと喜ぶが主人公には記憶がなかった。 わかっているのは、体の主・マグ=自分じゃないということぐらい。 港街で真面目な剣の精霊・アプスや、街を警備する王国騎士団の銀蜂隊員達(ちょっと不良)と出会いながら、マグの活動地点である魔法学校へ。 魔法学校で教師に再任し子供達に教えを説くため、同僚の女教師・ビアフランカと勉強会。 そこでマグには魔法辞典(スペルリスト)と呼ばれる力が有ることを知る。 そうこうしているうちにみたとある竜との別れの夢。 街にはその竜に関する事件が起き、原因を突き止めるためマグは騎士達と再会することになり……。 理論上は強くてニューゲーム。だが、記憶がないせいで今はただの巻き込まれ主人公に?! 剣と魔法あり、技術の発展した機械都市からの輸入品あり、魔王が滅びた後の世界で個性豊かな登場人物達とおくる群像劇ファンタジー。 戦闘・残酷描写・異種男女恋愛・ギャグほのぼの・ダークシリアス、若干ミステリーやホラー、軽めのスケベや微ハーレム、百合、女性向け要素なども話によっては含みますが本筋はゆっくり進むテンプレっぽいファンタジーです。 チートやステータス表示はありません。主人公よりサブキャラのほうが強いかも。 ―――――――――――― 第1話のみ主人公目線で一人称視点。2000文字程度。それ以降は三人称もあり~4000文字。 名前のある登場キャラ全員でお話が繋がります。 どのヒロインも(男キャラも)攻略できちゃいそう!な感じで、ちょっぴり懐かしいRPGゲームのようなお話を目指して執筆中です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間53分

    この作品を読む

  • 微笑う死神の追憶

    それは、果てのない無限の旅路

    15,800

    200


    2021年7月19日更新

    およそ20万年。途方もない年月を歩き続けた不老不死の女性、エドナがいた。 エドナは幾多の出会いと別れを繰り返していくうちに、いつしか人々から『死神』と呼ばれるようになるが、それでもエドナは微笑いつづける。彼女は、この世界の全てを愛していたからだ。 そんな彼女が旅の途中、ふとした拍子に頭の中に浮かんだ声が誰のものか、記憶を辿ってみることにした。彼女は思い出す。愛しい人が生きていたこの世界を。愛しい人が生きていくこの世界を。 家族を失った者、家族を置いていく者。 夢を叶えた者、夢に殺された者。 欲望のままに生きた者、夢のために生きた者。 何もかも失った者、何かを手に入れた者。 あらゆる『人』が、彼女の記憶の中で生きていた。

    読了目安時間:46分

    この作品を読む