詩/短歌 短編 完結済

太陽に恋をした

作者からの一言コメント

船長さん自主企画「海と船の発表会」参加作

船長さん自主企画「海と船の発表会」参加するために書き下ろした詩です。 悩んでいても前向きな気持ちになれますようにという思いを込めました。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 太陽に恋をした
作者名 呂兎来 弥欷助(呂彪 弥欷助)
ジャンル 詩/短歌
タグ 海と船の発表会
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年2月22日 19時09分
最終投稿日 2021年2月22日 19時10分
完結日 2021年2月22日 19時08分
文字数 240文字
ブックマーク登録 2件
コメント 2件
スタンプ 13件
ビビッと 3件
応援ポイント 5,850pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 目指せ年内完結!

    ♡11,400

    〇75

    異世界ファンタジー・連載中・62話・274,755字 シエル・カプリス

    2021年3月1日更新

    ■注意書き■ 当作品に出てくる登場人物・組織・国家はフィクションであり、実在する人物・組織・国家とは関わりを持ちません。 一部グロ・エロ表現含むことがございます。 ■お知らせ■ 10/12 タイトルと章の表示の仕方を変更いたしました。 ■あらすじ■ 奇形種と呼ばれる生物の脅威に晒された世界。 そこで十年前に人類の敵として討伐された奇形腫は二人の子供を育てていた。 一切の抵抗をせず子供を逃がそうとしたが惨殺され、彼も命を散らした。 死んだ子供達に、 「お前達を愛している」 といい残して。 雨のプラットホーム、主人公のソルトは空を見上げる。 覆われた空の向こうに思いを馳せるように。 駅のホームで出会った巨漢の男は奇形腫討伐組織【紅の空】の第七部隊隊長イクシ・ブロードとの再開で彼の運命は大きく動き出す事になる。 これは強引に第七部隊副隊長に任命されたソルトの活躍を描く物語――ではなく、惨殺された二人の少年が行き着く一つの【空】のお話……に繋がる一つの軌跡。 【奇形種は人類の敵であり、能力者は奇形種に対抗する希望となるだろう。 だが人々はいずれその希望の灯すら、敵と罵り貶める時が来るだろう。 ならば人と奇形種と堺はどこにあるのか…… ――アルベド・ハルベル】 今ここに第一の空の物語が動き始める。 死に逝く空の向こうで奏でられる第一の物語。

  • ❤️毎週更新 最新話、イラストあり〼

    ♡379,551

    〇7,590

    異世界ファンタジー・連載中・123話・394,290字 不適合作家エコー

    2021年2月28日更新

    プロットあり ‪https://novelup.plus/story/406532720‬ 現世では男だった主人公は負けるとご褒美映像のあるアダルトゲームの女主人公に異世界転生してしまった。 負けると強くなる世界でこれを拒む主人公、主人公を敗北に導くべくあの手この手で無理難題の罠を張る国王。 果たして無敗攻略を達成できるのか?

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る