異世界ファンタジー 長編 連載中

時渡り令嬢の可憐な日常生活~悪役疲れで禁断の時渡りの術に手を出した私、なぜか憎き過去のやり直しですわ~

作者からの一言コメント

一つの愛を信じた二人の出逢い。

読了目安時間:1時間45分

総エピソード数:17話

真っ当な令嬢に会うたびにどんどん悪役になっていくことに疲れ果てたセレナーデ。 このことをだれにも告げられずにいたのか変わり映えのしない森でつい愚痴を零してしまった。 セレナーデは独りだと思っていたが実は宮廷時魔術師イシュタルに全て聞かれていた。 悪役だと正直になれないが実はセレナーデはイシュタルに恋をしていた。 宮廷時魔術師イシュタルはセレナーデの気持ちに気付いており禁断の時渡りの術を教えてしまう。 二人の恋の暴走が生むのは幸福か悲劇か。それは過去に戻らないと分からないことだった。

総エピソード数:17話

作品情報

作品名 時渡り令嬢の可憐な日常生活~悪役疲れで禁断の時渡りの術に手を出した私、なぜか憎き過去のやり直しですわ~
作者名 結城辰也
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス ほのぼの 女主人公 ちょい悪役令嬢 西洋風 転生/転移 スローライフ? 日常 R15? ハッピーエンド?
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2022年9月30日 19時06分
最終投稿日 2022年11月7日 6時09分
完結日 -
文字数 52,319文字
読了目安時間 1時間45分
総エピソード数 17話
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 33件
ビビッと 3件
応援ポイント 11,100pt
ノベラポイント 50pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ドリームウォーカーは夢を見ない~水滸ストレンジア異聞~

    これは「世界」を渡り歩く者の物語である

    300

    0


    2022年12月9日更新

    少女・燕青が目を覚ますと、そこは見知らぬ大都市だった―― わけもわからぬまま兵士達に襲われ、なんとか撃退するも、なぜ自分がこんな場所にいるのか、いったい自分は何者なのか、まるでわからない。 なぜなら、燕青は記憶を失っているからである。 自分のことを救ってくれた少女・林冲から話を聞いている内に、自身を取り巻く状況について次第に理解していく。 それは、呪われた少女達「仙姑」と帝国との戦いについて。そんな「仙姑」達の命運を、どうやら自分は握っているらしい。 わけもわからぬまま、戦いに巻き込まれた燕青は、やがて強大な敵と対決することになる―― ノベルピアで連載中『水滸ストレンジア』の外伝でありながら、物語の根幹に関わる重要な前日譚、ここに開幕! ※他サイトにも重複投稿中。

    読了目安時間:42分

    この作品を読む

  • シシ狩り!〜自分の正義を貫いた結果、パーティを追放されたけどまあいいか!俺は自分の夢を信じて突き進むだけだ!〜

    オークを助けたら追放された!

    7,000

    0


    2022年12月9日更新

    「てめえ、いい加減にしろよ!」 そんな一言でこの物語は始まった。 英雄を目指す冒険者である、エヴァンソ・ドンキホーテは、冒険者ギルド内で起こったオーク差別を目の当たりにしてしまい、正義感からオーク差別していた、冒険者に喧嘩を仕掛ける。 オークから感謝されるドンキホーテだったが。しかし普段から持ち前の正義感のせいで喧嘩を起こし、パーティのリーダーに煙たがられていたドンキホーテはついにこの喧嘩のせいで追放させられてしまう。 落胆するドンキホーテ、そんな中彼を救う一言が投げかけられる。 「私とパーティを組まないか?」 その言葉を投げかけた主は、差別から助けたオークだった。 小説家になろう様からの転載です!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間11分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 青い少年は最初で最後の恋を知る

    甘~いイケメン宇宙人は一途な片思い中!

    6,500

    34


    2022年12月8日更新

    志穂は学校帰りの公園で、制服を着た青いイケメン宇宙人「タケル」が鉄棒で大車輪をしている姿を見てしまう。 志穂にだけ見える青い姿。そして何故かタケルに迫られる志穂。 学園ドラマあるあるが、青いだけでこんなに違ってくる!? ほのぼのラブコメ。

    読了目安時間:4時間4分

    この作品を読む

  • Parfumésie(内容修正済み)

    音よ、香れ。

    24,700

    100


    2022年12月8日更新

    フランス、パリの12区。 ヴァンセンヌの森にて、ひとり佇む少女は考える。 憧れの調香師、ギャスパー・タルマに憧れてパリまでやってきたが、思ってもいない形で彼と接点を持つことになったこと。 そして、特技のヴァイオリンを生かした新たなる香りの創造。 今、音と香りの物語、その幕が上がる。 ※イラストは「▼G3(三里)」様です。 話が重複している箇所と、順番が間違っている箇所がございました。申し訳ありません。

    読了目安時間:38分

    この作品を読む