異世界ファンタジー 短編集 連載中

星灯りと明けない夜

作者からの一言コメント

旅人は星の光のランタンを手に暗闇を進む

読了目安時間:7時間21分

総エピソード数:64話

星灯りと明けない夜の表紙

太陽も月も星もなくなってしまった、真っ暗な世界。 けれども『星油ランタン』を手に暗闇の中を旅する人々の物語。 連作短編。ふと思い出した時や、眠れない夜にでも読んでください。 次回更新予定日【ひとまず八月はお休み】 ※連載期間中は基本的に週一回更新していきます。 ※カクヨム、なろう、エブリスタでも公開しています。

総エピソード数:64話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 星灯りと明けない夜
作者名 ひゐ(宵々屋)
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ファンタジー ハイファンタジー 連作短編 複数主人公 シリアスもあり ほのぼのもあり 縦組み表示推奨
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年11月8日 1時00分
最終投稿日 2022年8月6日 21時36分
完結日 -
文字数 220,455文字
読了目安時間 7時間21分
総エピソード数 64話
ブックマーク登録 14件
コメント 1件
スタンプ 21件
ビビッと 1件
応援ポイント 44,100pt
ノベラポイント 300pt
応援レビュー 1件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 神とモフモフ(ドラゴン)と異世界転移

    なろう、アルファポリス、カクヨムも投稿中

    291,400

    5


    2022年10月1日更新

    助けた女の子が神様? しかもその神様に俺が助けられたの? 助かったのはいいけど、異世界に行く事になったって? これが話に聞く異世界転移ってやつなの? 異世界生活……なんとか、なるのかなあ……? なんとか異世界で生活してたら、今度は犬を助けたと思ったらドラゴン? 契約したらチート能力? 異世界で俺は何かをしたいとは思っていたけど、色々と盛り過ぎじゃないかな? ちょっと待って、このドラゴン凄いモフモフじゃない? 平凡で何となく生きていたモフモフ好きな学生が異世界転移でドラゴンや神様とあれやこれやしていくお話し。 基本シリアス少な目、モフモフ成分有りで書いていこうと思います。 1話2800文字~3500文字以内で投稿させていただきます。 この作品は小説家になろう、アルファポリス、カクヨム、マグネットマクロリンクにも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:114時間54分

    この作品を読む

  • 魔ノ狩人

    魔獣に抗する少年と少女が歩むファンタジー

    0

    0


    2022年10月1日更新

    ──世界は、魔に蝕まれていた── 魔に飲まれた哀れな成れの果て『魔獣』が闊歩し、それを銃によって狩る者たち『魔狩人』が躍動する世界。魔獣が生み出す『霧』の中は凶悪な魔獣たちだけでなく、時には手段を選ばない同業者までもが命の奪い合いに興じる狩場となる。そんな命懸けの地に若い魔狩人の少年、セナは幾度となく身を投じていた。 彼はある時、魔導士の少女、リーゼと出会う。魔狩人としての生き方しか知らなかった少年と、復讐に囚われた少女の出会い。そこから歩んでいく道筋が、波乱と混沌を引き起こす様を描くファンタジー。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 万聖節悲哀話【短編】

    学生時代から厭な奴だった……

    8,700

    0


    2021年11月3日更新

    ハロウィンの日、学生時代から嫌いだった厭な男、ビルから『失恋した』という電話がかかって来た。 彼は酒を煽り、時には涙を零しながら、その失恋話を延々と続ける。カボチャや魔女が犇めき合い、お菓子が山と積まれる部屋で。 ハロウィンの今日、ビルはその子と逢う約束をしていたのだ。それなのに、その子は来なかった。 きっとその子は、昨年の万聖節に、元の世界へ帰り損ねた妖精だったのだ。だから、今年、元の世界へと帰って行った。 来年のハロウィンには、きっとビルのところへお菓子をねだりにやって来る。 ビルの愛した妖精は、そう思えるほどの愛らしい子だった。

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • ドラゴン戦役

    ドラゴンを主軸とした超大型ファンタジー‼

    221,300

    33


    2022年9月30日更新

    この作品はドラゴンをメインに据えた、自身初の超大長編ファンタジーです。 約二〇〇〇年前、人類は滅びの道を選んだ。人類は核兵器と呼ばれる恐ろしい兵器を用い、自滅した。そして放射能により、恐ろしく巨大な化け物を生み出した。鳥たちの一部が変異を遂げたのだ。さらなる太古に存在していたとされる恐竜が、その姿を鳥へと変えて生き延びたように、今度は恐竜よりもっと恐ろしい怪物、ドラゴンへと姿を変えた。その結果人類は、その数をおよそ全盛期の一〇〇分の一以下にまで減らしてしまったのだ。 人類はドラゴンによって空を支配された。制空権を失った。 人類は異形の者によって海を支配された。制海権を失った。 ドラゴンが支配する空域”レムレース空域”には、ドラゴン達を束ねる強大な闇のドラゴンが存在する。 闇のドラゴンはドラゴン以外の種族を消し去ろうとした。しかしそれに反対したのが、四体の偉大なドラゴンだ。 光のドラゴン”レフレオ” 炎のドラゴン”エタンセル” 水のドラゴン”アルウェウス” 風のドラゴン”ブリューム” 彼ら四体の偉大なドラゴンは、闇のドラゴンの考え方に反対し、それぞれ地上に降り立った。そして彼らは地上の人間達を守護するため、空のドラゴンたちが地上にやってこないように、共同で結界を張った。地上と空をわけたのだ。 人類は四体の守護竜に守られながら、非常に長い時間をかけて四つの国を作り、それぞれの守護竜の名前をその国名とした。 そんな中、神話に登場する光の後継者の名を継いだ男、ハンス・ロータスは、守護竜の血を引く相棒、四足竜レフレオと共に、空と海の主導権を取り戻すための戦いに身を投じていく。 これは神話の名を継いだハンスと、守護竜の血を引くレフレオの、人類の存亡を懸けた冒険譚! 金土日の週3日更新でやっていきますので、よろしくお願いしますm(_ _)m

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間45分

    この作品を読む