異世界ファンタジー 短編集 連載中

星灯りと明けない夜

作者からの一言コメント

旅人は星の光のランタンを手に暗闇を進む

読了目安時間:7時間49分

総エピソード数:68話

星灯りと明けない夜の表紙

太陽も月も星もなくなってしまった、真っ暗な世界。 けれども『星油ランタン』を手に暗闇の中を旅する人々の物語。 連作短編。ふと思い出した時や、眠れない夜にでも読んでください。 次回更新予定日【ひとまず2月はお休み】 ※連載期間中は基本的に週一回更新していきます。 ※カクヨム、なろう、エブリスタでも公開しています。

総エピソード数:68話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 星灯りと明けない夜
作者名 ひゐ(宵々屋)
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ファンタジー ハイファンタジー 連作短編 複数主人公 シリアスもあり ほのぼのもあり 縦組み表示推奨
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年11月8日 1時00分
最終投稿日 2023年1月14日 22時22分
完結日 -
文字数 234,550文字
読了目安時間 7時間49分
総エピソード数 68話
ブックマーク登録 18件
コメント 1件
スタンプ 28件
ビビッと 3件
応援ポイント 51,300pt
ノベラポイント 750pt
応援レビュー 1件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ニーヴの花束

    好きなように書いている、うちよその話。

    0

    0


    2023年2月4日更新

    エリート軍人と敵対組織の化け物が恋に落ちるお話。 ※こちらの話はフォロワーと二人で考えている話です※ ・魔法 ・異種族 ・ファンタジー 等、いろいろ何でもありの世界観してます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:47分

    この作品を読む

  • 「知恵の塔の賢者」と呼ばれる少女は魔法学校に行く

    魔法の経験のない少女は魔法学校に行く

    0

    0


    2023年2月6日更新

    異世界「グレンゲール」にある大国エルナンド王国の首都アトラルには、世界中の知恵がつどっていると言われる塔がある。 その名も「知恵の塔」。 知恵の塔には「知恵の塔の賢者」と呼ばれる人物が住んでいて、その「賢者」の存在は世界中の誰しもが知っていると言えるぐらい有名である…… ◇ 当代の「知恵の塔の賢者」ことアメリア・ハークレイは、その知識と頭脳を買われ知恵の塔の賢者になっていた。 そんなアメリアの11歳の誕生日に、一通の手紙が届く。 それは名門魔法学校「フランセット魔法学校」からの手紙だった。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ドラゴン戦役

    ドラゴンを主軸とした超大型ファンタジー‼

    282,000

    33


    2023年2月5日更新

    この作品はドラゴンをメインに据えた、自身初の超大長編ファンタジーです。 約二〇〇〇年前、人類は滅びの道を選んだ。人類は核兵器と呼ばれる恐ろしい兵器を用い、自滅した。そして放射能により、恐ろしく巨大な化け物を生み出した。鳥たちの一部が変異を遂げたのだ。さらなる太古に存在していたとされる恐竜が、その姿を鳥へと変えて生き延びたように、今度は恐竜よりもっと恐ろしい怪物、ドラゴンへと姿を変えた。その結果人類は、その数をおよそ全盛期の一〇〇分の一以下にまで減らしてしまったのだ。 人類はドラゴンによって空を支配された。制空権を失った。 人類は異形の者によって海を支配された。制海権を失った。 ドラゴンが支配する空域”レムレース空域”には、ドラゴン達を束ねる強大な闇のドラゴンが存在する。 闇のドラゴンはドラゴン以外の種族を消し去ろうとした。しかしそれに反対したのが、四体の偉大なドラゴンだ。 光のドラゴン”レフレオ” 炎のドラゴン”エタンセル” 水のドラゴン”アルウェウス” 風のドラゴン”ブリューム” 彼ら四体の偉大なドラゴンは、闇のドラゴンの考え方に反対し、それぞれ地上に降り立った。そして彼らは地上の人間達を守護するため、空のドラゴンたちが地上にやってこないように、共同で結界を張った。地上と空をわけたのだ。 人類は四体の守護竜に守られながら、非常に長い時間をかけて四つの国を作り、それぞれの守護竜の名前をその国名とした。 そんな中、神話に登場する光の後継者の名を継いだ男、ハンス・ロータスは、守護竜の血を引く相棒、四足竜レフレオと共に、空と海の主導権を取り戻すための戦いに身を投じていく。 これは神話の名を継いだハンスと、守護竜の血を引くレフレオの、人類の存亡を懸けた冒険譚! 金土日の週3日更新でやっていきますので、よろしくお願いしますm(_ _)m

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間28分

    この作品を読む

  • 最強の女騎士さんは、休みの日の過ごし方を知りたい。

    彼女は知る。休日を満喫するという事を――

    422,271

    5,060


    2023年2月5日更新

    ―― 王国歴 221年。 世は混迷を極めていた。 魔物、魔獣の襲撃に王国の防御は疲弊し、民の恐怖は限界に達す。 その混乱の世に、光が差し込む。 王国騎士団。 剣技、知略、諜報に優れたその集団の活躍は瞬く間に国全土に広がり、平和と安寧をもたらすのであった。 エリートばかりの騎士団の中での、絶対的エースの存在がその活躍の源。 ルーティア・フォエル。別名『稲光の騎士』。 雷光のように鋭く、伸びる穂先のように枝分かれする華麗な剣技を持つその騎士は――女性であった。 これは、彼女の闘いの―― ――ではなく。 彼女の、『休日』との闘いの記録である。 生まれも育ちも城で育った彼女は、幼い頃から国のために剣技に明け暮れていた。 そのため、彼女は『休む』事を知らない。自分の身体は国のため、民のためにあると、信じていた。 しかし、国王の心配は増すばかり。 若く美しい女騎士は、未だに自分の人生を全くといっていいほど謳歌していないのであった。 国王は告げる。「休日を満喫する事」を。 そして、王国からの刺客により、ルーティアは知るのだった。 ――『休日』を。 ※この作品の世界観は『極めて現代日本に近いファンタジー世界』です。緩い目で見ていただけると幸いです。 ※一話につき七分割しています。不定期連載となっております。 ※この小説は他サイトと重複投稿を行っております。 ※表紙イラストは ゆせーぺん さん(@glenlivet_speys)に描いていただきました!ありがとうございます。

    読了目安時間:12時間19分

    この作品を読む