文芸/純文学 短編集 完結済

終わりの色

作者からの一言コメント

いろいろな世界の滅び

終末の短編集。 「蒼の砂漠」 …人を殺し楽園を追放された男が、砂漠の果てで見るものは。 「緑の黒髪」(SF) …荒廃した故郷の星を捨てた彼らは、不毛の星にたどり着く。 「すべてが白になる」(異世界転生) …異世界に転生した「私」は神さまから「この世界を滅ぼしてほしい」と依頼される。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 終わりの色
作者名 孫野ウラ
ジャンル 文芸/純文学
タグ シリアス 異世界ファンタジー SF 終末 滅亡 転生/転移
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年4月13日 22時01分
最終投稿日 2020年4月16日 20時26分
文字数 17,085文字
ブックマーク登録 9件
コメント 1件
スタンプ 18件
ビビッと 1件
応援ポイント 15,900pt
ノベラポイント 220pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ボツキャラクターにも人生はある。

    ♡362,397

    〇8,283

    童話/絵本/その他・連載中・47話・192,368字 八番出口

    2020年10月25日更新

    ギャグ作品のボツキャラクター、春心と朱音。 SF作品のボツキャラクター、しづく。 ミステリー作品のボツキャラクター、メーベル。 ファンタジー作品のボツキャラクター、ルシア。 彼女たちはいま、現実世界で生きている。 これは“作者”に捨てられてしまった少女たちを中心に回る、日常と青春の記録。 ボツになったキャラクターのその後のお話。 ◯日常系コメディを起点にしつつ、登場人物によって物語のジャンルやテイストが変化する、ちょっと不思議なお話です。 ※カクヨム、エブリスタにも掲載中です。 ※不定期投稿です。

  • 妖魔師第二部、新たな戦いが始まる。

    ♡8,500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・4話・13,762字 ぷりん頭

    2020年10月27日更新

    梓玉蓮を倒し、春海に、妖魔師たちに平和が訪れていた。 以前より充実した学校生活を送る秋だったが、怪魔界での謎の怪魔が頭から離れることは無く、それが心残りだった。 静まり返る春海の深夜。 白蓮とともに、怪魔の出現がないか春海を歩く秋たちは突然辺りから漏れ出した妖気の原因を探るべく小さな祠の場所に向かった。 他の妖魔師たちも集まったところで、夜空に光り輝く青色、朱色、白色、黒色の珠が現れ、祠から発せられる妖気を吸いあげた。 すると四つの珠の中心に、黄金に輝く珠が出現したかと思えば、四つの珠は四散し、黄金に輝く珠は錆びたように汚れ足元に落ちるのだった。 そして事態は急変していく。 各地に巡るこの世を支える霊脈が、昨晩突如として乱れ、世界は崩壊の危機に陥ったのだ。 霊脈の根源である、【王龍の魂】が何者かによって犯され、光を失ったことで均衡を保てなくなり、霊脈の守り主である四聖獣たちも居場所を失い、その魂が四散してしまったのだ。 一刻を争う事態に妖魔師たちは四聖獣を従えて、何者かによって犯された、王龍の魂の光を取り戻す使命を与えられた。 待ち構えるのは茶髪の少年と緑髪の少女。 そして不気味に笑うもの。 妖魔師たちの新たな戦いの火蓋がきって落とされた。 第二部 四聖獣の魂始まり始まり(10/13)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る