恋愛/ラブコメ 短編 連載中

約束の場所へ

作者からの一言コメント

1話あたり2分以内に読めるのでお気軽に!

受験生になった高校3年生の轟重徳は、勉強しに訪れた図書館で同い年の少女に恋をする。同じ受験生だということもあり、2人の距離は次第に縮まっていき、2人の間である約束を交わす。ところがその先には幾多の試練が待ち構える。 果たして2人は試練を乗り越えて互いに約束を果たすことができるのか。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 約束の場所へ
作者名 HagureJinto
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 恋愛 青春 高校生 学生 受験 約束
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年10月22日 20時44分
最終投稿日 2019年10月25日 8時19分
文字数 6,761文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • イチャラブだけがラブコメではありません

    ♡32,000

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・25話・83,679字 まきしま鈴木

    2020年11月29日更新

    「幼馴染に恋愛感情を抱くわけがないわ」 そう言って失笑したのは隣に住む雨ケ崎という女子高生だ。 確かにと相槌を打つ俺は群青といい、彼女とクラスメイトの仲である。 うなずいたのは彼女の言いぶんがもっともだと思ったからだ。 しかし気になる点がひとつある。毎日のように俺の部屋にいて、ゲームをしたり散歩をしたり、あまつさえ食事をしたり一緒に寝たりするのは幼馴染としてもいかがなものだろう、と。 電気を消しながらふと思う。 ……この状況、さっき言ったことと矛盾してない?

  • ほんのり甘くて、ちょっぴり苦いラブコメ。

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話・10,529字 大江戸ハマチ

    2020年11月29日更新

    私立大隈高校には『文化部神話』というジンクスがある。「文化部に入部した生徒は、一生幸せになれる」という、曖昧ながらも夢のある言葉に、多くの高校生たちが魅せられていた。 そんな評判を知らないまま、三河隼人はただ「平和な文化部」を求めて大隈高校へと入学する。彼は初日にいきなり隣の席の少女・出雲杏に迫られ、「茶会部」という公式な説明のない部活へと訪れることになった。そして、校舎の片隅に佇む部室へと向かった2人が見た光景とは――――。 ほんのり甘くてちょっぴり苦い、小さな文化部から紡がれるスクールラブコメディ。