最強魔力を手に入れ 魔王と呼ばれたぼっちは 人生をやり直すため 未来へ転生しました 〜来世の世界は魔法が衰退していたようです〜

読了目安時間:5分

エピソード:3 / 4

3話

 俺は前世で剣術をした事は無く、現世で父に鍛えてもらっただけだった。  だから、俺は剣の腕に自信が無かったのだ。  そんな俺を見て、父は微笑みながら口を開く。 「強くなったさ……自信を持っていいんだぞ。そういえば、村の外には魔物がいるが……。まあ、サクヤなら倒せるレベルだろうな」  父はそう言いながらも、心配する親心からか、俺に無理をするなと願う気持ちを込めて頭を強く撫でた。  俺は父の心配する言葉が嬉しかった。  それだけで剣術にも、自信が持てた気がしたのだ。  そして、前世には無かった、親という存在の大切さや温もりを知ることができた。 「もちろんだ。無理はしないさ」  俺は父にそう言って約束した。  ここまで育ててくれた父に、恩を仇で返すような真似はしたくないから。 「それならいいが。……さて、旅立ちを決意するサクヤに……いや、鍛錬を卒業するサクヤにこの剣を授けようか」  父はそう言って、俺に鋼の剣を手渡そうとした。  俺はそれを見て声が漏れた。 「これは……?」 「これは鍛錬の時の木刀とは違って真剣だ。慣れるまでは違和感があるかもしれないが、そのうち慣れてくるだろう」  父はそう言って、俺にニカッと歯を見せて微笑んだ。 「ありがとう、父さん」  俺はそう言って、笑顔で受け取った剣を抱きしめた。  こうして父と最後の剣術の鍛錬が終わったのだ。  そして聖魔法学園入学試験前日の朝を迎えた。  学園がある王都までは一〇〇キロ程の距離しかないので、走っても十分間に合うだろう。  これから必要な物が準備できているか、念のため収納魔法で収めた中身を確認しておく。  うん、準備は大丈夫だろう。 「サクヤ、ついにこの村を旅立つ時が来た。今までの成果をしっかり出してくるんだぞ!!」  父は寂しくなる気持ちを隠すかのようにそう叫んで、俺に笑顔で手を振った。 「わかってる! 父さん……色々とありがとう」  俺も父に感謝の言葉を伝えて、後ろを振り向く事なく王都を目指して走り始めた。  父は俺の姿が見えなくなるまで、手を振り続けて見送ってくれた。  自分が決めた人生だ。  今度こそ後悔しないようにしなければ!!  俺はそう心に誓いながら走り続けた。  ◆◇◆  王都に向けて走っていた俺の目の前に、一匹の大きく鋭い爪と歯を持つ狼の魔物ファング・ウルフが現れた。  転生後に以前の記憶に残っている魔物と遭遇するとは……。 「さて、父さんと鍛錬した剣術が、どこまで通用するかためしてみるか」  ファング・ウルフも俺に気付いたみたいだ。  こちらに全速力で迫り鋭い爪を振りかざしながら飛びかかってきた。  俺も剣を構え攻撃に備えるが思っていたより遅い。  これなら父の剣の動きの方が何倍も速いぞ。  鋭い爪を躱しながら剣で前足ごと切断して、片足を失い着地でバランスを崩したファング・ウルフに剣を突き刺す。 「グアァァァァァァ……」  ファング・ウルフは断末魔をあげ絶命した。 「このくらいの相手なら大丈夫そうだな」  初めての実戦だったが焦ることなく対処できたし上等かな。  剣についた血を振り払い鞘に収めて、俺は王都へ向かい走り出した。  すっかり日も暮れてしまったが、俺は村を旅立ったその日のうちに無事に王都へたどり着いた。  ガタイのいい衛兵が王都の入り口の両脇に立っている。  それに村と違って、暗くなっても外に人が多くいる。  酒場からは賑やかに談笑する声が聞こえ、屋台からは肉の焼けるいい香りが漂う。  前世から人混みと無縁だった俺にとって、それは異世界に来てしまったかのような、衝撃的な印象を受けてしまう程だった。  俺は屋台に寄って夕食を適当に済まして、宿屋へ向かった。  明日は入学試験。  今まで試験なんてやった事がないので多少の不安はあるものの、しっかり休んで備えることにした。  翌朝──── 「坊主、魔法学園の試験を受けるのかい?」  宿屋の店主が俺に尋ねてニヤリと笑った。 「そうだが……どうかしたのか?」 「最近は試験のレベルが高いって聞いてるから、大変だと思うけど頑張りなよ!」  店主は俺にそう言って激励してくれたのだ。  なんて愛想の良い人なのだろうと、つい感動してしまった。 「試験の事を知ってるのか?」  俺は店主に興味本位で尋ねた。 「今の試験の事は知らないな。これは過去にウチに泊まった受験者達の話だよ。まあ、とにかく頑張れよ!」  店主はそう言って、笑顔で俺を見送ってくれた。 「ありがとう」  店主に一礼して、俺は学園へ向かった。  学園に到着すると試験を受けに来たのだろう、五〇人くらいの人が集まっていた。  その人集りから少し離れたところにある小さな木。  その下に受験票を握り締め下を向いている少女が、一人で立っている。  俺は周りから浮いている少女が気になってしまい、歩いて近寄ってみた。 「君も受験するんだよね?」  俺は少女に勇気を出して話しかけた。 「えっ……?」  急に声をかけられて驚いた様子で、少女は俯いていた顔を上げる。  綺麗な金髪に、吸い込まれてしまいそうな透き通った碧眼。  か、可愛い……ちょっと緊張してきた……。 「そうだけど……あなたも?」  じっと見つて少女は俺に尋ねる。  そんなに見つめられると照れてしまう。 「あ、ああ……そうだよ」  俺が返事をしたあと、少し沈黙が続いた。  何か話さないと……この『間』は気まずい。 「アリア……私の名前……。あなたは……?」  沈黙を破ったアリアは、そう言って俺を見つめる。  アリアっていうのか……よし覚えた、絶対忘れない。 「お、俺はサクヤだ。よろしく」  俺も自己紹介をした。 「サクヤ……?」  アリアは俺を見つめながら言った。  ごめんなさい、それ以上見つめないでください。  ドキドキで試験どころじゃなくなっちゃうんで…。 「魔王と同じ名前……」  アリアの言葉は予想外のものだった。 「え? ……魔王?」  魔王って、前世の時代に人間達の独断と偏見で生み出された俺の通称だよな? 「ごめん……なんでもない」  そう言ってアリアは視線を少し逸らした。  俺がアリアともう少し話そうと思ったその時、校舎から1人の男が出てきた。 「入学試験を受ける人はついて来てください!」  その男は試験官と書かれた腕章を巻いていて、受験者に指示を出す。  そして受験者が少しずつ校舎に入り始めた。 「それじゃ、俺らも行こうか」 「……うん……」  俺とアリアも他の受験者の後を追って校舎に入った。  そして、試験会場となる教室に入り席に着くと、すでに待機していた試験官が受験生を見渡した。  そういえば筆記の勉強は全くしていなかったな……。  魔法に関する内容ならある程度のことは理解しているつもりだから、大丈夫だと思うが……。 「それでは今から筆記試験を始めるが、不正と思われる行為、途中退出は一切認めない。では、試験始め!」  試験官の一声で一斉に紙をめくる音が教室に響いた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  •         【 R·O·S·E 】

          女主人公の学園ファンタジー

    155,655

    470


    2022年5月1日更新

    ▼ 女主人公のダークファンタジー ▼ ▼ 学園が舞台で設定も細かく丁寧 ▼ ▼ 壮大かつ無慈悲な世界をお楽しみください ▼ ───◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆─── 異物の異郷【ミスティルテイン】剣聖学園。 毎年、何百人もの入学生を迎える世界の中心にある剣の学園へ入学した女性【リディア・ローズ】は異郷での六年間を開幕させる。 不安定な安寧、不特定な混沌が蠢く世界の中心で、墓標に朽ちた【極剣】と新たな【極剣】を携え、復讐の華を咲かせる。 許しなど必要ない。自分にも誰にも、世界にも。 最低な選択でもいい。それで未来を一滴たりとも残さず奪えるのなら。 九年前に平凡な未来を奪われた少女が今度は未来を奪う、なんて事ない平凡を失った、少女達の復讐劇。 ───◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆─── ★ジャンル日間一位★ ★総合日間六位★ 一章【ローゼングレイヴ】だけでも是非一度!! ※最新話の約、3ヶ月から5ヶ月後 に章規模で更新※ ※ひとつの章、8万から10万文字程度※ 【R·O·S·E】の特設ページなるものを設置しました! R·O·S·E本編をより深く楽しめるようにタイミングを見て随時追加していこうと思っています。 活動報告なども設置しましたので、よかったら覗いて見てください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14時間44分

    この作品を読む

  • Dual World War

    異世界転移×ロボアクション

    1,012,200

    12,595


    2022年11月23日更新

    もし今日生きる世界が明日に繋がらないとしたら……あなたならどうしますか? 平坦で窮屈な毎日がガラリと様変わりして人知れず悦びます? あるいは、充実した日々を何の脈絡もなく奪われて涙します? この青年、ごく普通の高校生:水奈 亮(17)は現在まさにそんな状況下に置かれている。 『昨日』と同じような『今日』を過ごし、『今日』に似た『明日』を迎える、そう信じていたのに…… ◇◇◇ 『昨日』に通じるようで通じない世界。突如襲来した謎の存在:外来生物により既存の秩序・規則が崩壊し、人類は新たなる国家・制度・価値観のもとに生まれ変わろうとしていた。それは日本とて例外ではなく、実質的な首都:東京と人口の約60%という尊い犠牲を払いつつも、新たなる首都:神奈川県新都小田原のもとで立ち直りをみせていた。 しかし、そんな日々をまたしても危機が襲う。5年前に世界の理を強制的に変えた存在、外来生物が首都近くの海域:日本のEEZ域内に侵入したのだ。 突然の出来事。『昨日』とは全く異なる状況から逃れることも戸惑うことすらも許されず、ごく普通の高校生は『昨日』とは少し違う親友と全く異なる幼馴染らとともに、迫り狂う『滅亡の再来』に対し特殊装甲ARMAで挑む! それが人類に与えられた【最後の希望】だと告げられて…… ◇◇◇ 現代世界に似た世界を舞台にしたSF長編作品。異世界転移を基本ベースにしつつ、ロボットアクションに、政治的な駆け引きに、早熟で未熟な恋愛劇にと、自身が好きな要素を「これでもか!」と加えています。登場人物が割と多めですが、主役・準主役以外にもスポットライトは当てるつもり。毎回いろんなことを調べながら記しているので更新は週1程度ですが、どうぞ最後までお付き合いませ♪ 【ジャンル別ランキング日間1位獲得】(2022.11.02) 【ジャンル別ランキング週間1位獲得】(2022.10.08) 【ジャンル別ランキング月間1位獲得】(2022.10.15) 【ジャンル別ランキング年間4位獲得】(2022.11.02) 【総合ランキング日間1位獲得】(2022.09.28) 【総応援数1,300件到達】(2022.10.28) ※日頃よりのご支援・ご愛顧ありがとうございます(*'ω'*) ※表紙イラストは伊勢周様作(掲載許可取得済)(2022.10.29)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間39分

    この作品を読む