文芸/純文学 短編 完結済

読書キャンペーン開催中!

金木犀の森で

作者からの一言コメント

香りを頼りに金木犀を探す

読了目安時間:16分

総エピソード数:4話

高校生作家日暮夏美は、学園祭で感銘を受けた演劇の脚本を書いた人物が見下していたクラスメイトだったことを知り小説が書けなくなる。 ある時、金木犀の香りに釣られて入った公園で彼女は一番会いたくない人間と遭遇することになる。

総エピソード数:4話

作品情報

作品名 金木犀の森で
作者名 凪沙帳
ジャンル 文芸/純文学
タグ ぱりフラ断片 高校生 沓木 天才 日暮夏美 勝手に秋マラ1週目 変人 金木犀 屋上 かぼちゃ 紙飛行機 秋灯 どんぐり 引き潮
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年10月25日 7時00分
最終投稿日 2021年10月27日 7時00分
完結日 2021年10月27日 8時00分
文字数 8,213文字
読了目安時間 16分
総エピソード数 4話
ブックマーク登録 8件
コメント 0件
スタンプ 23件
ビビッと 1件
応援ポイント 28,200pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私の名前を当ててみよ

    ゴーストの問いに答えることが出来ないと?

    6,300

    6


    2022年5月16日更新

    古城ホテルを作ろうと格安なお城を見学に来た俺は、幽霊と出会ってしまった。 ノベプラ様の第2回勉強会参加作品。2作目。課題「名前の出し方」。この1話内で完結しています。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 男装少女は言い出せない

    男装少女の体験する、非日常。

    864,732

    24,915


    2022年5月20日更新

    人でないものが飛び交い彷徨う、そんな森に囲まれた小さな村で暮らしていた少女、シルヴィ。 唯一の身内である祖母の死をきっかけに村から出て仕事を探すが、村の外へ出て来てみれば人に騙され、村にはいなかった黒く気味の悪いものもそこかしこに見える。 男装して転がり込んだ廃屋のような教会で少年として雇われるが、雇った青年も普通じゃなかった。 女だってばれたら解雇かも? いやいや折角手に入れた衣食住、手放すわけにはいきません。 ※ふわっとした世界観で書いていますので、「そこはちょっと」と思われる個所も多々あるかもしれませんが、ご笑覧いただけたらと思います。 週に一、二度位更新できたらいいな、と思っています。 他のサイトにも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:15時間0分

    この作品を読む