ホラー 短編 完結済

康子の家

作者からの一言コメント

昭和のかをり漂うホラー

読了目安時間:24分

ろくでなしの癖に内心は臆病者のおれは、ある女のヒモになった。 小心さゆえ現実から逃避するためにどこか儚げな女に対して、おれは日常的に暴力を振るうようになる。 やがて暴力はエスカレートし……。

前へ

次へ

  • 投稿日2019/6/2 14:00 文字数2,336文字

  • 投稿日2019/6/2 14:04 文字数1,465文字

  • 投稿日2019/6/3 10:34 文字数1,222文字

  • 投稿日2019/6/4 10:12 文字数888文字

  • 投稿日2019/6/4 10:14 文字数677文字

  • 投稿日2019/6/5 12:44 文字数993文字

  • 投稿日2019/6/6 12:20 文字数571文字

  • 投稿日2019/6/6 12:26 文字数2,435文字

  • 投稿日2019/6/7 12:27 文字数1,426文字

  • 投稿日2019/6/7 12:29 文字数181文字

前へ

次へ

作品情報

作品名 康子の家
作者名 岩永和駿
ジャンル ホラー
タグ ダーク 和風 現代日本 DV 昭和 異形 暴力 ヒモ ノベプラオンリー
セルフレイティング 暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年6月2日 14時00分
最終投稿日 2019年6月7日 12時29分
完結日 2019年6月7日 12時29分
文字数 12,194文字
読了目安時間 24分
ブックマーク登録 6件
コメント 6件
スタンプ 16件
ビビッと 0件
応援ポイント 6,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • その祈りは獣に捧ぐ

    俺達は使い捨てなんかじゃない

    1,600

    0


    2021年7月29日更新

    「俺達は使い捨てなんかじゃない」 《ケモノ》と呼ばれる、人食いの怪物が跋扈する時代。 対抗手段は《巫女》の《祈り》だけだった。 巫女を護衛する《槍持ち》の少年は、絶望の中で少女と出会う。 それは、使い捨ての存在だった少年の運命を大きく変えることになる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • 大正石華戀奇譚<二>

    大正時代が舞台のお話です。

    11,100

    0


    2021年7月28日更新

    大正の時代、華の帝都はある怪事件に揺れていた。 其の名も「血花事件」。 体中の血を抜き取られ、全身に血の様に紅い花を咲かせた遺体が相次いで見つかり大騒ぎとなっていた。 警察の捜査は後手に回り、人々は怯えながら日々を過ごしていた。 そんな帝都の一角にある見城診療所で働く看護婦の歌那(かな)は、優しい女医と先輩看護婦と、忙しくも充実した日々を送っていた。 目新しい事も、特別な事も必要ない。得る事が出来た穏やかで変わらぬ日常をこそ愛する日々。 けれど、歌那は思わぬ形で「血花事件」に関わる事になってしまう。 運命の夜、出会ったのは紅の髪と琥珀の瞳を持つ美しい青年。 それを契機に、歌那の日常は変わり始める。 美しいあやかし達との出会いを経て、帝都を揺るがす大事件へと繋がる運命の糸車は静かに回り始める――。 ※時代設定的に、現代では女性蔑視や差別など不適切とされる表現等がありますが、差別や偏見を肯定する意図はありません。 ※この作品は『カクヨム』『Novelism』『エブリスタ』様にも掲載しています。

    読了目安時間:37分

    この作品を読む