ダンジョンへ

 眼球が限界まで開くと同時に、光の速さで身体を起こし上げたノアス。  銀髪はベタベタに濡れ、額には粒上の水滴が纏わりつき、体全体は嫌な冷たさで支配されていた。  荒くなっていた呼吸をゆっくりと落ち着かせてから夢であったことに気づいて小さな安堵を漏らす。 「何を落ち着いてんだ、俺は」  本当に全てが夢だったらどれだけ救われた事か。どんなに眠ってもどんなにうなされても〝あの日〟起きた事は消せなくて、それは紛れもない真実なのだ。  ノアスは立ち上がって顔を洗った。 「あれから四か月」ノアスは鏡に映る自分を見て問いかける。「何か変わったか?」 もちろん答えなど帰ってこない。あの日から四か月が経ち、今もこうして生きている自分自身が気持ち悪く思えてしまう。こうして顔を洗って、ため息をついて、普通に食事をして、そんな日々を送っていてもいいのだろうか。 何もしていなかった訳ではない。あの時〝二人を見捨てて逃げた〟という罪を自分で科して、何があろうとも仇を取ろうと決めた。逃げ帰ってしばらくは非常に醜い自暴自棄な生活が続いた。全てに絶望し、もう一度自殺を考えたりもしたけれどそれは実行に移らなかった。 ノアスは首元から垂れているペンダントを握りしめた。このペンダントが唯一の救いでもあり、自分のしてしまった過ちの目印にもなっていた。 「今日も潜るとするか、ダンジョンに」  寝床である宿屋を後にしたノアスは淡々と歩を進める。空には輝く太陽が一つとどこまでも続く青い空、そして澄んだ空に浮かぶ幾つかの雲が街全体を明るく包んでいた。  ノアスは一度深呼吸をしてから目の前の建物に目を向ける。  その建物は四つの柱で支えられており、とにかく大きい。威圧感のようなモノすら感じられる。色合いは設計者の趣味なのか、上が白、下が黒と綺麗に真ん中を境界に分かれていた。  見慣れてしまったこの建物。慣れていいモノか解らないが、どこか不気味なこの建物が今の自分の居場所な感じがしてどこか落ち着く。  扉を開けると不気味な外装とは裏腹に内装はしっかりとした施設のそれであった。整頓された室内にすんなりと目に入る自然な色使い。中にいる人間は街で見かける人々と何ら変わらない。一つ違うと言えば、鎧を身に着けているという点だろうか。  ノアスはフードを深く被って人混みを避けつつしばらく歩いていると窓口が見えた。窓口は横にいくつか並んでおり、窓口を境にガラッとあっち側の人間の格好が違う。きっちりとした服装に清潔感を感じさせる髪型だ。 「ダンジョンに潜る」 「また今日も一人なんですか」 「ああ」 「わかりました。では腕を見せてください」  受付嬢はノアスが差し出した腕をグッと引っ張ると袖をめくって腕の中心部に視線を向けた。 「はい。確認出来ました。では、モグラのノアスさん。本日も気をつけてくださいね」  受付嬢は支給品を足元から出してノアスはそれを受け取った。そして通路右側にある真っ暗な穴へと飛び込んだ。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    ♡579,884

    〇91,164

    異世界ファンタジー・連載中・117話・364,030字 ネコカレー

    2021年1月13日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第ニ章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡515,500

    〇3,308

    SF・連載中・84話・478,673字 新星

    2021年1月17日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

    ♡938,496

    〇15,845

    異世界ファンタジー・連載中・6860話・905,555字 ぽてゆき

    2021年1月18日更新

    異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。 ※〈第1回ノベルアップ+小説大賞〉に応募しているこちらの作品もぜひ! 『伝説の勇者ポイントカード』 https://novelup.plus/story/261249263 『やっと買ったマイホームの半分だけ異世界に転移してしまった』 https://novelup.plus/story/964939104 ※『異世界SNS』は他サイトにも掲載しています。

  • 良い感じのタイトル募集中

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・2話・7,311字 西条

    2021年1月18日更新

    5歳の時比良坂アカツキに、25歳で死んだ田中アカツキの記憶が入ってきた。 そして10年間、藤宮家の護衛役として修業し、16歳になる年の春。 比良坂家長男として『剣聖』の才能が期待されていた。 しかしアカツキの才能は『神からの寵愛』。 『剣聖』の家系として代々続いていた比良坂家として、これはあってはいけないことだった。 アカツキの父は、急いで弟のオリガミに才能判定をさせ、出た結果は『剣聖』。 アカツキは追い出され、弟のオリガミが次期当主になることが決まった。 遠くの魔術学園に通うことになったのだが、アカツキの持っていた才能が強すぎて…………。 タイトル読み方 ☆5愚行権機関と空色彼女(いつつぼしぐこうけんきかんときままなかのじょ)