鬼人 オーガ

「もし仮に全てを集めたのなら俺は命の恩人を生き返らせたい。そして――謝りたい」 「命の恩人?」  エリィが疑問の声音を漏らす。  エリィの声を聞いてノアスは後悔と同時に自分に失望した。  ほとんど知らない奴にこんな言葉を漏らしてしまったのだろうか、と。ノアスは一度息を吐いてから緩みかけていた気を引き締める。 「何でもない。そう言えば今日は何の用事でダンジョンに潜ってるんだ。何かしらの用事があったから来たんだよな?」 「え、うん。もちろん。わたしの専属の職人さんに武器を作ってもらうため材料を集めに来たんだ」 「ここ、五階層だよな。お前の実力なら一人で来れたんじゃないのか?」 「うん。まあね。でもなんて言うのかな。どうしても君と一緒に行きたかったんだよね。独りで潜る者同士、運命的なのを感じたのかも知れない」  くすす、とエリィは小さく笑った。 「あっそ。てっきり五階層のどこかに眠る秘薬と呼ばれる水でも取りに行くかと思った」 「幻の水だっけ。欠片には敵わないけど、致命的な傷や病を治癒する事が出来るやつだよね?」 「それだ」  ノアスが一言返事をした直後、エリィが壁に手をかけて、 「あ、もう着くよ。ここにあるはず。わたしが求めている物が」  そこは中規模の空洞だった。形は円状で天井は大きく開けている。ダンジョン内とは思えない程開放的空間であった。 「ノアス君は五階層によく来るの?」 「いや。ほとんど通り道にしか使ってない」 「そっか。あんまり階層を冒険しないんだね」  エリィは杖を突きながら壁沿いに進んでいく。 「別に階層には興味ないからな」 「勿体ないなぁ。階層によっては綺麗な所とかもあるんだよ」  エリィはゆっくりと身体を動かして背後のノアスを仮面越しに見つめる。 「そんなの良いからお前が求めてる材料ってやつを拾って来いよ」 「でも、材料を集めて欲しいのはノアス君にお願いしたいんだ」 「は?」 「ほら、来た」  エリィは耳をピクンと動かして何かを察知した様子だ。それからまるで世界が見えてるかのように失われた瞳を一点に向けて杖で天井を差す。 「ゴォォォォォォ!!!!」  空間を震えさせる大きな咆哮と共に何かが降って来た。 「何だ……?」  降って来た衝撃で円状の空間いっぱいに舞う砂煙。それによって視界が遮られる。 「あれが五階層の主。まあ欠片は持ってないから欠片階層主ではないけどね」砂煙を物ともせずエリィはその方角を見ながら言う。「ここを巣にしてるの」 「何度かここには来てるのか?」 「ええ。いつも独りだからあの子を相手にしながら材料を採取してるの。それに見て、あれ」 エリィが杖で差した方角は壁だ。壁は天井から降って来た者の声に同調するかのように一部が青色に光り出す。「わたしが欲しい材料はあの光る鉱石。でもあの鉱石が取れるのはあの子が声を出してる間。つまり倒したら手に入らないの」  砂煙が徐々に薄れていく。それによって降って来た者の姿がノアスの視界に映り込む。  禍々しい紫色の光沢を持つ二足歩行の巨人。体調は十メートル近くあるだろう。身体は強靭そのモノであり、何もかもを一撃で沈めてしまいそうだ。頭には大きな角二つと下から連なる鋭い牙。その姿から名付けられた奴の名は、 「鬼人・オーガ。それがあの子の名前よ」  エリィの顔つきは真剣その物である。先程まで笑っていたか弱い少女の姿ではなく、幾千もの死線を乗り越えてきた勇敢なモグラのそれであった。 「へぇー。じゃあ俺があいつの相手をして、お前がその間に鉱石を取るって算段か」 「違うよ、ノアス君。わたしがあの子を倒す。ノアス君が鉱石を取る。これが作戦」 「何で俺が鉱石を取る側なんだ。それに倒すって、そしたら――」 「ノアス君なら倒せるかもしれないけどしっかり時間を考えて倒さないと行けないし、それにわたしの方がオーガの相手慣れてるでしょ? この子を倒して欲しいって何回も言われてて、この際一気に鉱石を取って終わらせちゃおうと思うんだよね」エリィは小さく笑みを浮かべてからノアスの方に顔をやる。「それに、さっき話したけどわたしがどうやってここまで生き残って来たか、知りたいでしょ?」  ノアスにとってエリィは今日限りの関係。だからどうでもいい存在ではあるが、しかし目の不自由な少女がどのような戦い方をするのか、ノアスではなくモグラの一人として興味深かった。 「わかったよ。勝手にしろ」 「ありがとう。しっかり見ててね。わたしの戦いを。あっ、鉱石取る事を忘れないでね」 「はいはい」 「じゃあ後はよろしくね」そう告げたエリィは表情を切り替えて真っ直ぐ走り出す。 「行くよ」  エリィが走り出すとオーガはエリィを標的と認知して丸太のように太い腕を振るった。  しかしエリィは軽快な動きでそれを避けた。続けてオーガは大きな足で地ならしを起こす為足踏みをするが、エリィは軽快にオーガの腕に飛び移り、顔面を杖で殴る。  一瞬、オーガは怯んだがしかし殆ど効いていなかった。  その後もエリィは杖で地面を削りながらでたらめな動きでオーガを翻弄する。  この状況をノアスは見て思う。どう考えても勝機は無い。むしろ五階層に到達する事も出来ないだろう。見た目通りの実力だとノアスは思った。けれどノアスの考えとは裏腹に、 「いい子だね」エリィは薄く笑うと右手に持つ杖を天に掲げた「魔術――」 「魔術……だと?」  エリィが呟いた言葉にノアスは驚く。なにしろ魔術は人類が開発した人知の到達点と呼ばれるほど超高難易度の戦闘術。会得に最低十年はかかると言われており、扱える者は手で数えられる程に少なく希少なモノなのだ。それを十七前後の少女が唱えたのだ。 「魔術・二十一式魔術陣・破邪の光」  エリィがそう言うと同時にオーガを囲むように地面が紫色に光り出す。ノアスはその光の輝きを見てエリィの行動を悟り、言葉を失った。  地面の光は法則性の元、輝いているのだ。そしてその法則性こそエリィが杖で地面を削った道筋である。  魔術を発動する条件の一つは術式を完成させること。術式は術者が描く分には消えないので描き切ることは難しくない。けれどエリィはオーガの攻撃を避けつつ短時間で術式を完成させたのだ。そしてその術式内に奴を追い込んだ。  追い込まれたオーガを囲んだ紫色の光たちは槍のような形状で具現化し、四方八方からオーガの身体に突き刺さった。 「ゴオオオ……オォ……ォ」  メラメラ燃え上がっていたオーガの生命の炎は、弱まって行き、やがて炎は消え去った。  倒れたオーガを前に満足げにエリィはノアスにピースする。 一体どこまでがエリィの計算で起きた事なのか判らないが、ノアスは改めてエリィに異名が付いた理由。そしてここまで生き残った実力を理解した。

本日はここまでです。 ここまでのご愛読、アクセス感謝いたします。 よろしければ、ブクマ、コメント、ご感想等、よろしくお願いいたします!

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 百合姉妹がイチャイチャしたりしなかったり

    ♡85,400

    〇730

    異世界ファンタジー・連載中・53話・114,998字 べるえる

    2021年1月17日更新

    幼き日に蒔かれた想の種は 笑みの眉開くまで その色を識ることはできない 北限の極寒の大地、ニフルハイム伯爵領。 伯爵の姉妹である白子(アルビノ)の姉と黒髪の妹は、大人達の陰謀に巻き込まれ心がすれ違っていく。 なんだかんだで仲直りした二人は、力を合わせて 世界に逆襲を始めるのだった。 神に見放された大地、辺境が舞台のダークファンタジー でも、そんなに残酷な感じではないイチゴ味。 表紙イラストは陽名ユキ先生(@hina__yuki)に描いて頂きました!ありがとうございます!! 需要的にニッチな方だと思うので、感想とか頂けるととっても嬉しいでっす。 HJ大賞2020後期に応募しました!

  • 愛と悲しみの悪夢のような物語

    ♡12,200

    〇10

    現代/その他ファンタジー・連載中・8話・23,465字 ぷりん頭

    2021年1月6日更新

    サントリナ王国とディアスキア王国で、資源をめぐる戦争真っ只中の世界。 高度な技術力を持つ、ディアスキア軍の機械兵士に押されつつあったサントリナ王国は、機械兵士に対抗する軍隊とは別の戦力【独立戦闘騎士団】を設立し、また騎士育成のための【王立騎士養成学校】を設立。 圧倒的な力で機械兵士をねじ伏せる力をもつ【独立戦闘騎士団】はディアスキア王国に悪夢を齎したことで【ナイトメア】と呼ばれるようになった。 こうして優勢となったサントリナ王国だが、本来の計画はまだ終わりを迎えていない。叡智の計画、【H計画】は始まったばかりなのだ。 王立騎士養成学校に通う、天才とよばれる青年レカム・スターチスもまた騎士を目指す、戦闘部隊の【騎士見習い】だった。 相棒のライラック・アイリスの発言でひょんなことから、指揮統括部隊の自称天才美女シオン・アングと出会う。 この出会いが、彼の運命を大きく変えていくことになる。 例えそれが仕組まれていた出会いだったとしても、君を忘れることはできない。 君の戦略的大勝利だ、俺は2度と、君には勝てない。 愛と悲しみの、儚く切ないふたりの物語。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 死力尽きるまで舞い続けろ!

    ♡123,568

    〇65

    異世界ファンタジー・連載中・89話・259,652字 終わりの詩人

    2021年1月18日更新

    神託を得られない忌子のユウセイは僅かな理解者とともに、懸命に生きていた。しかし、魔王との戦闘で親友のカグラを殺されてしまう。 自身も魔王との戦いで死にかけ、女神ネメシスに命を助けられ、一命を取り留めたユウセイはその覚悟を問われる。 「俺はどんな結末になろうと後悔を尽くし、進むだけだ。約束を果たし、世界を救う」 持たざる者ユウセイは唯一無ニの神託を女神に与えられ、絶望の淵から立ち上がる。“演舞”を舞い、絆を繋ぎ、世界を救う為、隷属印に縛られる勇者や魔王と戦う決意をする。 闘気を練り上げ、死力尽きるまで舞い続けろ! 友の約束を胸に、女神の誓いを背負い、覚悟を刃に乗せる。王道ダークファンタジーここに開幕ーー。 サブタイトルを修正しました。

  • 読んで頂ければ幸いです

    ♡7,668

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・215話・408,178字 我滝基博

    2021年1月18日更新

    現実世界とはまた違う世界。エルフや獣人などの亜人、ドラゴンや魔獣が存在する世界。 そんな世界の、勇者と魔王の戦いが神話として語られるようになった時代。そして、文明が近代化へと進み始めた時代。人々は争いを止めず、その争いは酷く悲惨なものになり始めていた。 そんな中、1人の男が前世の記憶を持ったまま転生する。 転生者なのにスキルが無い。 魔法の世界なのに魔法が使えない。 兵隊でありながら銃も当たらない。 極め付けは仕事をサボる駄目人間。 しかし男は、上級貴族との謀略戦、宿敵達との知略戦を繰り広げながら、前世での知識と価値観を活かし、仲間達と共に、時代を大きく揺るがす英雄へとなっていく。 転生者が紡ぐ英雄譚、ここに開幕。