終わりの始まり。

序章

 暗闇の洞窟に点々と投げ捨てられた光石。その光石から生まれた光は僅かに辺りを照らす。  何かが動いた。大きな影が揺れ動くと同時に洞窟全体に響き渡る殺戮の咆哮。 「二人とも体制を立て直すぞ。ノアス、行けるか」 男は余裕のない顔で背後に立つ二人に言葉を飛ばす。 「ああ、俺が誘導する……!」 男は背後にいる銀髪の少年・ノアスに指示を仰ぐ。ノアスは迷わず返事をして、左方向に駆けだしたが、 「危ない!!!」  女の尖った声が聴こえてノアスの視界が途絶えた。それからすぐ、背中に電流のような痛みが流れて来て地面に倒れ込んだのだと気付く。 「……え?」  倒れ込んだノアスに重なる形でパーティーメンバーの女がそこに居た。 「おい、大丈夫か。ラリム……ひぇ!?」 ノアスは女の名前を叫んで手を伸ばす。ラリムの身体に力は宿っておらず、身体から伝わる温かさは不気味であり嫌な事を連想させてしまう温かさであった。ノアスはその正体を確かめるために目に力を入れて視界を開く。 赤かった。正確には黒色が混ざった赤色。幾度となくその液体を戦場で見てきたノアスにはすぐにそれの正体が解った。 ――血だ。  ラリムはノアスを庇う為に身を投げ出して〝あいつ〟からノアスを守ってくれたんだ。そしてその代償は彼女の背中に醜く刻まれた。 「おい、おい。しっかりしろッ!!!」 「……ダメみたい」  額から流れる血で本来美しいはずだった彼女の顔は、赤色に染まって弱弱しい炎みたく頼りないモノに変貌していた。 「は? 嘘だろ。なあ……おいッ!」 「後は……任せ…………あのこ……会った……ってね」  ラリムの身体は既に冷たくなっており、震える唇からは言葉も上手く吐き出せていなかった。  ――その時が来るのは近い。  無意識にもそんな事を思ってしまった自分を殺したくなり、頭を振って何度もラリムの名をノアスは叫ぶ。  けれど、ノアスの赤い声とは裏腹にラリムの身体は冷たくなっていき、 「あ……あ、ああああ!!!!!!」  意識を無くしたラリムの身体は灰色の何かが支配するように、あっという間に身体の色を灰色へと変色させた。  ノアスはラリムを抱きかかえて灰色に染まらないようにするが、何の意味も持たない。  そして脆い建物が躊躇もなく崩れ去るように、砂が風に乗ってどこかに行ってしまうようにラリムの身体は一瞬で消え去って行った。 「嘘だ。嘘だ。嘘だああああああ!!!」  手に残ったのはラリムの身体を覆いつくした灰色の粒。  言葉にならない言葉をひたすら吐いているともう一度、殺戮の咆哮が世界を揺らした。 「おい、ノアス!」戦意喪失のノアスを抱えたのは、先ほど指示を出した男・イースだった。「しっかりしろっ!」 「し、しっかりって。だって、だって!!」 涙が止まらずノアスの身体は酷く震えていた。当たり前のことだ。ずっと一緒に苦楽を共にした仲間がたった今殺されたのだから。けれど、ノアスを抱えているイースは至って冷静だ。 「何であんたは大丈夫なん……だ……よ」  ノアスは自分で発言した後に後悔をする。  大丈夫のはずがない。ノアス自身にとって大切な仲間だったラリムは、イースにとっては最愛の妻なのだから。ノアスと比べ物にならない程、長い間共にした人生のパートナーだったのだから。  初めて見た気がする。どんな時も笑い、弱音一つ吐かなかったイースの瞳に小さく映る滴があったのは。 「……あ、え」  ノアスは何と言葉を紡ぐべきか分からずうろたえてしまう。 「ッフ。大丈夫だ、ノアス。気を遣わせちまったな」  ノアスはこんな絶望的心境なのに、イースはいつものように小さくはにかんだ。そして表情をガラッと変えて次は真剣な顔をする。 「ノアス。今から俺はお前に酷な選択をさせてしまうが、いいか?」 「選択――」  ノアスの言葉に重なるように〝あいつ〟の咆哮が再び鳴り響く。 「お前は生きろ」 「は――」 「今の俺たちじゃあいつには勝てない。それに俺たち二人で逃げ切るのは不可能だ。だからお前だけでも生きろ」 「待てよ。まだ勝てるかも知れないじゃねーか! 仇を討たずに俺だけ生き残る何て、俺には」 「ッフ。そう言うと思ったよ」イースは一度洞窟の端っこに隠れて首から下げていたペンダントを外した。 「でも、今回だけはお前のワガママは聞けない。俺たちと違ってお前はまだ若い。まだ未来がある。だから生きてくれ。俺とあいつの分まで精一杯」イースは腰のポーチをガサガサさ せて何かを投げた。 「勝手に決めんなよ!!!」イースの胸倉を掴んでノアスは噛みしめて言う。「頼む。独りにしないでくれ。もう……独りは嫌なんだ」耐えようとしても溢れて来る涙が凄くうっとうしい。  イースはいつものように小さくはにかむ。「大丈夫。お前はもう独りにならないさ」首から外したペンダントをノアスの首に付けてイースはもう一度はにかんだ。「元気に生きろ。このペンダントが俺たちとお前の繋がりだ。ずっと見守ってやるからな」  イースはいつもの明るい表情でノアスの頭をポンと撫でた。 「おい、待てっ。うわぁ!!」  イースはノアスを抱えて洞窟の入り口に投げた。 「もし……あいつに会ったらよ、仲良くしてやってくれ」イースは背中越しに小さく笑って、親指を突き出した。その手に握られているのは赤いボタンだ。「元気にやれよ、ノアス」 親指がボタンに触れたと同時にノアスとイースの間の天井が爆発して脆かった洞窟は崩落し、瞬きした直後、瞳に映ったのは瓦礫の山だった。 「おい、おいッ!!!」  何が何だか理解が追いつかないノアスは、震える手で瓦礫の山に這いずって行き、一つ一つ瓦礫を手でどかしていく。 「ブオオオオオオオオオオオオオオオォォォォォォォオオオオオオオオオオ!!!!!」  また咆哮。瓦礫の奥で今までとはレベルの違う咆哮が壁を通じて伝わって来た。まるで獲物を仕留めて嬉々として叫ぶ猛獣のようにどこか喜びが籠っていたものだとこればかりは確信出来た。 「ラリム、イース!!!!!!!!」

今回から投稿させて頂きます。毎日投稿ですので、良ければご愛読、ブクマ等もよろしくお願いします。 初めての利用になるので至らない点等ありましたら申し訳ございません

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 死力尽きるまで舞い続けろ!

    ♡123,568

    〇65

    異世界ファンタジー・連載中・89話・259,652字 終わりの詩人

    2021年1月18日更新

    神託を得られない忌子のユウセイは僅かな理解者とともに、懸命に生きていた。しかし、魔王との戦闘で親友のカグラを殺されてしまう。 自身も魔王との戦いで死にかけ、女神ネメシスに命を助けられ、一命を取り留めたユウセイはその覚悟を問われる。 「俺はどんな結末になろうと後悔を尽くし、進むだけだ。約束を果たし、世界を救う」 持たざる者ユウセイは唯一無ニの神託を女神に与えられ、絶望の淵から立ち上がる。“演舞”を舞い、絆を繋ぎ、世界を救う為、隷属印に縛られる勇者や魔王と戦う決意をする。 闘気を練り上げ、死力尽きるまで舞い続けろ! 友の約束を胸に、女神の誓いを背負い、覚悟を刃に乗せる。王道ダークファンタジーここに開幕ーー。 サブタイトルを修正しました。

  • 読んで頂ければ幸いです

    ♡7,668

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・215話・408,178字 我滝基博

    2021年1月18日更新

    現実世界とはまた違う世界。エルフや獣人などの亜人、ドラゴンや魔獣が存在する世界。 そんな世界の、勇者と魔王の戦いが神話として語られるようになった時代。そして、文明が近代化へと進み始めた時代。人々は争いを止めず、その争いは酷く悲惨なものになり始めていた。 そんな中、1人の男が前世の記憶を持ったまま転生する。 転生者なのにスキルが無い。 魔法の世界なのに魔法が使えない。 兵隊でありながら銃も当たらない。 極め付けは仕事をサボる駄目人間。 しかし男は、上級貴族との謀略戦、宿敵達との知略戦を繰り広げながら、前世での知識と価値観を活かし、仲間達と共に、時代を大きく揺るがす英雄へとなっていく。 転生者が紡ぐ英雄譚、ここに開幕。