歴史/時代 短編 完結済

ビルゲ・トニュクク回想録――超訳突厥碑文

作者からの一言コメント

遊牧民目線の歴史小説の触りです。

読了目安時間:2分

総エピソード数:1話

 大唐国の御稜威は日本にまで及び、その律令は日本の律令制の模範となった。日本の文学にも多大な影響を与え、その影響は現代にまで及ぶ。当時の大唐は仰ぎ見るべき存在であり、世界屈指の超大国にして先進国であった。  日本にとり、大唐の顕著な遺産は漢字である。漢字とは漢人の文字である。我々日本人の目には、大唐とは恰も漢人の正統な王朝であるかのように見える。しかし、畜に随き水草を逐う北狄の民からは、タブガチュと呼ばれていた。  タブガチュとは、北魏を建国した鮮卑拓跋部に由来する。つまり、漢人の王朝ではないのである。蒙古の大元、満洲の大清の如く異民族による征服王朝なのだ。  北魏滅亡後、東西南の抗争の末、普六如氏の隋が漢晋の故地を統一した。隋が滅んだ後、大野氏により再び統一された。いずれも北狄からはタブガチュと呼ばれた。  大野氏は恰も李信、李広の子孫であるかの如く李姓を名乗った。そして周室の正統な流れを汲む国号を選んだ。その国号が「唐」である。それ故、現代の日本人や中国人にも、大唐は、恰も漢人の正統な王朝であるかのように見えるのである。  大唐の御稜威は大漢を凌ぎ、大清と並ぶ。しかし、端から盤石であった訳では無い。北狄のテュルクが、漢に対する匈奴の如く、強敵として控えていた。テュルクとは漢籍に記されるところの突厥である。その強盛の前に、タブガチュも平伏すこと屡々でった。  テュルクが最も盛んだった折、東は契丹、高句麗に隣し、南は大唐に臨み、西はサーサーン朝ペルシャに接した。その名はコンスタンティノープルにまで轟いた。驕れる者は久しからず。大唐つまりタブガチュに李世民が現れた。李世民はテュルクを制して軛を架した。テュルクの民は李世民をテングリ・カガンとして仰ぎ見た。  テングリ・カガンもとい李世民の御魂が神上がった後も、突厥は未だタブガチュの踵の下に居た。しかし、それに甘んじない気骨のある者たちも残っていた。

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 ビルゲ・トニュクク回想録――超訳突厥碑文
作者名 犬單于 𐰃𐱃 𐰖𐰉𐰍𐰆@it_yabghu
ジャンル 歴史/時代
タグ 第4回勉強会 タブガチュ テュルク 突厥 暾欲谷 遊牧民 戦記 中華風 ミリタリー 遊牧民 中央アジア シルクロード
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年6月7日 21時46分
最終投稿日 2022年6月7日 21時47分
完結日 2022年6月7日 21時46分
文字数 1,196文字
読了目安時間 2分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 影風 原口源左衛門

    浪人の身となった剣の達人、原口源左衛門

    1,800

    0


    2022年10月2日更新

    御前試合で相手の腕を折った山本道場の師範代原口源左衛門は、浪人の身となり仕官の道を探して美濃の地へ流れてきた。資金は尽き、その地で仕官できなければ刀を捨てる覚悟であった。そこで源左衛門は不思議な感覚に出会う。影風流の使い手である源左衛門は人の気配に敏感であったが、近くに誰かがいて見られているはずなのに、それが何者なのか全くつかめないのである。そのような感覚は初めてであった。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 伏魔伝 ―108の魔星と安史の乱― 【必ず毎日20:00に更新します!】

    唐の世を駆け巡り、魔星を狩る一団の物語。

    7,600

    25


    2022年10月2日更新

    唐の時代で最も有名な玄宗皇帝と楊貴妃、そして「安史の乱」を渦中に、散らばった百八の魔星との戦いを描く物語。 魔星に殺されて仮蘇生した若者を始め、皇室から消された少女、書いた文字がそのまま実現する術の使い手、顔も身体も無い老道士、鋼の翼を持った鷹など、異才に満ちた面々が、大きな陰謀に巻き込まれていると知りつつ、それぞれの願いを果たすため、旅を共にする。 盛唐の終わりを飾った美女、英雄、悪漢も多数登場。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間14分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ワイルド・ソルジャー

    孤独な傭兵×最強の軍人のバトルアクション

    341,497

    1,757


    2021年12月25日更新

    時は199X年。世界各地で戦争が行われ、終戦を迎えようとしていた。 世界は荒廃し、辺りは無法者で溢れかえっていた。 主人公のマティアス・マッカーサーは、かつては裕福な家庭で育ったが、戦争に巻き込まれて両親と弟を失い、その後傭兵となって生きてきた。 旅の途中、人間離れした強さを持つ大柄な軍人ハンニバル・クルーガーにスカウトされ、マティアスは軍人として活動することになる。 ハンニバルと共に任務をこなしていくうちに、冷徹で利己主義だったマティアスは利害を超えた友情を覚えていく。 世紀末の荒廃したアメリカを舞台にしたバトルファンタジー。 他の投稿サイトにも公開しています。 表紙イラスト:漆原 白様 LINEスタンプ販売中:https://store.line.me/stickershop/product/18589880/ja

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間35分

    この作品を読む

  • 僕はずっとこの夏に出会いたかったんだ。

    たったひと夏の出会い。

    8,700

    60


    2022年5月3日更新

    人の海、東京。特に何もない日常と、自分の将来に悩む彗(けい)は、高校生活2度目となる夏休みに、気分転換にと祖母の家がある田舎へと向かう。 そこで出会ったのは、可愛らしい小屋と女の子。そして彼女の絵。ある1日を境に、彗の世界に色が付く_ 心を癒やしてくれる自然の美しさと、少年の成長の始まりを描く、たったひと夏の青春の物語。 ※初めて執筆した小説故、アドバイス等も頂けると幸いです!

    読了目安時間:6分

    この作品を読む