恋愛/ラブコメ 長編 連載中

ハイハナ~職業キョロ充が、雑魚ポンコツ系キョロ充をリア充に導く話~

作者からの一言コメント

媚びろ、流されろ、ヘラヘラ笑え。

読了目安時間:23分

これは他者に媚び、おだて、空気に読んで逆らわず、それでも大切なものだけは守らんとするかっこいい者たちに送る、キョロ充賛歌である。 花崎春樹の職業は学生にして、キョロ充。 今日もクラスメイトである炎の女王とイケメン王子の側で、ヘラヘラ笑いながら青春を過ごしていた。 いつもの如く"わざとじゃんけんで負けて”グループ分の飲み物の買い出しに行ったところ、同じく買い出しに来ていた別グループのキョロ充少女・灰咲恵良と出会う。 しかし、花崎は灰咲の弱々しい態度に苛立つ。 それでも苛立ちを隠しながらキョロ充らしく手早く灰咲を助けた彼はそこで全てが終わりだと思っていた。 だが、そうは問屋は卸さない。なんと花崎と灰咲はマンションの隣人同士だったのだ。 キョロ充へのプライドを持つ花崎は、キョロ充に向かない灰咲に「リア充になること」を提案するのだった。 そうしてなんやかんや暗躍するうちに花崎と灰咲の距離が縮み、花崎が隠していた本性が認められていったり、女王だなんて言われる学園二大美女に目をつけられたりしちゃうお話です。 ※他サイト様でも投稿中です

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ハイハナ~職業キョロ充が、雑魚ポンコツ系キョロ充をリア充に導く話~
作者名 とこー
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 男主人公 最強主人公 チート ハーレム ドS リア充 キョロ充 ポンコツヒロイン 女王 甘々
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月17日 20時09分
最終投稿日 2021年1月17日 20時12分
完結日 -
文字数 11,414文字
読了目安時間 23分
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 突如、アイスコーヒーが手から出せるようになったんですけど!?~キミを愛すことはコーヒーよりも苦い~

    面白いものを書きたい。

    0

    0


    2021年8月2日更新

    突如、アイスコーヒーを手から出せるようになった俺。しかし、それは自分の意思とは無関係に出てしまう。クラスからも世間からも引かれる存在になってしまった。苦悩する俺だが、もうひとつ悩みがあった。それはこの体質の所為で恋愛が出来ないこと。そんな俺がクラスのある子に恋をしてしまった。果たして俺はこの恋を成就させることは出来るのだろうか。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • トップシークレット☆ ~お嬢さま会長は新米秘書に初恋をささげる~

    わたし、貴方に初めての恋をしました――。

    800

    0


    2021年8月2日更新

    6月某日、梅雨なのによく晴れたある日――。一人のウェディングドレス姿の花嫁が、新宿の結婚式場で式を挙げようとしていた。 彼女の名前は篠沢(しのざわ)絢乃(あやの)。19歳の若さで大財閥〈篠沢グループ〉の会長を務めている。そして、彼女が結婚する相手は桐島(きりしま)貢(みつぐ)。絢乃より8歳年上で、会長付秘書を務めている青年で、彼女の初恋の相手でもある。 彼女は控室で、桐島との出会いから結婚に至るまでの経緯を思い返していた。 二人の出会いは20ヶ月前の秋。財閥の前会長だった絢乃の父、源一の誕生日パーティーの席でだった。この時すでに体調に異常をきたしていた絢乃の父のことを心配し、病院での受診を提案したのが当時総務課の平社員だった桐島なのだ。 彼のおかげで、父が末期ガンで闘病ののち逝去するまでの3ヶ月間を有意義に過ごすことができたと、絢乃は感謝していた。 父亡きあと、遺言で会長に就任することになった絢乃は、葬儀の日に送迎を担当した桐島に「自分に会長が務まるのか」と弱音を吐く。そんな彼女を支えるべく、桐島は「自分が秘書になります」と宣言。会長選任の取締役会でひと悶着あったものの、絢乃の母で篠沢家当主の加奈子が会長代行を務めることで承認を得、無事に絢乃が会長に就任した。 会長に就任したあとの絢乃はまだ現役の高校生だったこともあり、慌ただしい二足のワラジ生活を送っていた。桐島はそんな彼女を献身的に支え、送迎まで買って出る。 絢乃はいつしか、彼の存在に安心感を抱くようになるけれど、それが何という感情からくるものなのか分からなかった。 友人の中川(なかがわ)里歩(りほ)の指摘で、絢乃は初めて知った。それが恋なのだと――。 そして、絢乃は桐島の兄・悠(ひさし)の登場により、桐島もまた、自分に対して特別な想いを抱いていることを知り――。 高校卒業後、会長職に専念することにした絢乃は、恋人となった桐島との結婚願望を抱くけれど、彼はなかなかプロポーズしてくれず――?

    読了目安時間:1時間52分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ダークスレイヤーの帰還

    美女とロマン多めのファンタジー大河小説!

    901,050

    5,470


    2021年7月25日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 【HJ小説大賞2020後期、最終選考!】 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は250万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 【各章の紹介】 序章・主人公の目覚めと『眠り女』たち、そして魔の都。 第一章・工人の女アゼリアと、銃を使えるようになるまでの物語。 第二章・大国バルドスタの王女アーシェラが、古い困難を取り除くまでの物語。 第三章・ゴブリンの姫ゴシュの一族の敵討ちで、帰らずの地へ。【現在執筆中】 第四章・狼の魔女ファリスと魔女協会、そして黒い森の物語。 第五章・北のアンスリノラを出る、最後の眠り女カルラの物語。 以降順次発表・執筆していきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間12分

    この作品を読む

  • 華姫奇譚

    魔術師達が織り成す物語

    12,200

    0


    2021年8月1日更新

    現代とは少しズレた、魔術が存在し異形たる化け物「黒影」が跋扈する日ノ元。魔術師「風咲 将鷹」と「雪城 虎織」は自らが愛する土地、華姫市を守るため今日も今日とて黒影を狩る。 そんなある日彼らの日常は一変する。 魔術師と数々の思惑と願いが入り乱れる一人称視点群像劇(?)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間36分

    この作品を読む