恋愛/ラブコメ 短編 完結済

一日違いの一年違い

作者からの一言コメント

たった一日。でも一年。

読了目安時間:8分

総エピソード数:1話

梢枝と大貴は、昔からの付き合い。生まれた日もほとんど同じ。 だけど梢枝はたった一日生まれた日が違うだけで、いつも大貴の後を追う事になった。 たった一日が分けた一年の隔たり。 近いのに遠い関係の二人。 そんな中で梢枝は不満を募らせていく……。

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 一日違いの一年違い
作者名 結葉天樹
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 女主人公 現代日本 日常 幼馴染 キス 秘めた恋心 誕生日 高校生 女子高生 鈍感な男
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年5月30日 14時29分
最終投稿日 2019年5月30日 14時29分
完結日 2019年5月30日 14時29分
文字数 4,031文字
読了目安時間 8分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 4件
ビビッと 0件
応援ポイント 798pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 令和拾文字艶噺 第参幕

    紡ぐ拾文字は 万華鏡的

    6,400

    0


    2023年2月6日更新

    前作『令和十文字艶噺 第弐幕』と第一作の『令和十文字つやばなし』を読んでくださった皆様、ご機嫌よう。 たった十文字で想像を掻き立てられるであろう本文に、そこから紐付けられた逸話を描く色艶といろんなにおいに味付けがなされた……一寸ばかり運営がおっかない、チキンレースめいた短編集でございます。 ※この作品に登場する地名や人名、団体名は実在するものとは一部例外を除いて関係ありません。 ※この作品は、法律を違反するような行為を推奨しておりません。 ※本作品第一話は、2023年の元旦6時6分となります。 第一話は開始までは、暫くお待ちください。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 移りゆく花と、あの瞬間をもう一度。

    0

    0


    2023年2月6日更新

    ――そして少女は飛び出した。儚くも尊い"愛すること"を、その永遠の記憶に刻むために。 記憶を大切に抱えて蘇る少女は『輪廻の血族』と呼ばれた。変わらぬ人生の繰り返しに囚われ続ける少女イベリスは未開の地を旅する調査隊の少年グラジオと出会う。二人の出会いは死を越えて時を巡り、少しずつ運命をほどいてゆく。無限を生きる少女と、有限を生きる少年。二人の主人公によって綴られる、"愛"の儚さと尊さを描いた純愛の異世界ボーイミーツガール。 *毎日18:30と20:00に投稿します。完結まで突っ走りますので…!!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    1,620,620

    334,879


    2023年1月30日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第4章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:25時間53分

    この作品を読む

  • Parfumésie

    音から香水を作る話。

    96,450

    650


    2023年2月6日更新

    フランス、パリの12区。 ヴァンセンヌの森にて、ひとり佇む少女は考える。 憧れの調香師、ギャスパー・タルマに憧れてパリまでやってきたが、思ってもいない形で彼と接点を持つことになったこと。 そして、特技のヴァイオリンを生かした新たなる香りの創造。 今、音と香りの物語、その幕が上がる。 ※Kindleにてまとめて電子書籍で出ています。1冊99円となっているので、まとめて読みたいという方は、よろしくお願いいたします。

    読了目安時間:2時間9分

    この作品を読む