二次創作 長編 連載中

三ツ星の彼方から 《ウマ娘プリティーダービー》

作者からの一言コメント

ウマ娘プリティーダービーの二次創作です

読了目安時間:2時間26分

総エピソード数:33話

ビワハヤヒデ、ナリタタイシン、ウィニングチケット。 輝く三つの星の影で戦った少女の物語。 ※ウマ娘プリティーダービーに登場するウマ娘以外は仮名にしてあります。 ただ、名前ありで登場するすべてのウマ娘にモデルが存在します。 ※登場する仮名のウマ娘の性格等については創作上のイメージを優先しています。 ※ウマ娘プリティーダービーに登場するウマ娘については元の作品のイメージを私にできる範囲で損なわないように努めています。 ※実際の競走馬と関係者、そしてそのドラマに敬意をもって作ることに努めたフィクションです。 ※IF展開を含みます。

総エピソード数:33話

作品情報

作品名 三ツ星の彼方から 《ウマ娘プリティーダービー》
原作
作者名 岩永和駿
ジャンル 二次創作
タグ ノベプラオンリー ウマ娘 史実ウマ娘
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年10月22日 17時32分
最終投稿日 2022年12月25日 18時00分
完結日 -
文字数 73,067文字
読了目安時間 2時間26分
総エピソード数 33話
ブックマーク登録 9件
コメント 11件
スタンプ 137件
ビビッと 1件
応援ポイント 78,481pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • LIKE A WIND~栄光へと向かう風~

    ウマ娘二次創作です。

    54,900


    2023年2月5日更新

    誰もが栄光を目指して走る。 誰もが自分の力を信じて駆ける。 たった一つしかない『勝利』をつかみ取るために。 これは、その栄光を夢見て、挫折や苦悩を乗り越えながらも、夢見た栄光をつかみ取る少女たちの物語。 期待と不安、そして大きな夢を胸に、今日も彼女は走る。風のように。 ・ウマ娘プリティーダービーの二次創作です。 ・基本的にオリキャラでの展開となっていきます。 ・ゲーム内で登場したウマ娘は、名前や経歴程度での出演はあるかもしれません。

    読了目安時間:5時間7分

    この作品を読む

  • Make road byウマ娘プリティーダービー

    オリジナルのウマ娘ストーリーです

    30,300


    2023年2月5日更新

    怪我により格闘の道からレースに転向、ターフを走るウマ娘として中央にきたハイパワーダッシュは新たな道を切り開き続ける。 10話と設定資料1の同時投稿により遂に500PVを超えました、初投稿のコンテスト参加作品、海の上から落ちるの223PVから一切芽が出なかったので皆さんには感謝です。

    読了目安時間:52分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Fatal reunion〜再会から始まる異世界生活

    運命と出会う異世界ファンタジー

    11,100

    0


    2023年2月5日更新

    ひょんなことから異世界へと転移した変わり者の少年、高白氷夜。 しかし異世界に転移したからと言って彼の生活が変わるわけではなかった。 待っていたのはチートなし、ハーレムなしの非情な現実。 ままならない現実に不満を抱きつつも、「まあそんなもんか」と受け入れつつあったある日、彼は幼馴染と再開する。 _____________________ うざさmax系主人公とその仲間たちが織り成す異世界系ファンタジー。 幼馴染との再会をきっかけに高白氷夜の運命が動き出します。 前半はギャグより、後半はシリアス多めです。 なろう、ノベルアップ+、アルファポリスにも投稿中。 平日は18時頃、休日は11時頃に更新予定。 *** 元々はノベルゲームとして制作していたのですが、諸事情で頓挫し、小説として投稿することになりました。 ゲーム制作においてシナリオの質の向上を図るため、物語る工房様にシナリオの添削をして頂きました。 小説に書き換える際にも添削をして頂いています。 またキャラデザに関しては メロア・クラムベールのキャラデザをミモザ先生にして頂きました。 この場を借りて改めて両名に御礼を申し上げます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間1分

    この作品を読む

  • 病印 忘却の花嫁

    怪異と戦う一人の少年の物語

    282,200

    82,530


    2023年2月5日更新

    第零部 ある日、霧崎=悠は夢を見た長い黒髪の幼き少女が悠に「遊ぼ」と声をかける。すると手の甲に時が刻まれ、それが零になると悠は「死」ぬと少女が言う。 その遊びの内容は怪異と戦うことだった… 霧崎悠は異能力「黒レコード」を使って怪異の謎を探り推理して怪異となった犯人の正体をみつけて戦う。 第一部

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:12時間46分

    この作品を読む