恋愛/ラブコメ 短編 完結済

私の愛したチチカカ湖

作者からの一言コメント

タイトルこんなですがラブコメです(たぶん

嗚呼――我が愛しのチチカカ湖……! 翡翠は『インカ時代に生きた前世の記憶』を持っている女子高生。 そんな彼女は現代のナヨナヨした男が大嫌い。 ところがある日彼女が出会ったのは、草系歴史ヲタク男子だった! 暴走インカ娘と、草系歴ヲタ男子、ツッコミ系女子の三つ巴ラブコメディ!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 私の愛したチチカカ湖
作者名 なつの真波
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ コメディ ほのぼの 女主人公 現代日本 学園 日常 ニッチ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月26日 17時00分
最終投稿日 2020年6月3日 17時00分
完結日 2020年6月3日 17時00分
文字数 30,289文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 全てを失った英雄を巡る、奇妙な運命。

    ♡11,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・24話・80,767字 ジャバウォック

    2021年1月16日更新

    飛行船により、浮遊大陸から人々が空へ駆け出して二世紀以上。 空中連合都市“バラクシア”の首都、工業都市“レガリス”はバラクシア国内で勃発した奴隷制度を巡る浄化戦争を乗り越え、奴隷制度を存続させる事に成功していた。 黒羽の団と呼ばれる抵抗軍の撲滅と奴隷制度の推進を掲げ、レガリスの帝王と帝国軍による帝国は益々隆盛を極めていく。 そんな中、“レガリス”において全てを失った男が居た。

  • 夜型人間へ向けた短編集ラノベ

    ♡20,700

    〇70

    現代/青春ドラマ・連載中・6話・17,292字 らっく

    2021年1月16日更新

    夜を肯定する物語とは、夜型人間に、ほんの少しのエンターテイメントや、嬉しい物語や、エモい物語を伝えて、肯定していくことを目的とした小説である。 現代社会は、残念ながら、多くの人が昼型で生活することを前提としたシステムが組まれていると言えるだろう。しかし一方で、夜が好きだったり、夜という言葉から受けるインスピレーションに感化されやすかったり、夜になると元気が出てくるような、夜型人間というものは存在してしまうのである。 作者もその一人である。 夜型人間でありながら、昼型の社会に仕方なく合わせる為に毎日苦心し、生活のどこかで刺激を探している。 こうした人達を肯定していくことが、本作の目的である。 昼型を攻撃したいわけではない。繰り返しになるが、夜型人間が、夜に楽しめる場を提供することが本作の狙いである。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 犯した罪が消えないなら、せめて

    ♡9,510

    〇100

    恋愛/ラブコメ・連載中・123話・150,845字 星野 優杞

    2021年1月17日更新

    このお話は小説家になろうからの転載です。そちらでは完結してますが、こちらで少しずつ投稿していってみようと思います。 私は魔王。明日、人間たちに宣戦布告をする。 緊張はあるが、気分は良かった。 そう――――― 自称勇者が寝室の窓ガラスを割って侵入してくるまでは。 から始まる勇者様と魔王ちゃんのお話です。 一応明るいテンポでラブコメを目指しています。 勇者様は2週目なので1週目で色々あったんですけど勇者様がそれをしばらくまったく説明する予定が無いので魔王ちゃんたちはそれを知らずに物語が進みます。最初の方は勇者様が2週目なのは勇者様と読者様しか知りません。 たまにちょっとシリアスになったり、真面目になったりしますが、ギャグメイン時々恋愛なノリで書いていきたいと思います。4コマ漫画みたいな感じを小説で出したいなーと思いました。ショートでセリフ多めで書いています。 たまにちょっとシリアスになるところで、ちょっと残酷な描写があるかもしれないので念のためにその辺りのキーワードをつけておきます。

  • 読んでいただけたら幸いです

    ♡1,000

    〇100

    恋愛/ラブコメ・連載中・34話・53,495字 月姫乃 映月

    2021年1月17日更新

    梅雨の季節、俺は家に帰る途中に雨に全身を打たれながら走る少女を見かけた。 その少女は雨で視界が悪いせいか、俺の隣を通る瞬間に地面に躓き、転びそうになった。 俺は、反射的に彼女の腕を掴み助けた。 「お前、もしかして彼方か?」 偶然にも、俺が助けた少女は、俺の隣の席に座る、桜城彼方だった。 彼方は学校で相当な人気がある、美少女だ。 「このままじゃ風邪ひく。とりあえず俺の家に来い」 俺は、傘も持たない彼方を家に招いた。 すると彼女から意味の分からない言葉が出てくる。 「付き合って」