SF 長編 連載中

アルマベルゼ ─魂を喰らう者─

作者からの一言コメント

一人の吸血鬼と一人の少女の物語

「人間なんて家畜みたいなものですよ」  ここは荒廃し、科学が発展し、化け物が彷徨く世界。人間は吸血鬼と呼ばれる人の生き血を啜る怪物との戦いを余儀なくされていた。  毎日のように殺し殺される世界。幸福などないその世界に、長い眠りについていた一人の吸血鬼が目を覚ます。  ◇◇◇  太古の昔に小説家になろうで書いていた作品をオーバーホールして書き直しているものです。  簡潔にこの作品を紹介するならば殺伐SF吸血鬼×人間の少女百合です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 アルマベルゼ ─魂を喰らう者─
作者名 ぺいん
ジャンル SF
タグ シリアス ダーク アクション/バトル 女主人公 未来 百合
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年11月20日 13時00分
最終投稿日 2020年12月2日 13時26分
完結日 -
文字数 97,420文字
ブックマーク登録 15件
コメント 9件
スタンプ 19件
ビビッと 3件
応援ポイント 47,000pt
ノベラポイント 100pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2020年12月2日更新

    五百年前、剣聖と魔王の二人が世界の命運を決める戦いに挑んだ。 剣聖が戦いに勝利したものの、魔王は五百年後に復活する事を予言し、その身は粒子となって消えた。 剣聖もまた五百年後に備え眠りにつき、魔族と人間の抗争は、なし崩し的に終結した。 五百年後、両者は目覚め、縁のある地で再び邂逅する事となる。 しかし、復活した暴虐の魔王リクアデュリスは、クソザコナメクジの様な、ポンコツ少女になっていて剣聖から無害と判断された。 そして暴虐の魔王リクアデュリス改め、『リリス』の完全復活に備え、その行動を監視する名目で剣聖の少女は生まれて初めて自由を手に入れた。 「余こそが、暴虐の魔王リクアデュリス様である!」 「……私はイルゼ。『剣聖』で、『Sランク冒険者』のイルゼだよ!」 ポンコツ二人組が歩む、のんびり気ままな、それでいてちょっぴり刺激的な旅のお話。 ――これは少女達の成長の過程を描いた物語である。

  • どうか、この夢を壊してほしい

    ♡261,800

    〇850

    現代/青春ドラマ・完結済・53話・197,442字 木村竜史

    2020年11月24日更新

    某県内にある、私立陣内大学。 そこに通う大学4年生『畑中賢治』が所属するのは、とある事情で変人揃いのレッテルを貼られたオカルト研究会。 そこで変人代表である部長の三倉邑兎が語った、夢のお告げを信じた者たちが引き起こしたと言われる『お告げ事件』と呼ばれる不思議な事件の数々を知り、新入部員の藍原未央も交えて調査を進めることになる。 調べていくうちに明らかになる「夢」の世界へ誘う『鍵』の存在。 その存在により穏やかであった日常は急速に音を立てて崩れていく。 崩れ落ちた日常は愛情を、友情を―――世界を壊していく。 壊れてしまった世界の中で人々は壊れた愛を求め、裏切り、夢の世界を彷徨っていく。 壊れた愛で、何を求めるのか。 友を裏切ることで、何を掴むのか。 現を侵す夢の世界で、何を見つけるのか。 誰が『鍵』を開いているのか。誰が『鍵』を配っているのか。そもそも『鍵』とは一体何なのか。 総てが解った瞬間、世界は裏返る。 『神様はこんなにも平等に―――誰にも興味が無い。』

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • タイムワープした穂乃果の運命は

    ♡500

    〇0

    SF・連載中・4話・4,343字 ハチ

    2020年12月2日更新

    いつもと変わらない日常、いつもと変わらない街並み。 そんな日々に退屈していた穂乃果は、仕事帰りいつもと違う道を選んだ。 見慣れないトンネル、通り抜けた先は300年後の日本だった。 全てはそこから始まった。

  • ちまちま落としていく予定です。

    ♡0

    〇0

    SF・連載中・6話・39,211字 草臣仁

    2020年12月2日更新

    その恐竜にも似た姿を鋼鉄に変えられた超次元生命体を人々はクリーバーと呼ぶ。クリーバーはその超次元由来の特殊能力を応用された末、遂には世俗世界最強兵器の名前を与えられていた。 秘密の地下都市、実験都市ではそのクリーバーの力を利用した異常な実験が日夜行われている。都市の思惑通りにクリーバーを操ることが使命の、クリーバーの乗り手、最大の神童こと被験者五七一号も、そんな実験に不本意ながら加担していた。被験者席次第三位という超々高位である彼に与えられた任務は世界最高の実験機の操縦である。三十兆円という巨額の建造費がかけられたこの究極機体には三〇〇年先の未来技術が実現搭載されていた。それゆえ都市がかける期待ぶりも絶大であった。 だが五七一号には都市とは相容れぬ別の思惑があったのだ――。