現代/青春ドラマ 短編 完結済

殺人現場の俳句

作者からの一言コメント

「秋の夜長コンテスト」に寄稿。

「手がかりはこの俳句だけか……」と呟くベテラン刑事とそれに答える新米。残された俳句の謎を紐解いて無事、事件を解明することができるのか? 刑事の日常を描いたお話です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 殺人現場の俳句
作者名 爪毛
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ 秋の夜長コンテスト 秋よなコン
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年10月19日 7時05分
最終投稿日 2020年10月19日 7時05分
完結日 2020年10月19日 7時05分
文字数 1,431文字
ブックマーク登録 1件
コメント 4件
スタンプ 13件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ちょっと特殊な奴らの恋慕事情

    ♡10,600

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・5話・20,352字 三ツ葉 きあ

    2021年1月24日更新

    ※GL要素がありますが、それがメインではありません。登場人物は殆ど男です。 ================= 後輩と付き合い始めて五日目。 そんな彼女は今、おれの目の前で机に突っ伏し、重く憂鬱な溜め息を吐いている――。 初デートは最悪で……、迫る二度目のデート。 そもそもの原因は、彼氏の趣味に合わない彼女の体質。 見守る外野ばかりが賑わう中、同僚以上恋人未満なふたりは、いざ、二度目のデートへ! 恋愛をしない、ラブコメ系群像劇!……かもしれない! ※一話毎に視点が変わります。 ※『小説家になろう』にて2018年 10月03日 に完結した作品になります。

  • じょしかうせいのにちぢやう そのに

    ♡1,000

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・44話・242,069字 K1.M-Waki

    2021年1月24日更新

    岡本千夏が文芸部を引き継いで九ヶ月。色々な事があった。 一応、新入部員も迎えて、部としての存続に成功した文芸部。 しかし、同級生の那智しずるは、実は『清水なちる』としてヒット作を生み出している小説家だった。 しかも、新一年生達はオタクだったり、双子だったりと、これまた一癖も二癖もある者ばかり。 どうにかこうにか部を運営する千夏だったが、しずるが学校のアイドルとして注目され始めた頃から、歯車は狂い始めた。高橋舞衣の計略で写真集を作る事になったり、千夏が雑誌にコラムを掲載することになったりで、彼女にとっては大忙しの歳になってしまった。 そして新年を迎えた今、千夏としずるの文芸部は、また新たな一歩を踏み出すことになる。