現代/その他ファンタジー 長編 完結済

軋轢魔法少女イリーガル・ストライプ

作者からの一言コメント

それでも私は誰かの為に在りたい

 『軋轢魔法』――この世のあらゆる『争い事』の元凶にして発生源。心の中の憎しみに反応し発動するソレは、何の前触れもなく人間の中に力として発現し、本人を、周りの人間を苦しめる。そして『軋轢魔法』を持つ人間は、迫害され、人間の癌として駆除されるようになっていた。ほんの少しの憎しみならば小さな喧嘩が起きるだけ。だが、あまりにも大きな憎しみが集まった時、世界は砕ける。縞違リョウナ、そう呼ばれる少女もその一人。何十年間も逃げ続けていたが、遂に追手に殺されかけようとしていた時だった――名も知らぬ青年に助けられ、その仲間達の暖かさに触れる。その中で人間らしい感情を取り戻したリョウナはその力で世界を救うと決意するが…… ※小説家になろうにも投稿しております。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 軋轢魔法少女イリーガル・ストライプ
作者名 生茶ジャンキー
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ アクション/バトル ダーク シリアス 女主人公 R15 ヤンデレ 自己犠牲 正義の味方 義理の妹 ブラコン シスコン
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年6月15日 18時30分
最終投稿日 2019年12月29日 21時23分
完結日 2019年12月29日 21時23分
文字数 127,743文字
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,310pt
ノベラポイント 5pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ごめんね。私の涙は恥ずかしがり屋なんだ。

    ♡56,500

    〇1,980

    文芸/純文学・連載中・23話・39,361字 亜房(あぼう)

    2021年3月7日更新

    貴女の掌に踊らされる画家のお話。 『貴女の掌の上で踊っても良いけれど、釈迦の掌より、貴女の掌は気持ちよく踊らせてくれるのかな?』 イラストは探求快露店さんから頂きました。

    タグ:

  • ケモミミ要素多めです。もふもふ禁止!

    ♡57,000

    〇4,660

    現代/その他ファンタジー・連載中・12話・22,559字 遊馬 テト

    2021年3月1日更新

    世界でプレイヤー人口圧倒的No.1を誇るゲーム『FBF』 偶然このゲームの世界に足を踏み入れた少女が伝説のFBチップを巡る事件に巻き込まれる。 彼女は空想生物「Fantasy Beast」を操り、無事事件を解決に導けるのか! そして彼女を巻き込む事件とは何なのか! 作者からのお礼 いつも『にゃんだふるっ!』を応援していただいてありがとうございます。 たくさんの応援にとてつもなく感謝しています。 皆様の応援のおかげで2月19日に日間ランキング第二位をいただきました。 これからも楽しいひと時をご提供できるように精進してまいります。 応援よろしくお願いします! 遊馬 テト 校正情報 2/20第一夢~第六夢まで完了

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 大正時代を舞台とした少女と半妖の物語

    ♡31,700

    〇10

    現代/その他ファンタジー・連載中・415話・553,739字 アワイン

    2021年3月7日更新

    天正──1580年ある子供が誕生する。彼は法泉紅葉(ほうせんこうよう)であるが、人ではなく人である存在。生まれた村の人々から迫害をうけ、半妖によって構成される組織に保護されそこにいる。 そこから、約三百年程時は過ぎ── 大正二年。少女渡辺春花(わたなべはるか)は不思議な夢を切っ掛けに、不思議な男性と出会う。また夢を見たのは春花だけでなく、友人も同級生も見ていた。 また春花と同じ夢を見た少女達は妖怪と悪霊から狙われやすくなっていた。狙われる最中、少女と半妖は心を通わせていく。これは想い巡る少女と半妖の物語。 ※簡潔なあらすじ 舞台は大正時代で、半妖の男性が妖怪から少女を守ろうとするお話。群像劇です。 ※昔小説家になろう様に投稿したものを改稿したものです。小説家になろう様にも投稿しております。 ※ファンタジーでありフィクションです。また筆者の調査不足により、なんちゃって大正時代になっている可能性おおいにあり(捏造とも言う)。

  • よく似た異なる世界で帰り道を探す少女の話

    ♡500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・53話・282,642字 現野翔子

    2021年3月7日更新

    高校生活が始まる前の穏やかな時間を過ごしていた花房羽衣。ある朝、ふと洗面所の鏡に手を伸ばすと、鏡の中に入り込んでしまう。そこは同じような風景なのに見知った人のいない世界。羽衣はその世界で日常生活を送りつつ、帰り道を探していく。 小説家になろうにも投稿しております。