現代/青春ドラマ 長編 連載中

ききょうくんとなずなさん

作者からの一言コメント

日常系現代青春/10.14〜改稿中

高校一年生の春、君と出逢った。 青空のような澄んだ瞳。春空の下、目があったその瞬間から、僕の世界が変わるようなーーそんな気がした。 いつもの風景、いつもの学校生活。 繰り返す季節と日常の中で成長していく、僕と君の物語。 毎週水土更新

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ききょうくんとなずなさん
作者名 なずな
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ ほのぼの 男主人公 現代日本 学園 ノベプラオンリー 日常 ハッピーエンド 青春 友情 現代日本 シリアス 高校生
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年4月15日 18時25分
最終投稿日 2020年10月21日 9時14分
文字数 166,569文字
ブックマーク登録 48件
コメント 202件
スタンプ 378件
ビビッと 1件
応援ポイント 282,447pt
ノベラポイント 3,138pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡393,250

    〇1,280

    異世界ファンタジー・完結済・225話・781,463字 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。

  • 昔から温めていた、大切な作品です。

    ♡18,000

    〇521

    異世界ファンタジー・連載中・17話・74,578字 七海美桜

    2020年10月27日更新

    かつて天地創造をした神が作り出した神々が争い乱れた大陸で、神が暮らす聖光陽と、人間と魔物が暮らす中ノ地、精霊聖獣などが暮らす常月丘。中ノ地に分かれた9つの国。風の国で生まれた琥珀と幼馴染。そして一人の少女と出逢った事で、琥珀達は各村を破壊していく魔獣とそれを操るモノとの戦いに巻き込まれていく。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ――あたしはわたしと同じじゃなかったんだ

    ♡2,200

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・29話・74,422字 松竹梅竹松

    2020年10月27日更新

    身長146cm、小野塚梨々花。 身長147cm、水空環奈。 身長が命のバレーボールで、戦うことのできない二人のちっちゃな女の子。彼女たちは身長の関係ない唯一のポジション、リベロを巡って蜜月な関係を築いていき、互いのためにバレーをやることを約束した。 そんな夏休みの終わり、二人に全国で戦うチャンスが訪れる。それは同時に二人の関係を大きく変えるきっかけだった。 短い青春は新たなステージを迎える。 これは、繋がらない二人のバレーボールの物語。 ※バレーボールをテーマとしたストーリーですが、試合描写はほとんどないためバレーを知らなくても楽しむことができます。 また、シリーズ第2弾ですが1弾を読まなくてもわかるようにしたいと思います。 ノベルアップ+、ノベリズムにも書いています。 twitter↓ https://twitter.com/syotikubai20

  • 文章から音が聞こえる、等身大の青春小説

    ♡42,700

    〇361

    現代/青春ドラマ・連載中・365話・1,706,023字 譜楽士

    2020年10月27日更新

    高校から初心者で入った吹奏楽部は、女子だらけの部活動だった!? これはそんな主人公・湊鍵太郎の、吹奏楽×青春×成長系×ハーレム?物語。 女の子に囲まれて最高かと思いきや、現実はそんなに甘くなかった。けれども鍵太郎のひたむきさは、次第に周囲の心を動かしていく。 強豪校でもなんでもない、それでも上手くなりたいと願う、普通の吹奏楽部の日常。 新入生勧誘、コンクール、学校祭――その他でも様々な舞台で、練習で。 笑って、泣いて。 楽器をやっている人も、そうでない人も。 これはいつかどこかで経験したことのある、奇跡のような青春の物語。 ※吹奏楽を知らない方でも楽しめるように書いています。もちろん経験者の方もぜひどうぞ! ※小説家になろうより転載です。本編完結済。 ※部活の特性上キャラがとても多いので、前書きに登場キャラ紹介を入れてあります。 ※後書きに使用曲等の参考音源URLあり。