現代/青春ドラマ 長編 連載中

読書キャンペーン開催中!

拝啓、夏を翔ける君へ

作者からの一言コメント

初長編小説で、初めて書いた小説です。

読了目安時間:2時間40分

総エピソード数:14話

拝啓、夏を翔ける君への表紙

大学2年のある夏、池江翔は先輩の清水涼平にボランティア部に誘われ断りきれずに仮入部という形で、夏休みが終わる頃にまた本入部をするかどうかを決めることに。 夏休みの始まる頃、池江は@と名乗る不思議な男に出会い、池江の人生は変わっていく。 この夏を僕らは未来を信じて翔けていく。 後に残るのは後悔か思い出か。 @とは一体何者なのか。 どうか、悲しい思い出で楽しかった思い出を塗りつぶさないで。

総エピソード数:14話

作品情報

作品名 拝啓、夏を翔ける君へ
作者名 葛城天智
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ ほのぼの シリアス 男主人公 現代日本 日常 ハッピーエンド 青春 学生 友情 友達
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年2月10日 0時39分
最終投稿日 2021年12月11日 15時57分
完結日 -
文字数 79,841文字
読了目安時間 2時間40分
総エピソード数 14話
ブックマーク登録 6件
コメント 1件
スタンプ 8件
ビビッと 0件
応援ポイント 6,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 金融聖戦 さぁ沈む用意はできたか (仮)

    これは国と国民の闘いの記録である。

    0

    0


    2022年5月18日更新

    はじまりは、日本銀行券の印刷ミス紙幣をネットオークションへかけた頃からだった。 その売上手数料だけでも約350億円にもなる。持ち込んだ国民の口座へ分割にて振り込まれるはずだったが、それを横取りした銀行員がいた。 善良なる国民の口座が犯罪に使われたのだ。 「……そうですね。この国では前例がないので、ここでその前例を作りましょうか。それでいいですね? みなさん」 マネーロンダリングと疑われたその口座を凍結させてしまおう、と金融庁のトップクラスの1人が悪魔のひとことを静かに言った。 その場にいた他の3人も頷き、やがて口座は凍結された。 凍結された口座は「怒らせてはいけない」とうたわれた国民の口座だった。 ☆★☆★ 2022年5月18日 大半は作り話ですが、少し実話も含みます。親戚の身に起きている実話も含める。(現在進行形)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 孔雀とナイフとヒエラルキー

    この物語を誰かの青春に送る

    1,500

    未参加


    2022年5月18日更新

    女子高生、佐野由香里は同級生たちのエゴが渦巻く‘当たり前の日々‘に違和感を抱えて過ごしていたが、同級生の倉持咲との距離が近づくにつれ自分の日々に違和感が膨らんでいく。そんな時、咲は血のついたナイフを由香里に突きつけた。咲にナイフを向けられたまま、由香里は彼女と共に行動することになる。自分の世界が揺れ動く果てに由香里が望むこととは…… この世界で純粋に生きるとはどういうことか。人の心の脆さを描いた青春サスペンス。 (小説家になろう、カクヨム、ステキブンゲイでも公開しています。ご了承ください。)

    読了目安時間:2時間3分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Lost World〜時空使いの少女〜

    空間と時間を操る少女の物語

    19,600

    100


    2022年5月16日更新

    異世界ルーンフェルク。そこに住む少女、聖月は自分の世界と別世界を繋いだり、時間を操る力を使って、人々の依頼を受けることで生活していた。 ある日、彼女の前に現れた謎の青年、煌翔は、聖月の持つ力が危険なものであると告げる 。 2022.5.16 今更ですが、登場人物が多くなってきた為、登場人物紹介追加しました。 話が進むごとに追加していきます 多少のネタバレ含みますので、嫌な方は本編から

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間19分

    この作品を読む

  • 奈落の王と嘆きの女王

    「右の核を撃たれたら左の核を撃てよ!」

    1,379,250

    39,546


    2022年1月31日更新

    西暦2022年。世界各地で遺物と呼ばれる異文明の痕跡が見つかり始めて半世紀以上が過ぎようとしていたこの時代、世界は東西の冷戦を経て今なお戦禍の炎に包まれていた。遺物は兵器に革新をもたらし、その技術によって作られた拡張人型機動戦車――EPTと呼ばれる大型の人型兵器が戦場の主役になっていた。大国政府がこぞって遺物の収集と確保を推し進め、その過程で巻き起こる領土紛争や小国への蹂躙。人類に破滅を告げる時計の針は確実に加速していた。 ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは一切関係がありません。 この作品に特定の国家、人種、民族、宗教、政治団体、企業、その他あらゆる組織や個人、思想を誹謗中傷する意図はありません。 また、この物語は法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:49時間10分

    この作品を読む