エッセイ/評論/コラム 短編集 連載中

うすいの読書感想・創作文

作者からの一言コメント

読書の感想とか創作とか書いてみます

読了目安時間:12分

 皆様、創作中の折、失礼いたします。   AI 開発などで創作支援をするための活動を行っているうすいと申します。  今回はお茶の間を抜けまして、自分の書斎 ( といいましても、本棚が少々あるくらいです ) よりお送りいたします。   Web の創作作家様の活動や皆様の交流などを色々させていただく中で、昔は、創作をするためにこのようなことを考えていたな、などと昔の想いでも蘇ってくる。  そういえばとつらつら考えるうちに、少し、昔読んだ本や、そこにまつわる創作などを、自分の記憶を掘り起こすように進めていきたいなと考え始めております。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 うすいの読書感想・創作文
作者名 うすい
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年5月2日 13時35分
最終投稿日 2021年5月8日 11時09分
完結日 -
文字数 6,112文字
読了目安時間 12分
ブックマーク登録 5件
コメント 1件
スタンプ 11件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,800pt
ノベラポイント 5pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 隣人 1話

    どうぞよろしくお願いします

    100

    0


    2021年5月12日更新

    平成最後の夏、高校生活に馴染めなかった僕は田舎の祖父の家に逃げた。そして隣人に出会う。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 蒼き瞳の異能破壊者

    異能を壊す力を持つ主人公のバトラブ!

    20,200

    100


    2021年5月12日更新

    太古の昔、一人の人間である最初の異能発言者(ファーストアビリティ-)が世界を歪ませる程の大規模異能を発動したことにより、様々な種族やエルフなどがこの世界に来訪した。 数多の戦争を繰り返したが、当事者の最初の異能発言者により和平が行われてその大戦争が終結した。 それから数千年の月日が経ち、世界は異能を使って様々な進化と発展を繰り返し、異能者を育成する機関が増えつつあった。 東の大陸と言われる巨大なユースリティア大陸の聖都地域にある第一異能学園に通う少年リク・ワンストは、新学期を迎えて二年生へと進級した。 ある時、学園で不可思議な事件が発生し、それの調査を行うリク。 そしてその際にリクは運命的な出会いを果たす。 彼女の名前はアテナ・セブンス。異能者の中でも特に優れている家系であり、世界で十人しか存在しない最高超越者の一人だった。 アテナとリク、二人の出会いが全ての物語の歯車を動かすことになるのだった! 異能破壊者の二つ名を持つ少年と最高超越者と呼ばれる少女による、バトルコメディ!!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5時間31分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る