詩/短歌 短編 完結済

模倣イデオロギー

作者からの一言コメント

無限に返す音になれ

読了目安時間:1分

総エピソード数:1話

模倣イデオロギーの表紙

恐怖がココロを浸食しやがて終末に至る町は これまで生産/悪食した どんなに生々しいバッドエンド・フィクションも 無臭のまま腐り続け、代わりにこの世が臭うようだ

前へ

1-1

次へ

前へ

1-1

次へ

作品情報

作品名 模倣イデオロギー
作者名 千梨
ジャンル 詩/短歌
タグ
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年11月25日 20時39分
最終投稿日 2021年11月25日 20時40分
完結日 2021年11月25日 20時40分
文字数 329文字
読了目安時間 1分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 【詩集】呼吸する星

    不思議な幻想世界を詩にしています。

    6,500

    0


    2021年11月30日更新

    自分が睡眠障害で眠れないときに、ひたすら胸の内で暗唱していた自作の詩です。 これを何度も胸の内で唱えていると不思議と眠気に誘われました。 といって、他の人にも有効なのかは正直わかりませんが、よかったら読んでみてください。

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 魔女

    ある魔女の物語を詩で綴りました

    1,500

    未参加


    2021年11月30日更新

    森で出会った『あなた』へ魔女は口を開きます。 「おいでなさい、おいでなさい」と。 詩という形で書く物語です。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    江戸時代初期の江戸が舞台のファンタジー

    1,929,810

    5,495


    2021年11月30日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神(ししん)……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22時間45分

    この作品を読む

  • 国立大学法人東京魔術大学 ─血継魔術科─

    魔術師と言えど、大学生は阿呆である。

    81,100

    10


    2021年11月30日更新

    「人類が魔術という異能を得て幾星霜。──未だに二日酔いは克服できていない」 伊庭八代はパトカーの中で全裸でそう呟いた。 魔術が一般に普及した現代。 科学が発展すると共に少しずつ魔術が衰退している世界で 日本の魔術学校の最高峰、国立大学法人東京魔術大学【血継魔術科】では今日も問題が発生していた。 生徒が逮捕されるわ。テロは起きて最前線に駆り出されるわの慌ただしい日々。 この物語は、そんなたった七人しかいない血継魔術科の怠惰な日常と栄光の日々を描いた物語である。 表紙画像は相内充希(@AiuchiMituki)様から頂いたものです。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間10分

    この作品を読む