ホラー 短編 完結済

多摩川にて

作者からの一言コメント

実体験を題材にした創作です。

読了目安時間:6分

総エピソード数:1話

闇の中を走ってるときに感じる恐怖を描きました。

総エピソード数:1話

  • 初冬の多摩川の夜
  • 投稿日2022/8/13 16:02 文字数3,056文字

作品情報

作品名 多摩川にて
作者名 モモンガ
ジャンル ホラー
タグ 夏の夜の怪談コン
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年8月13日 16時02分
最終投稿日 2022年8月13日 16時03分
完結日 2022年8月13日 16時05分
文字数 3,056文字
読了目安時間 6分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 新・播州公書記 地方版(私家秘蔵)

    別口で練っていましたが間に合わないので。

    12,900

    3


    2022年12月8日更新

    「権少将様、この度は中国統一まことにおめでとう御座います」 居並ぶ群臣がひれ伏し、目の前の若武者に祝辞を述べる。だが、その若武者は妙な顔をしていた。 「中国統一がめでたい、か」 中国と言っても、大陸のことではない。山陰と山陽を合わせて中国地方と称するが、あの中国である。とはいえ、彼のような若武者が大内、尼子、毛利を滅ぼして山陽山陰を束ねたこと自体、非常に彼が優秀な采配能力を持つ武人であることを意味するものである。 「ははっ、権少将様の采配たるや、毘沙門天でも同じことができるかどうか……」 祝辞の続きを述べようとする群臣。それを制し、彼はまたしても突拍子も無いことを言い出し始める。 「……では、天下統一はもっとめでたいな?」 「は、はっ!?」 「……違うのか?」 眼前の若武者が天下統一を目指したのは、元号も天文に定まってまだ間もない頃の話である……。 私家版所有者より注意書き 本編は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありませんし、そもそも本書を読んでそういった行為にいそしむ人は居ないことを想定して公開致します。恐々謹言

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 龍の狩人/Hau da zahelna

    2022/12/06 リブート

    19,550

    100


    2022年12月6日更新

    その夜、彼は全てを失った。 龍の呪いによって死ねなくなった父を殺すという、親殺しの大役を背負う雷業春香。しかし、その儀式は龍の群れの襲来によって中断されてしまう。そのうちの一頭と対峙し、生き残った春香だが、ともに戦った仲間は黒衣の集団によって皆殺しにされてしまう。失意の中、現れた兄から「リズ・ユヤデオナを探す」という使命を託された彼は、故郷に背を向けて、旅立つのであった。 ※更新は不定期

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23分

    この作品を読む