ホラー 短編 完結済

私は誰でしょう?

作者からの一言コメント

この謎が解けるかな?

読了目安時間:2分

総エピソード数:1話

俺は取材のためにインタビューすることになった。 順調に進むと思われたが……。 昔懐かしい『私は誰でしょう?』クイズをホラーテイストの小説にしました。

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 私は誰でしょう?
作者名 森野カエル
ジャンル ホラー
タグ シリアス 男主人公 現代日本 ホラー なぞなぞ クイズ
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年10月12日 11時57分
最終投稿日 2019年10月12日 11時58分
完結日 2019年10月12日 11時58分
文字数 1,170文字
読了目安時間 2分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 50pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 闇を憑ぐ

    遺された声を聴け

    1,000

    0


    2022年9月26日更新

    闇に飲まれそうだった僕に、光の灯し方を教えてくれた一人の女性との出逢い。その出逢いは奇なるものではあったが、運命的でどこか懐かしくもあった。 部活動と称した活動を介し、僕は僕自身の事と彼女の事を知っていく。危険な探し物と途方もない約束を抱えた彼女。何も知らない僕ができるのは、いつも隣に居る事と、器となる事だけ。それでもいい。 いつか、全てを知った時、全てが終わった時。隣に僕が居る事が、彼女にとって当たり前である事を願って。 例え、この身が果つるとも。 ———— (壱夜終わるまでハイペース更新)

    読了目安時間:2時間21分

    この作品を読む

  • 午前三時のパン屋

    怪しい影を見つけたら逃げましょう……

    600

    0


    2022年9月26日更新

    いつもと違う様子を見せるパン屋。慎介はそれに釘付けになっていた……。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    1,996,671

    4,821


    2022年9月25日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇、十二姫装)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2021.9.17 Gen様(https://www.pixiv.net/users/1479993)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2022.8.17 ドズミール様(https://www.pixiv.net/users/12972349)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:35時間1分

    この作品を読む

  • (かいりゅうのエコー) 現代海軍×ロボット兵器 現行文明が滅亡して、何千年も後のどこかの惑星。海に囲まれ、大海流に流される浮島に住む人々の物語。 星の命運も尽きるかと思われた第二次全洋大戦から20年が過ぎた。人々が平和な日々に慣れつつあった開放歴865年、再び暗雲が世界を覆いつくそうとしていた。 大戦の英雄、羽佐間誠十郎の甥である羽佐間勇名(いさな)は、叔父の元で優秀なパイロットになるべく英才教育を受けていた。彼が駆るのは海面を滑走する海軍所属のロボット、機甲神骸(アーミス)だ。 16歳の勇名は、様々な人々と関わりを持ちながら成長し、世界の危機を食い止めるため、仲間を失わないために、戦いの日々に身を投じる。 ※本作は小説家になろう様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間0分

    この作品を読む