ホラー 短編 完結済

とめるな。

作者からの一言コメント

トンネルって、ホラーの王道ですよね。

読了目安時間:7分

総エピソード数:1話

とめるな。の表紙

「この山道をまっすぐ行くと、トンネルがあるんだけどさ。ついこの間俺も取材に行ったばっかりなんだけど、そこがちょっといいかんじでさ。行くまでに、どういう噂があるところか話してやるよ」 彼氏のケンヤは、動画投稿者をやっている。ある日デートという名目で、私を呪われたトンネルに案内してくれると言い出した。 そこで語られたのは、そのトンネルに纏わる人柱の話で……。

総エピソード数:1話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 とめるな。
作者名 はじめアキラ
ジャンル ホラー
タグ 夏の夜の怪談コン シリアス ダーク 男主人公 女主人公 現代日本 トンネル 恋人 デート ドライブ ノベプラオンリー
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2022年8月13日 20時33分
最終投稿日 2022年8月13日 20時34分
完結日 2022年8月13日 20時38分
文字数 3,337文字
読了目安時間 7分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 1件
コメント 1件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 益母の呪神

    死臭香しい最高気温三十五度、十二歳の夏

    22,300

    0


    2022年10月1日更新

    十年前、一つの村が二人の少年によって破滅した、ある夏のこと。 少年は妹の死体を捨てるため、山奥を彷徨い歩いていた。 暑さと飢餓に脳を焼かれた少年は、見知らぬ屋敷に辿り着く。 窓から見えたのは、脳を撒き散らす女の死体。 その死体を見つめて、アイスクリームを頬張るのは、美しい少女だった。 腐肉で詰まったマンホール、傷口に集る蛆、細断される父の半身―――― ――――全てを捧げた少年は、自分だけの神を得られるか? ■狂信の怪異譚シリーズ ⓪益母の呪神:本作 ↓約8年後 ①冷凍された真夢:https://novelup.plus/story/320121132 ↓2年と数か月後 ②夢蟲の母:https://novelup.plus/story/649994066 ※イラスト:自作

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間3分

    この作品を読む

  • こっくりさん! 悩み解決してください!

    見てくれたら嬉しいです。

    2,900

    0


    2022年10月1日更新

    東京の浅草で、喫茶店があった。 そこの喫茶店は古いところに見えて、廃業しているかのように見えた。 誰にも見られていないようなので、おそらく廃業をしているだろうと見えたが、立てかけられた札には『オープン』と書かれてあった。 ここは廃業していないのだ。 迷える人々は、その喫茶店へ足を運ぶ。 そこの喫茶店には三人の業務員がいた。 「ようこそ、狐狗狸の喫茶店へ」 ※転載や誹謗中傷、自作発言はおやめください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • プロレスリング・ショー ワン・ナイト・スタンド

    プロレスを題材にしたオムニバス作品です

    74,400

    805


    2020年2月19日更新

    Please DO NOT Try this at home! プロレスを知らない、興味の無いという貴方にこそ読んでほしい! 男達の血と汗と涙が沁み込んだ白いリングの光と闇。 栄光と挫折。賞賛と罵倒。オムニバス形式で贈るプロレスリングの世界! RIP Animal Warrior 1960/9/12-2020/9/22 RIP Razer ramon 1958/10/20-2022/3/14 RIP アントニオ猪木 1943/2/20 - 2022/10/1

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

  • 万聖節悲哀話【短編】

    学生時代から厭な奴だった……

    8,700

    0


    2021年11月3日更新

    ハロウィンの日、学生時代から嫌いだった厭な男、ビルから『失恋した』という電話がかかって来た。 彼は酒を煽り、時には涙を零しながら、その失恋話を延々と続ける。カボチャや魔女が犇めき合い、お菓子が山と積まれる部屋で。 ハロウィンの今日、ビルはその子と逢う約束をしていたのだ。それなのに、その子は来なかった。 きっとその子は、昨年の万聖節に、元の世界へ帰り損ねた妖精だったのだ。だから、今年、元の世界へと帰って行った。 来年のハロウィンには、きっとビルのところへお菓子をねだりにやって来る。 ビルの愛した妖精は、そう思えるほどの愛らしい子だった。

    読了目安時間:30分

    この作品を読む