異世界ファンタジー 短編 完結済

くりかえす勇者と魔王の物語 - [短編][約1万文字]

作者からの一言コメント

愛する人を守った勇者は後に魔王と呼ばれた

読了目安時間:19分

愛する人を守るために勇者となった男は、他の全てを犠牲にして魔王と呼ばれました。 そして、また新たな勇者が生まれる……。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 くりかえす勇者と魔王の物語 - [短編][約1万文字]
作者名 むもむも
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 魔王 勇者 純愛 シリアス ダーク ファンタジー 男主人公 むかしばなし 昔話 悲恋
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年10月29日 21時10分
最終投稿日 2019年10月30日 15時26分
完結日 2019年10月30日 15時26分
文字数 9,607文字
読了目安時間 19分
ブックマーク登録 8件
コメント 2件
スタンプ 17件
ビビッと 0件
応援ポイント 7,750pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 元ギルドの受付嬢、転移者に助けられ、お気楽冒険者生活 -どうやら、私にはクビになった受付嬢より冒険者の方が向いていたようです。-

    異世界の夢を見ています。実は転生者?

    15,900

    3


    2021年9月25日更新

    冒険者ギルドの受付嬢だったプランタニエは、不正を見つけギルマスに報告した。 だが、黒髪のため周囲から浮いていた彼女は、逆に、横領の罪を着せられ、ギルドをクビになってしまう。 そのうえ、横領した金の弁済として借金奴隷に落とされることになってしまった。 檻に入れられ、王都に売り飛ばされる彼女だったが、途中で護送馬車が魔獣に襲われ、彼女は一人檻の中に取り残されてしまった。 檻から出られず困っていると、彼女の前に黒髪の青年が現れる。 その青年は、彼女が子供の頃よく見ていた夢の中の「学園」に登場する人物とそっくりな、日本から転移して来た久千勝(クゼンマサル)だった。 彼女は青年の助けで逃亡し、ミハルと名前を変え、青年をマーサルと呼び、共に冒険者生活を送ることになる。 そして、彼女はまた、久しく見ることがなかった「学園」の夢を見るようになっていく。 一方、舞台裏では、彼女とは関係なしに、様々な人の思いが交錯していた。 カクヨムにて、第一部完結済み。 見直し、訂正を行いつつ、小説家になろう、ノベルアップ+、Novelism、ノベルバ、に連載中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間16分

    この作品を読む

  • 神ではないと何回言えば...

    奴隷に憑依?神に転生?

    8,200

    0


    2021年9月25日更新

    高校2年生の寺門桃子は、片思いをしていた翼くんに彼女ができたと知り落ち込んでいた。その日の帰り道、川の対岸にオオカミらしき動物がいるのを発見し、動画を撮ろうと川に足を踏み入れる。そして突如発生した鉄砲水に巻き込まれ、桃子は川に流されてしまった。 気が付いた時には異世界の古代文明、ナバー王国にいた。そこでは新たな神殿建設のための儀式が執り行われていた。人身供犠として死んだ女を焼いて建物の礎とする風習があり、人柱になる死者を焼こうとしていたまさにその時、桃子の魂がその死者に憑依してしまい生き返ってしまった。 ナバー王国では生き返った人間は「レヴィ」と呼ばれ、神の使いと崇める信仰がある。 モモコは神の使いレヴィとして、王子や王女から救世主として期待されチヤホヤされる。その中には翼くんにそっくりな王子もいて、新たな恋も始まりそうだった。だがやがて、王家の呪いと陰謀に巻き込まれたと知り、翻弄されていく。 初めての長編小説、頑張って完結したいと思います!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:48分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 幻獣戦争

    SFではなく、ファンタジーロボット戦記

    15,600

    600


    2021年9月25日更新

    自衛軍時代、謎の生物幻獣との戦いにおいて仲間達と共に数々の戦場を勝利に導き、輝かしい戦績を残し英雄と呼ばれていた主人公比良坂舞人。しかし、彼はある作戦で戦友、恋人、敬愛する上司を失ってしまう。仲間を失った悲しみを胸に抱え、尚彼は懸命に戦う。戦友が願った平和のため。が、長くは続かなかった。広がり続けた傷は血を流し続け、流れた血は虚しさという涙に変わり、彼の心を死に至らしめる。戦う意味、目的も失った彼は役目を終えたように自衛軍から退官する。 幻獣との戦いで世界が荒廃し着実に滅びゆく中、退官した彼は、孤独に生きる事を選び会社員生活を送っていた。ある日、転機が訪れる。いつも通り仕事を終えた彼の前に幻獣が出現、彼は偶発的な事故に巻き込まれ意識を失い夢を見る。かつて教え子に退官を留められた夢。それは彼を醒ます呼び水となる。再び目を覚ますと人類が幻獣に対抗するための兵器、通称戦略機が目の前に倒れていた。

    読了目安時間:5時間0分

    この作品を読む

  • はるみ係

    記憶に潜む謎、足元を揺るがす真実

    106,345

    660


    2021年9月24日更新

    2023年3月、ある小学校で卒業式が執り行われた。そこで、一つの大きな問題が発生した。矢作ららという卒業生が暴れ始めたのである。エスカレートしたららの投げた椅子が、担任教師の女性に当たった。倒れた彼女。騒然とする体育館。ららは向かってくる母親に両腕を伸ばす。その時、立ち上がった女性の姿が。彼女は倒れていた椅子を掴むと、ららを殴り飛ばした。ららの担任だった女性の凶行に、体育館は悲鳴が鳴り響く始末となった。 次の日、橋本絵波(46歳)はなぜららを殴ってしまったのか悩んでいた。夫と息子と3人で幸せな家庭を築いてきたのに、このままでは教師としてのキャリアを失い、自分は破滅してしまう。それを回避するためには、殴ってしまった止むに止まれぬ理由を見つけ出し、それをららの両親に伝えて示談に持ち込むしかない。そう考えた絵波はまず、ららと過ごした1年、そして自らの半生を振り返るのだが……。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間24分

    この作品を読む