花泥棒と秘密の猿たち

読了目安時間:2分

エピソード:27 / 37

13=9/11.all day long

第二十七話

 日曜日の告別式は滞りなく行われた。土曜日のライブのあと、そのまま帰宅した僕は服も着替えずにベッドに倒れこんだ。疲労が重なっていて夢も見ない正体のない眠りだった。意識を取り戻したときにはもう家を出なければいけない時間に近くなっていて、慌てて制服に着替えて家を出た。  急いだおかげか、式典開始時刻の三〇分前には式場に到着した。駅から一〇分ほどの場所で、後日母に聞くと急な弔問でも対応できる斎場を業者と打ち合わせて指定したそうだ。  父は式場で一番目立つ場所に居た。  生花に囲まれた白木祭壇の中央にあった父の遺影は——家では見る機会のなかった、精悍な顔つきで真正面を見据えている写真だった。出処はいつか弟が見せてくれた新聞に掲載された時の画像と同じで、会社で広報用に撮影されたものだった。  その下に桐張りの棺が鎮座していた。正面から左手が頭部分らしく、棺の蓋に扉がある。そこを開くと主役の顔が覗けるつくりになっている。  僕はそれを開いた。  自然と、涙があふれた。父の顔は生気を失い土気色になっているが、高い鼻筋と厚い唇はまさしく彼のものだ。号泣し嗚咽混じりになりながら視線を感じる。葬儀社のスタッフからのらしいそれを完全に無視した。かまわない。身内の死に涙する遺族なんて彼らとしても何も珍しくはないだろう。せめて今、この時だけは感情を露わにする僕を僕自身は許した。  そのときはじめて、自分が父親を愛していたのに気がついた。  一週間の猶予は葬儀会社にとって「父の人生」という題材の短編映画を制作するために十分な期間だったらしい。告別式の開始後まもなく上映されたその映画で、彼の生まれた年に起きたわが国の政界の出来事や国内外の歴史を否応なしに記憶させられた。  父と母のなれそめをその映画ではじめて知った。父が営業職で各地をまわっているとき、担当のガソリンスタンドのアルバイトとして働いていた母を見初めたのがきっかけだそうだ。よくある話だ。ナレーションによると十歳以上年齢の離れたカップルだったが周囲でも評判になるほど仲が良かったそうだ。趣味が共通したため交際が始まったと説明していた。でも「共通の趣味」とやらについて僕には思いあたるふしはなかった。  映し出されていた静止画像はふたりのツーショットで、年若い母と温厚そうな中年になったばかりらしい父の姿がそこにはあった。アルバムを開いたりだとか機会はあったはずだ。でも父は自宅でいつも眉間にしわを寄せていたから、若い父をはじめて見るような錯覚に陥った。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 【 にかのせかい! 】~種山の140字小説集~

    誰にも言えないこともあります。

    0

    0


    2022年5月21日更新

    140字で綴られた物語を集めました。 解釈の幅は無限大。 お好きなように捉えて頂いて結構です。 ちょっとしたスキマ時間にでもお読み下さい。 Twitterに載せた作品以外の、オリジナルも出していく予定です。 不定期更新ですが、どうぞよしなに。 ※表紙絵の無断転載及び無断利用はおやめください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 赤を囲う

    その日、兄が飛び降りた。理由は知らない。

    100

    0


    2022年5月21日更新

    登校拒否の女子高生が、兄の自殺未遂をきっかけに外へ出ていく『眼下の緑』。 プロポーズ四連敗中の新米警察官が、原因を探して奔走する『祈りは純白』。 スランプの作家が、ファンを名乗る有名人に家まで押しかけられる『桜色ポラリス』。 生まれつき茶髪の教師が、職員間いじめに巻き込まれていく『青い教室』。 二十九歳無職の青年が、見知らぬ女に心中を持ちかけられる『赤を囲う』。 感性。出生。性愛。外見。疾病。「普通」でないから「世間」から隔たれるのか。自問し続ける人たちが、自分の色と在り様を見つけていく短編集。

    読了目安時間:56分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 箱入り忌み子

    神童と化け物は紙一重

    35,400

    150


    2021年11月13日更新

    稀で特異な体質のせいで、ある一定の範囲から出ることができない少年のおはなし。 ほの暗くてカビ臭く、時代錯誤なシリアス。 それでも最後は幸せな気持ちになれるはず。 ◇◆◇◆ fukamiyuu様の『少し偉そうな感想文』にてご紹介いただいております。 (599項 Episode 639になります) fukamiyuu様、ありがとうございます!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    1,532,771

    4,465


    2022年5月15日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇、十二姫装)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2021.9.17 Gen様(https://www.pixiv.net/users/1479993)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:30時間39分

    この作品を読む