エッセイ/評論/コラム 短編 完結済

だけど僕らはくじけない

作者からの一言コメント

短めに、サクサクと読めるよう作ります。

自分、柴見流一郎が体験してきた病気の打ち明け話。決して良い話でもなくためにあるかもどうか分からず。 でもコンテンツとして、何か有意義なものにしてみたいなあと思い綴ります。 タイトルは『ひょっこりひょうたん島』の歌から拝借。 泣くのは嫌だ、笑っちゃおう。 進め。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 だけど僕らはくじけない
作者名 柴見流一郎
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ 心と身体フェア PTSD 抑うつ 双極性障害 ADHD 病歴 健康 通院 アルコール依存症 心療内科 性的暴行
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月8日 16時58分
最終投稿日 2020年6月28日 16時11分
文字数 18,666文字
ブックマーク登録 7件
コメント 11件
スタンプ 17件
ビビッと 0件
応援ポイント 18,000pt
ノベラポイント 20pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 青空を跳び、ハガネを砕き、想いを知る。

    ♡1,600

    〇0

    SF・連載中・5話・14,449字 クロナツ

    2020年11月25日更新

    近未来、知能を持って人を襲う機械『ハガネ』が現れる世界、裕福な人々の住む『トカイ』のかべの外で質素に生きる人たちがいた。 その中でも『ヒガシ地区』に住む青年クロは、生まれつきの強靭な体と超人的な身体能力を持ってハガネを狩ることで生活をしていた。 そんな毎日を送っていたある日、クロのいるヒガシ地区にトカイの軍所属の女がやってくる。 女はクロのハガネ狩りの腕を見込んである大規模作戦に協力してほしいと話を持ち掛けてくる。 条件付きで一時的に軍に協力することになるクロだが、世界は想像よりもはるかに危険な状態にあることを知る。

  • ある女子高生の不思議な体験

    ♡121,400

    〇430

    歴史/時代・連載中・46話・58,622字 八島唯

    2020年11月25日更新

    聖リュケイオン女学園。珍しい「世界史科」を設置する全寮制の女子高。不本意にも入学を余儀なくされた主人公宍戸菜穂は、また不本意な役割をこの学園で担うことになる。世界史上の様々な出来事、戦場を仮想的にシミュレートして生徒同士が競う、『アリストテレス』システムを舞台に火花を散らす。しかし、単なる学校の一授業にすぎなかったこのシステムが暴走した結果......

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る