エッセイ/評論/コラム 短編 完結済

だけど僕らはくじけない

作者からの一言コメント

短めに、サクサクと読めるよう作ります。

読了目安時間:37分

自分、柴見流一郎が体験してきた病気の打ち明け話。決して良い話でもなくためにあるかもどうか分からず。 でもコンテンツとして、何か有意義なものにしてみたいなあと思い綴ります。 タイトルは『ひょっこりひょうたん島』の歌から拝借。 泣くのは嫌だ、笑っちゃおう。 進め。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 だけど僕らはくじけない
作者名 柴見流一郎
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ 心と身体フェア PTSD 抑うつ 双極性障害 ADHD 病歴 健康 通院 アルコール依存症 心療内科 性的暴行
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月8日 16時58分
最終投稿日 2020年6月28日 16時11分
完結日 2020年6月28日 16時11分
文字数 18,666文字
読了目安時間 37分
ブックマーク登録 7件
コメント 7件
スタンプ 14件
ビビッと 0件
応援ポイント 18,000pt
ノベラポイント 20pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ホイール・オブ・フォーチューン

    ミステリー風味溢れるファンタジーだッ!

    591,700

    13,090


    2021年5月8日更新

    冒険 × ラブ × コメディ × 活劇 × ミステリー × 王道ファンタジー 街の悪ガキスクードは、ある時街の外へと遊びに行き、島で一番凶暴な魔物に襲われた。 仲間に見捨てられた間一髪のスクードを救ったのは、名も知らぬ一人の旅人だった! その出来事が彼に大きな影響をもたらした。スクードは更正し、旅人の様な人間になることを望むようになった。 それから九年後、スクードは魔物退治を行い、人助けを行うことを生業とする職業勇者を育てるアカデミーを卒業し、晴れて勇者となる権利を得ていた。 早速、魔物退治の旅に出るための勇者登録を行いに旅人の酒場へと向かうスクードだったが、そこで異次元クラスにぶっ飛んだ旅人の酒場の女主人と出会うことになり…… なぁんて思ってたら、いつの間にか女主人を誘拐した犯人にされてしまって!? 『創世記』『サロン・ド・メロ』と同じ世界を舞台にしたルチルシリーズ第三弾にして、本編であり完結編! 元ヤンで偏屈で陰キャな勇者 & テキトーで大雑把で頭脳明晰な一般人が織り成すミステリー要素のあるファンタジー! 転生なし、チートなしなのでご注意を! 平日、月~金曜日に更新中!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:13時間21分

    この作品を読む

  • 江戸に立つ、龍の麺

    令和から江戸時代へ、ラーメンのお話です

    32,300

    110


    2021年5月9日更新

    駿河国滝脇松平家小島藩の年寄本役であった柳橋弾正敬忠。主君の主君松平信義 の逝去に伴い、その役を潔く退き江戸の粗末な家での生活を開始する。しかし彼の本意は別なところにあった―――前世―――令和の時代の記憶を取り戻しこの江戸時代にはない『ラーメン』の味を作り上げようとする野望――― 転生グルメストリーが今幕を開けるーーー

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る