今回は鬱となった経緯を。 そしてそこで生まれたものを。

ローリングストーンズ

 こんにちは、柴見です。  前回ではPTSDになった出来事を簡単に書いてみました。今回はその後を綴っていきたいと思います。  事件が起こってからしばらくは普通に仕事ができていたのですが、いつあの人がいつ店に怒鳴り込んだり、鳴る電話の向こうにいるんじゃないかと思い始め、見えもしない影に怯え始めました。  やがて恐怖のあまり仕事にもならず、退職となりました。その職場の上司さんたちは本当によくしてくれました。最後まで励ましてくれて送り出してもらいました。    そこから実家に戻り、もう怖がることもないはずなのですが、身に刻まれた恐怖に怯え、何もできないでいることに強い罪悪感を覚えるようになりました。鬱の代表的な症状ですね。  何があっても何をしても、恐怖心と罪悪感がつきまといました。  実家に戻った後しばらくして、両親に働くように言われました。バイトには過去学生時代に働いたところがあり、そこを頼りにいったのですが、分かりやすく言えばそこで職場イジメにあいました。  仕事はろくにメモを取らせてもらえず、また焦りや不安などが仕事の邪魔をしてミスばかり。  それが (仕事ができない奴だからという理由) 叩くのに丁度良い免罪符になったのでしょう。自分は半年間職場でのストレスの掃きだめ口として扱われました。  誰に何を言っても聞いても怒鳴られる、怒られる、無茶振りをさせられる、無視される。居るだけで露骨なため息をつかれる。仕事をろくに教えてもらえず、見よう見まねでやっていましがた怒鳴り散らされるだけで、半年間駄目だったなと上司に冷笑されました。  そうした半年間のあと、初の自殺未遂を起こしました。  手首を切る、リストカットです。  結果といえばためらい傷にもならないひっかき傷が2、3残っただけで、そのくせすごく痛くて痕に残りました。中々消えませんでした。経験のある方なら分かると思います。  この辺りで、抑うつと診断されるようになりました。  仕事もできない、死ぬこともできない。手首を切ったときの親の泣いた顔が忘れられない。  どう、生きればいいのかな。生きてていいのかな。なんで生きてるのかな。なんで死ねないのかな。申し訳ないのに死んだらもっと申し訳ないかな。じゃあなんで生きてるのかな。どう生きれば、いいのかな。  そんなことばかり考えていました。  その迷路でいきついた先は、アルコールでした。

安易な道に逃げていきます。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る