連載中 長編

罪過のエンゲージ

作者からの一言コメント

小説家になろう様で公開中のバトルものです

自分の命を救ってくれた兄は殺され、遺されたのは自宅と義姉(予定)。 義姉はおよそ八年分の記憶を失い、無垢な少女として自分に恋慕する----婚約者である兄だと思い込んで。 初恋相手である義理の姉と、歪なひとつ屋根の下。 ようやっと保っている日常に忍び寄る、兄の仇と異形の存在。 ----「貴方にわかる? 人喰い鬼と蔑まれる気持ちなんて」 数世紀前から密かに存在する、ヒトと鬼の遺伝子を掛け合わせて造られた【鬼人】たちとの戦いに、やがて主人公の真尋は身を投じる。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 罪過のエンゲージ
作者名 雨霧パレット
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ アクション/バトル 男主人公 悲恋 SF 片想い
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年5月18日 6時27分
最終投稿日 2020年6月9日 23時20分
文字数 12,324文字
ブックマーク登録 3件
コメント/スタンプ 6件
応援ポイント 1,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ITと宗教が融合した感じの異能バトル。

    ♡8,700

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・15話 夜半野椿

    2020年7月12日更新

    「神」への信仰や主義思想により異能を行使できる、現実と似ているようで似ていない世界。 極東の島国・湧陽皇国(ゆうようこうこく)は世界屈指の経済大国ながらも、自縛の法による近隣国家の圧力など、様々な問題に苛まれていた。 かつては「神の使い」として崇められていた「御貴使(みたかのつかい)」という皇国特有の異能行使者達もまた、今となっては冷遇され、ますます皇国の苦境は打開しづらくなってしまった。 そんな中、御貴使の名門で生まれ育った少年・数橋艶(かぞえばしひかり)は、再び皇国に維新をもたらすべく、政府公認の御貴使の教育部隊「瑞光」を率いて、皇国の平和と財産を脅かす様々な勢力と対峙するのであった。 堅苦しい社会派ネタから美少年同士のホモホモしい展開まで、何でもアリのIT+宗教な異能バトルアクションです。メインヒロインも野郎だから要注意だ! あ、ちなみにタイトルは『ひいずるところのひかり』と読みます。 週1~2くらいを目処に更新していきます。 この作品は小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2880gh/)にも掲載しています。

  • 最高位超能力者と新人警官

    ♡2,600

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・4話 藤也

    2020年7月12日更新

    人々の持つ能力細胞は、人により持てる量に大きな差があり、持てる量が一定を超えると超能力が発現する。 国は国民一人ひとりの細胞を持てる量をランク付けして一定を超えた人々を登録管理していた。 警察官なりたての田中真一は先輩の同級生である松田秋とであう。春生まれなのに秋(しゅう)という青年は街を歩けば誰もが振り向くような眉目秀麗な男であった。 見目美しい彼には秘密がある。 認定ランク最高位8、国に登録された超能力者である。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 5分もかからない短編集 どこからでも

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・1話 やっと

    2020年7月13日更新

    そういう夜を何度過ごしたかというのはひとつの問題で、ただ重要な事ではない。 そしてこれはYのそういう夜の一つ。 そういう何度めかの夜 の他、数作の短編を予定。

    タグ:

    短編

  • 異世界の力で異世界と戦う物語

    ♡7,100

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・13話 透吉 太夫

    2020年7月13日更新

    ある日、学校に悪魔のような化物が現れた。 そいつらは人々を食いあさり、殺しまわった。 俺は生きている人を守ためにその魔物を倒した。 すると、天使のような女が現れた。 「驚いたな。こんなところに『覚醒者』がいるなんて」 そう言って、その女は俺を拉致した。 そして、俺は学園に連れ去られ、そこで魔法を使う人間やエルフ、亜人などと出会う。 「ここは・・・・」 「ここは、君がこれから通うことになる学園であり、檻であり、楽園である場所さ!」 どうやらこの学園には特別な力を持つ『覚醒者』とやらが集まる学園らしい。 『覚醒者』たちはこの世界を異世界から守るために存在しているらしい。 そして、俺にも『覚醒者』たる力を感じるためにこの学園に呼んだのだと女は言った。 確かに、俺は特別な力とやらは持っている。 しかし、それはこの学園には相応しくない力だ。 なぜなら、俺に力は渡り歩く力。 つまり、俺はいくつもの異世界を渡り歩いた者だからだ。