現代/青春ドラマ 長編 連載中

喋る黒猫とうそつきの麦わら

作者からの一言コメント

君がついた嘘はただ切なくて優しかった

読了目安時間:1時間24分

高校には行かずにひとりずっと旅をしている少年、謙人。 廃線になった路線の線路上を歩いていた時に出会ったのは、自らをありすと名乗る少し変わった麦わら帽子の少女だった。 変わっていたのは彼女だけでなく、ありすの飼い猫のミーシャは唐突に皮肉めいた台詞を話し始める。 猫が喋るというあり得ないはずの事実に謙人は少し混乱していたが、ありすはそんな謙人をよそに、ずっと出来ていなかった自分の村のお祭り「春渡し」に参加してほしいと願う。 謙人は混乱しつつもそれを受け入れて、数日間だけ村に滞在する約束をして、訪れた村の中でありすの友人の女の子たちも含めて交流を深めていく。 だけどその中で皆はそろって「最後の夏だから」と気になる事を告げていた。 どうして最後の夏なのかは、誰も答えない中、「春渡し」は始まっていく。 祭りが進むにつれて、謙人は一つの村の、そしてありすの秘密を知っていく。 うそつきの麦わらのついていた、たった一つの嘘の秘密を―― 彼女に秘密とは、うそとは、最後の夏の意味とは何なのか。 謙人は意味を知ると共に、探していた旅の目的を見つけていく。 このお話は少しだけ不思議な、切なくて、だけど優しいお話です。 書けたら載せていくので、不定期連載になります。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 喋る黒猫とうそつきの麦わら
作者名 香澄 翔
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ ほのぼの 男主人公 現代日本 ハッピーエンド ボーイミーツガール 恋愛 ちょっと不思議 切ない 日常
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年6月6日 16時00分
最終投稿日 2021年6月21日 17時54分
完結日 -
文字数 41,826文字
読了目安時間 1時間24分
ブックマーク登録 20件
コメント 14件
スタンプ 64件
ビビッと 25件
応援ポイント 43,200pt
ノベラポイント 290pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 私。

    時に「私。」の言葉は刃となる

    22,000

    50


    2021年6月19日更新

    この話の中に出てくる人物は、全て同じ人間、成人女子である。 彼女に限らず、誰だって様々な局面で様々な立ち回りをするものだ。 無意識に。別人のように振る舞う。 人間は無意識に相手によって振る舞い方を変えている。 良くも悪くも。 誰もが持つ陰と陽。 最後に。 彼女はメンヘラ そして バイセクシャルである。 一話完結の短編集。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • 雨にも負けず

    デコボコ三人組の織り成す、奇妙な日常。

    18,500

    10


    2021年6月22日更新

    「失っても失っても、希望はある。だから、前を向いて生きるしかないんだよ」 NYの満員電車から逃れる為、常盤霖雨は、同居人を募集していた同い年の青年、神木葵の家に転居した。快適な生活に安心した頃、ひょんなことから蜂谷和輝を拾い、三人での奇妙な生活が始まった。 理想と現実の間でヒーローを目指す和輝。異世界の妄想に取り憑かれて疑心暗鬼の霖雨。そして、家主である葵は凄惨な過去を抱え、ある事情から他人との交流を絶っていた。 過去の因縁や生きていく意味を問い掛ける、希望と救いのお話。 ※『小説家になろう』にも投稿しています。 ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間26分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る