連載中 長編

転生逆襲の織田信忠

作者からの一言コメント

本能寺の変の黒幕を転生者は知る

俺の名前は相良正樹しがないアラフォーのサラリーマンだが、歴史オタクであり、趣味は刀剣と城廻り、特技は合気道と居合だ。11月のある日いきなり上司に呼び出され成績不振で会社を首になってしまった。絶望の中で自分探しの旅に出て京都の二条城を見学している時に奇妙な足が三本ある鴉が現れた。何故かその鴉を追いかけているうちに旧二条城跡に迷い込んでしまった。そして運の悪いことに地面が崩落し、深い穴へ落下してしまった。どうやら大昔の井戸の様だ。手や足があらぬ方に曲がっており重傷だ。俺の人生もここまでの様だ…思えばついていない人生だった…死ぬ前に会社で片想いをしていた葵の顔が見たかった…目が慣れてきて、そこには髑髏と一振りの太刀があった。太刀は抜き身であったが古い物であるはずなのにその刀身は錆びていなかった。何処からともかく声が聞こえる『生きたいか?今のままではお主は死ぬ』頭を強く打っていることもあり、どうやら俺は致命傷らしい。『我の無念を晴らしてくれるのならばお前に生きるチャンスを与えよう』「生きたい!」『ならばそこにある星切の太刀で自らを貫け。さすれば道は開ける』どうせ死ぬのならと俺は唯一残った左手で星切りの太刀を握り自らを貫く。『頼んだぞ、我に代わり憎き明智と羽柴と徳川を討ち滅ぼしてくれ』そして俺の意識は深い闇に堕ちていくのであった。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 転生逆襲の織田信忠
作者名 吉良山猫
ジャンル 歴史/時代
タグ 届け、言葉の力PJ 最強主人公 男主人公 戦記 ギャグ コメディ ほのぼの アクション/バトル シリアス ダーク
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年12月25日 16時15分
最終投稿日 2020年7月11日 21時45分
文字数 549,025文字
ブックマーク登録 227件
コメント/スタンプ 1,838件
応援ポイント 2,331,500pt
ノベラポイント 2,102pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2020年7月11日更新

    私の兄、新藤マコトはグローバル企業の天才経営者だった。 コンビニに行くときに大型のトラックに轢かれるという、どこかのライトノベルのテンプレのような方法で短い生涯を終えた。だが、私は彼が天国で安らかに私たちを見守ってくれると信じている。 異世界転生? そんなのは飽き飽きだ。 いい加減、大人になろうよ。そんなものは存在しない。 トラックに轢かれようが、誰かに殺されようが、コンビニの帰りに突然異世界転生していたとか、あり得るわけがない。そんなのはフィクション、偽物、作り物なのである。 株主たちはカリスマ的経営者である兄を失ったことに嘆き、兄のファンたちはまるでジャ〇ーズが電撃結婚したかのように狂乱し、世界は大不況に慌てふためいていた。 それほど、兄の存在は偉大だったし、世界は兄に依存していた。 でも、それも一時だ。 私にとっては、最愛の兄を失った悲しみと、心の重荷は一生続く。 強くなるのよ、コトミ。 これから私はこの苦しみを背負いながら人生を歩んでいかなきゃ。 そう。 天使に私も道連れに殺されて、兄と一緒に異世界に転生し、異世界転生費用として膨大な借金を負うなんて展開、絶対に、絶対に、ぜっっっっっっっったいにないんだから。 ないよね? ないよね? もぐらさん?

  • おかげさまでロボコン入賞させて頂きました

    ♡30,963

    〇450

    SF・完結済・5話 逆津ツカサ

    2020年5月24日更新

    おかげさまでロボット工学三原則短編コンテスト入賞させて頂きました。ありがとうございました。 引用 ロボット工学三原則 出典:アイザック・アシモフ「われはロボット」小尾茉佐訳、早川書房

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る