歴史/時代 長編 連載中

転生逆襲の織田信忠

作者からの一言コメント

本能寺の変の黒幕を転生者は知る

俺の名前は相良正樹しがないアラフォーのサラリーマンだが、歴史オタクであり、趣味は刀剣と城廻り、特技は合気道と居合だ。11月のある日いきなり上司に呼び出され成績不振で会社を首になってしまった。絶望の中で自分探しの旅に出て京都の二条城を見学している時に奇妙な足が三本ある鴉が現れた。何故かその鴉を追いかけているうちに旧二条城跡に迷い込んでしまった。そして運の悪いことに地面が崩落し、深い穴へ落下してしまった。どうやら大昔の井戸の様だ。手や足があらぬ方に曲がっており重傷だ。俺の人生もここまでの様だ…思えばついていない人生だった…死ぬ前に会社で片想いをしていた葵の顔が見たかった…目が慣れてきて、そこには髑髏と一振りの太刀があった。太刀は抜き身であったが古い物であるはずなのにその刀身は錆びていなかった。何処からともかく声が聞こえる『生きたいか?今のままではお主は死ぬ』頭を強く打っていることもあり、どうやら俺は致命傷らしい。『我の無念を晴らしてくれるのならばお前に生きるチャンスを与えよう』「生きたい!」『ならばそこにある星切の太刀で自らを貫け。さすれば道は開ける』どうせ死ぬのならと俺は唯一残った左手で星切りの太刀を握り自らを貫く。『頼んだぞ、我に代わり憎き明智と羽柴と徳川を討ち滅ぼしてくれ』そして俺の意識は深い闇に堕ちていくのであった。

前へ

次へ

前へ

作品情報

作品名 転生逆襲の織田信忠
作者名 吉良山猫
ジャンル 歴史/時代
タグ 届け、言葉の力PJ 最強主人公 男主人公 戦記 ギャグ コメディ ほのぼの アクション/バトル シリアス ダーク
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年12月25日 16時15分
最終投稿日 2020年9月29日 7時20分
文字数 644,260文字
ブックマーク登録 306件
コメント/スタンプ 2,621件
応援ポイント 3,497,400pt
ノベラポイント 10,602pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 光が創った世界を旅するファンタジー

    ♡153,300

    〇1,690

    童話/絵本/その他・連載中・62話・135,664字 はりのねずみ

    2020年9月23日更新

    *・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・* 山の上には美しい城があった 名前はミストレイズ しかしその城は一夜にして消え去り 人々の記憶からも消えてしまった *・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・* 不思議なおとぎばなしに導かれ、謎の多い世界を主人公クルスは歩き始めます。 ここは一体どんな世界なのでしょう? 自分が誰だか分からない記憶喪失のクルスと一緒にこの世界を旅してみませんか? 毎週水曜日19時 定期更新中 ※五章より暴力描写有

  • 女子高生、ヒーローの相棒になる。

    ♡27,000

    〇170

    現代/その他ファンタジー・連載中・22話・55,920字 園村マリノ

    2020年9月28日更新

    アメコミヒーローものが大好きな女子高生、神崎千穂実はある日、不気味な男に命を狙われるが、世間で話題の仮面のヒーローに助けられる。 仮面のヒーローの名前はシルバーブレット。シルバーブレットは名前以外の多くを語らず去って行ったが、千穂実は再会を夢見て諦めず、独自に鍛錬する。そしてある日ついに再会すると、半ば強引に彼のサイドキック(相棒)、キャンディスターとなり、ヒーローとしての活動を開始するのだった。 千穂実はまだ知らなかった。想像以上に危険で複雑な事情が絡む戦いに身を投じてしまった事と、自身の運命が大きく変わり始めた事に。 X年前に公募に出して撃沈した作品を大幅改稿。 ※アルファポリス、エブリスタでも公開しております。 ※矛盾点や誤字脱字、その他変更すべきだと感じた文章は、気付き次第予告・報告なく修正しますのでご了承ください。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • なろうさんで連載した原案を一からリテイク

    ♡137,900

    〇9,500

    歴史/時代・連載中・97話・228,949字 但尾逆浦

    2020年9月29日更新

    皇紀2127年、帝国暦に直しては77年。上御霊の戦いから始まった応仁の乱により嘉吉の乱からひび割れを見せ始めた室町幕府はついに決壊した。戦いは十一年は続き、諸将が疲れ果てた末に自然消滅したそれは日本の秩序をガタガタに崩壊させた。が、その秩序は早い段階に於いて応急処置とでもいうべき治療を受けて復旧することになる。 垣屋続成。奇しくも応仁の乱より十五年たった後に生誕した彼はある記憶をも兼ね備えていた。……十数代は枝分かれした後の、ある子孫の記憶である。 これは、ある逆浦転生者が図らずも天下統一に乗り出し、成功してしまい、そして海外に乗り出すまでの物語である。 彼はまず、隣国を平定し、続いて謀将を滅ぼし、都に上洛した。そして旧来の既得権益層に喧嘩を売るや否や、一向宗など危険な宗教の叛乱を撲滅、ついには弓馬の将にも拘わらず上級貴族となる。だが、そんなことで彼を飼い慣らすことなどできようはずもなかった。次々と発明を行うにあたり、喧嘩を売られた旧来の既得権益層は完全に疑心暗鬼に陥る。そして、それを察知した彼はある一大謀略戦を仕掛け、成功する。 (大体今はこのあたりでしょうかね?) ※あらすじは開発中のものです、内容とは大きく異ならないとは思いますが。※

  • 笑い、恋愛要素ありの和風ファンタジー戦記

    ♡11,300

    〇0

    歴史/時代・連載中・45話・74,283字 こんろんかずお

    2020年9月29日更新

    魑魅魍魎が跳梁跋扈する世の中、ある時、その魑魅魍魎を率いる鬼と呼ばれる一族が人間が住む各地を征服し始め、人間たちは絶滅寸前まで追い詰められたという。 そんな時、不思議な力を持つ使いの者が現れ、生き残り全員に使いの獣を授けこう言った。 『その獣はお前たちが望む手段になるものだ。共に歩み、鬼と魑魅魍魎に対抗するといい・・』 幾月か使いの者から手ほどきを受け、使いの獣を使役できるようになった。そして、それが鬼と魑魅魍魎への強力な対抗手段となり、それから数百年後、人間は絶滅寸前から魑魅魍魎達に拮抗する国力をつけるまで成長した。 そして、鬼龍達若者の物語が今ここに始まる・・・