異世界ファンタジー 長編 完結済

君に恋した季節の終わり

作者からの一言コメント

ハッピーエンドにはなりません。

読了目安時間:1時間57分

 鬼。それは人と似た姿をした異形の者。見た者を惑わす美しい容姿で、恐ろしい怪しの力を使う者。人とは絶対に相容れない憎しみの的であり忌むべき相手。  鬼の青年と、人となじめない少女の出会いと別れ。  ハッピーエンドにはなりません。  以前ちょっとだけ別場所で公開していました。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 君に恋した季節の終わり
作者名 天埜といろ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス バッドエンド 死ネタ
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2021年3月7日 16時00分
最終投稿日 2021年4月2日 16時00分
完結日 2021年4月2日 20時26分
文字数 58,727文字
読了目安時間 1時間57分
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    413,900

    1,280


    2021年4月14日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間4分

    この作品を読む

  • ノンちゃん哀歌(21.05.15.)

    ちとコンにエントリーしてます。

    200

    0


    2021年5月15日更新

    下手くそなミステリーですが、部分本当にあった事です。そんな『煙草』『梅雨』『VTuber』三題噺を使った贖罪噺です。私は今でもノンちゃんの忠義に涙します。「ノンちゃんごめん」代わりにチワワ達は絶対に不幸にしないから……

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 【グウィディルンの物語】西のカルデラ戦記① -風の舞う地ー

    ファンタジー群像劇、です。

    1,800

    0


    2021年5月15日更新

    猛毒の大気〝瘴〟に沈みつつある黄昏の世界グウィディルン。 人々は大地を空に浮かせ島として逃れ、あるいは高地に昇りわずかに残された大地を奪い合って生きていた。 天空の浮き島には、かつて世界を遍く統べていたという巨大帝国の末裔を称する聖王朝があり、西方の地に残されたカルデラにはルージュー辺境伯が六つの邦を束ねていた。 彼の地の力と富とを奪うべく聖王朝はルージュー一族に狙いを定める。 猛毒の大気に沈みゆく黄昏の世界。 飛空船と飛竜による空の戦い。 中央門閥と地方豪族との間で繰り広げられる権謀術策。 そんな骨太なハイ・ファンタジーの世界を 〈大貴族の貴公子〉 〈その腹心にして清廉な軍人貴族〉 〈辺境を束ねる辺境伯の御曹司〉 〈中央に異を唱える中堅貴族の学徒〉 そして…… 〈孤児から身を立てた在郷の志士〉 といった若者たちの視点で描く大河ファンタジーです。

    読了目安時間:3時間33分

    この作品を読む

  • 銀月の狼 人獣の王たち

    動物を纏い戦う人獣騎士のハイファンタジー

    76,700

    550


    2021年5月15日更新

    ※毎日最新話アップ予定 我々の世界と東西が反転した、しかしよく似た別世界。 その世界で文化華やぐニフィルヘム大陸――。 かつて大陸全土を治めた古代ガリアン帝国が滅びて既に千年以上。 大陸はいくつもの国に分かれ、国々は人造の動物を生きた鎧としてまとう人獣の騎士〝鎧獣騎士(ガルーリッター)〟を兵器として互いに覇を競っていた。 錬獣術師(アルゴールン)を父に持つ16歳の少年イーリオは、山の中で銀髪の少女と銀狼の鎧獣(ガルー)と出会う。だが少女と銀狼には、北の大帝国を揺るがす、大いなる秘密があった……! 差し向けられる帝国からの刺客。異教の神を祀る敵。様々な仲間達との出会いと別れ……。そして訪れる決断の時。 イーリオ、少女、そして銀狼は、大陸全土を股にかけた陰謀と謎、戦乱と神秘に満ちた長い長い冒険の旅に繰り出していく。 これは、獣の力をその身にまとった騎士たちが織りなす、人外の戦語り。 一人の若者が導く、偉大なる獣の王たちの物語。 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 本作は小説家になろうのノベプラ版です(掲載にあたりほんのちょっぴり改訂もしております)。 元々はある人に読んでもらいたくて書きはじめた物語ですが、書く事自体に喜びを見出し、壮大な物語になってしまいました。 是非楽しんでいただけたら幸いです! ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 2020年11月5日 ジャンル別ランキングで1位!! 総合ランキングで6位にいただきました!! 応援、ありがとうございます!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:40時間40分

    この作品を読む